2006年09月13日

拉致問題関連のテレビ番組のお知らせ

もうすぐ巡ってくる9・17。
そして10月5日のめぐみさんの誕生日に寄せて、拉致問題関連のテレビ番組が放送されます。
是非ご家族揃って御覧になって頂きたいと思います。
当Blogで何度もご紹介しているように、家族の疲労は極限状態にあります。
それでも我が子の救出を求めて疲れた体に鞭打って、全国を世界を駆け巡る横田夫妻。
私たちはいつまで、横田夫妻をはじめとするご家族に過剰な負担を強い続けるのでしょうか?

くたびれきっているご家族に代わって、自分に何が出来るのか?何をなすべきなのか?
どうすれば北朝鮮から全ての被害者を救い出す事が出来るのか?
これらの番組を見る事で、それぞれが少しでも考えるきっかけになって頂ければと願っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★NHK クローズアップ現代 9月14日(木)放送予定 横田さん夫妻 時間との戦い(仮題)

北朝鮮が拉致を認めた日朝首脳会談から今月17日で4年。娘の救出を訴え続けた横田めぐみさんの両親、滋さんと早紀江さんはともに70歳を超えた。滋さんは去年末、病気で長期入院を余儀なくされた。早紀江さんも長年の活動の疲労が重なり、体の不調を感じることが多くなった。「拉致問題は残された時間との戦いだ」。横田夫妻は今、同じマンションの住民たちの協力を得て、写真展を開いている。大切にしまってきた家族写真を公開することで、拉致の残酷さを訴え、事態を少しでも前に進めたいという決断だった。写真展は各地に広がり、15万人が会場を訪れた。番組では命を削って活動を続ける横田夫妻の日々を見つめる。
(NO.2295)

スタジオゲスト : 横田 滋さん  横田 早紀江さん
http://www.nhk.or.jp/gendai/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★日テレ系ドラマスペシャル「再会〜横田めぐみさんの真実〜」 10月3日午後9時から

片瀬那奈「拉致が本当に憎い」 


北朝鮮による横田めぐみさん拉致事件を描く日テレ系ドラマスペシャル「再会〜横田めぐみさんの真実〜」(10月3日放送・後9時)の制作発表が12日、都内で行われ、幼少期を演じる子役の福田麻由子(12)、成人後を演じる女優・片瀬那奈(24)が会見した。

 同局社会部の拉致取材班の取材情報を基にドラマ化。めぐみさんが13歳で拉致され、北朝鮮で心を病んで28歳で入院するまでを描く。自殺未遂や逃亡など、衝撃的な場面も登場する。

 めぐみさんのふん装で出席した片瀬は「めぐみさんは365日、日本に帰りたいと泣き続けていた。拉致が本当に憎い、ひどいものと改めて実感しました」と沈痛な面持ち。福田も「絶対こんなことがあってはいけないと思う」と話した。主題歌は川嶋あい(20)の「もう1つの約束」。

(2006年9月13日06時03分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060913-OHT1T00076.htm

横田めぐみさんをドラマに…片瀬那奈、福田麻由子が半生描く

北朝鮮の拉致被害者、横田めぐみさんの半生を描くドラマが制作されることになり12日、都内で発表された。

女優、片瀬那奈(24)と福田麻由子(12)がめぐみさんを演じる日本テレビ系報道特別ドラマスペシャル「再会〜横田めぐみさんの真実〜」(10月3日、後9・0)。めぐみさんの北朝鮮での日々を、同局の報道局社会部拉致取材班が4年間に及ぶ取材で得た事実に基づき描く。

脱走を繰り返し、自殺未遂を起こした衝撃のエピソードを盛り込むほか、28歳のとき、精神的な心労が重なり病院に入院するシーンなどが登場。制作にあたりめぐみさんの父母、横田滋さん・早紀江さん夫妻の協力や理解を得た。

19歳から28歳のめぐみさんを演じる片瀬は、胸に“金日成バッジ”がついた衣装で登場。「日本に帰りたい一心でずっと叫び続け、自殺を図りとても苦しかったと思う。拉致されてから日常の生活を知ることはなかったので(台本を読み)衝撃的でつらくなりました。私が感じたつらさとか悲しさを沢山の方に伝えたい」と真剣な表情で語った。

13歳から15歳までを演じる福田はかれんな制服姿。「私も来年(めぐみさんが拉致された)13歳になり、もし連れて行かれたらと思うと怖くなりました」と素直な印象を語っていた。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200609/gt2006091306.html
posted by ぴろん at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ご挨拶&お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23691825
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック