2006年10月01日

06.9.18 佐々木アイ子さん(特定失踪者・佐々木悦子さんの母) 南越谷集会(6)南越谷サンシティにて

『佐々木アイ子さん(特定失踪者・佐々木悦子さんの母)の訴え』



皆様こんにちは。(「こんにちは」の声)
私は特定失踪者問題調査会にお世話になっております、佐々木悦子の母、佐々木アイ子と申します。
いつも皆様にはお世話になっております。

うちの娘は平成3年4月22日月曜日、浦和埼玉銀行に勤務、朝出たまま、パスポート・免許証・預金なども一切手付かず失踪です。
それで15年になります。
それから特定失踪者問題調査会にお願いしてから4年になります。
その間に脱北者の証言で悦子を目撃と言うことで、拉致濃厚と言うことで県警の方に告発してありますが、なかなかまだそれも何にも変わりは無く、国にも認定もされておりません。

とにかく今日は18日、主人の命日なんです。
娘がいなくなってから5年後、娘のことでどんなにか辛い思いをしてあっちこっち、警察、銀行関係、学校、本当にもういろんな関係者のところに足を運び一生懸命に探しましたが、その頃はまだ北朝鮮など娘がそんな所に、何にも考えておりませんでした。
本当に無念だったと思います。

今日18日は主人の命日で、「今日は越谷のサンシティへ集会に行って来ます」と挨拶して来ました。
どうか悦子が一日も早く日本の土を踏めますように、皆様これからもよろしくお願いします。(拍手)

氏名 佐々木 悦子
失踪年月日 平成3(1991)年4月22日
ふりがな ささき えつこ
生年月日 昭和38(1963)年12月6日
性別 女 当時の年齢 27
身長 162センチ 体重 52キロ
公開 第1次公開
当時の身分 埼玉銀行パート
特徴 左目の下に泣きぼくろあり、両手共ふっくらとしているが指先が細い。
失踪場所 埼玉県浦和市
失踪状況 「仕事へ行く」と言って埼玉県浦和市の家を出たまま失踪。当日は休みをとっていた。平成16年1月29日、埼玉県警に告発状提出。

特定失踪者の情報は特定失踪者問題調査会HPより引用
http://chosa-kai.jp/index.html


★引き続き、鈴木智さん(特定失踪者・鈴木賢さんの兄)による特定失踪者の紹介

続きまして新木章さん、年齢はその当時29歳でございました。
職業は銀行員です。
昭和52年5月21日に行方不明になりました。
川口市の自宅から外出したまま行方不明、いうことで、その後情報によりますと北朝鮮で見かけたと言うような情報も入っております。

氏名 新木 章
失踪年月日 昭和52(1977)年5月21日
ふりがな あらき あきら
生年月日 昭和22(1947)年10月16日
性別 男 当時の年齢 29
身長 体重
公開 第1次公開
当時の身分 銀行員(事務系、コンピュータを使う仕事)
特徴 中肉中背、眼鏡使用。
失踪場所 埼玉県川口市
失踪状況 「買い物に行く。午後6時か7時には帰る」と川口市の自宅を出たまま失踪。家を出たときは財布しか持っていない。免許証、クレジットカードが入っていたが、更新がされていないし、カードは使っていない。平成16年1月29日、埼玉県警に告発状提出。

特定失踪者の情報は特定失踪者問題調査会HPより引用
http://chosa-kai.jp/index.html


★引き続き鈴木智さん

続きまして、石井久宏さん
年齢は29歳です。
職業としましては化粧品店の経営。
49年5月1日の失踪でございます。
100万円以上の経営資金を持ったまま、自家用車ごと行方不明。
失踪後免許証の更新はされておりません。

氏名 石井 久宏
失踪年月日 昭和49(1974)年5月1日か2日
ふりがな いしい ひさひろ
生年月日 昭和19(1944)年9月29日
性別 男 当時の年齢 29
身長 体重
公開 第13次公開
当時の身分 化粧品、雑貨販売店経営
特徴
失踪場所 埼玉県川口市の店舗兼自宅から
失踪状況 化粧品店を経営しており、多額の借金を抱えてしまっていた。父親などが金を用意して経営を立て直す方向で話をすすめ、母親も店の経営を手伝っていた。本人の努力しだいで十分解決方法もある状態であったが、突然100万以上の経営資金を持ったまま自家用車ごと行方不明となった。当時、遊び方が派手になっており、マージャンやバーなどで、複数の朝鮮系?の方と一緒に居るところを従妹が目撃している(言葉からそう思ったとのこと)。店の隣もパチンコ屋だった。

特定失踪者の情報は特定失踪者問題調査会HPより引用
http://chosa-kai.jp/index.html


★引き続き鈴木智さん

続きまして、長谷山洋さん。
年齢は24歳です。
平成6年、平成になってからですね。
8月ごろの失踪です。
戸田市内にある会社を1週間勤めて辞めた翌朝、友人が目撃したのを最後に行方不明。
静岡県伊東市に住民票を移していたが、その番地には該当したものはありません。

いうことでもって、田口八重子さんの義理のお姉さんのご紹介と、特定失踪者7名のうちのここに皆様にお訴えをさせて頂いた3名。
今日はどうしてもやむを得ず事情によりまして、こちらに来ることが出来ない失踪者3人をご紹介させて頂きました。
どうもありがとうございました。(拍手)

氏名 長谷山 洋
失踪年月日 平成6(1994)年8月頃
ふりがな はせやま ひろし
生年月日 昭和45(1970)年1月16日
性別 男 当時の年齢 24
身長 175センチ 体重 70キロ
公開 第10次公開
当時の身分 無職(退職直後)
特徴 胸にペンダント形の大きなヤケドの跡がある。
失踪場所 埼玉県川口市付近
失踪状況 失踪の約1週間前、戸田市の会社に就職。川口市のアパートを引き払い、会社が借り上げた寮に移ったが、その会社を1週間ほどで辞め、寮も引き払った。その夜川口市内の弟の家で食事をし、翌朝、友人が川口市内を歩く本人を目撃したのを最後に失踪。失踪後、静岡県伊東市に住民票を移していることが分かり、そこ場所へ行ってみたが、転出先の住所の番地は存在しなかった。

特定失踪者の情報は特定失踪者問題調査会HPより引用
http://chosa-kai.jp/index.html


posted by ぴろん at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 集会テキスト(南越谷集会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。