2006年10月11日

06.9.21 西岡力氏2 東京連続集会21(7)友愛会館にて

『西岡力 救う会副会長の講演 その2』

それでその亡命者の話によると、カン・ソンサンですとか金タツゲンというそういう経済官僚が計って、金日成に直訴した。
このまま行ったらば経済がめちゃくちゃになってしまう。
国庫に金が無くて39号室に行く。
それを止められるのは父親だけだ。
父親は実態を分かって、息子を呼びつけて怒鳴ったと。
死ぬ一年前くらいです。
そして経済活動を息子から取り上げて自分が直接やると。

息子を監視するために息子との後継者争いに敗れた自分の弟を、これ田舎に引っ込んでいたんですが、それをもう一回持って来たわけです。
副主席にしまして、経済は自分がやる。
息子は、「39号室資金と言うのは韓国を革命化するための資金として使っていたんです」と、必死で弁明をしている。
しかし、その亡命者の人の言葉によると時はすでに遅かったと。
息子は父親の活動や父親に入る情報をすべて管理できる体制を作っていた。

最終的に妙高山の別荘で父親は心臓病で死ぬんですが、その時心臓病の侍医はそこにいなかった。
心臓蘇生装置、海外から輸入した最新の装置があったんだそうですが、それは妙高山に持って行っていなかった。
いうことを、かなり高いクラスの今韓国で非公開になっている亡命者が言っているということを、間接的にその人から聞いた人がいると。
39号室資金をどう使うのか?ということでつまり親子の対立が起きて、金日成がもしかしたら殺されたのかもしれない。
あるいは少なくとも重病だったのを放置されていたのかもしれない。
それくらい体制の根幹に関わるものなんですね。

前回の第一次核危機の時、アメリカ政府は日本に対して朝鮮総連の送金を止めろと言って来たんです。
アメリカはそれが分かっていて、39号室の資金を止めれば北朝鮮は苦しいと。
爆撃などしなくても北朝鮮に体制の危機まで追い込むことが出来るから、その後話し合いが出来ると。
実際日本は朝鮮総連からの送金を止めるべく動いたんです。
警察はかなりの事をやってます。

一例だけ挙げますと、京都でですね。
朝鮮総連の民族学校が土地を売ったか買ったか、土地の取引をした。
京都市役所に書類が一枚出た。
いう理由で朝鮮総連の京都本部を家宅捜索して、金庫の中にあったフロッピーとか全部持っていった。
しかし書類は出ていたんです。
出ていたけれども、京都府警は全然動じず、「いや我々は何も法的に間違った事はしていない。なぜなら京都市役所が我々に書類が出ていないと言ったからです」
言って、一週間くらい持っていった物を返さなかった。

そういうふうにしてですね。
資金の流れを掴んで国税庁を使って脱税を上げて資金を止めるというプロジェクトが進行していたわけです。
93年の12月に警察庁が作った秘密・・・(聞き取れず)の文書がありますね。
それは私が書いた2002年に出した「テロ国家北朝鮮に騙されるな」と言う本の中に全文書いていますから、関心のある人は全文そちらでと思いますが、そういったことを書いていますが。

39号資金を手をつけようとしたらば親子の対立が起きて、最終的に父親が核を止めると言って核開発を凍結するいう所になったわけです。
そのときは北朝鮮は制裁は宣戦布告とみなすと言っていて、ミサイルも飛んできたわけです。
経済制裁をして39号室資金を止めても、ミサイルは飛んでくる。
今とそっくりなんです。
内部でも対立が起きると。

そのときは日本側は拉致問題を一切出していませんでしたから、そのときのテーマはあくまでも核問題。
金日成・カーター会談で核問題凍結が決められて、父親が亡くなった後も金日成がそれは守ると言ったので、39号室に対する制裁はそれで止まってしまった。
そして村山内閣は逆に北朝鮮に、北朝鮮に対して核凍結の代価として35億ドルで原子力発電所を作ってあげるという事と10億ドルを出すと約束したんです。
拉致問題が一切進展していないのに、10億ドル出すという約束が94年にされてしまったわけです。
実際5億ドルくらいは出したようです。
安倍さんは官房長官になったとき、「あれは借款で出したんだから返してもらう」と言っていましたから、ぜひ返してもらいたいと思います。(拍手)

しかし朝鮮総連の送金は今ものすごく引いています。 
今はもう、往年の金額ではありません。
今度アメリカが狙ったのは日本からの送金ではなくて海外の預金、つまり北朝鮮に入っていない39号室の資金は。
海外の銀行に外貨の形で預けられている。
マカオの銀行や香港の銀行を使って、そしてスイスの銀行、ヨーロッパの銀行もたくさん使われているんですが、外貨の形で各地にある。
つまりそれを動かせなくしてしまえば良い。

その銀行は北朝鮮の銀行ではないですから、北朝鮮と付き合ったら犯罪資金を洗浄した事になる。
アメリカの金融機関は一切取引をしてくれなくなる。
世界中の銀行に預けられている39号室資金を動かすな、というんです。
動かしたらばその銀行はテロに加担したとみなして制裁をかけるぞ、ということを今言っているわけです。
北朝鮮もいろんな国に、ベトナムやモンゴルやいくつかの国に口座を移したと。
それが明らかになって、アメリカの財務省が言って止めにいったらば、ベトナムは作った後北朝鮮にいったん下ろす時間を与えて口座を廃止したようですけどね。
世界中を転々としているわけです。

今北朝鮮の貿易をする人は銀行送金出来ないから鞄にドルを詰めていく。
今年の2月と聞いているんですが、中国の瀋陽に北朝鮮から潤滑油を買いに来た。
中国に対して銀行送金が出来なかったのでドルを鞄に詰めてきた。
中国の業者が、「俺がいくら勇気があるといっても、お前の国から出てきたドルは受け取れない」(笑い声)
一枚一枚全部鑑定しなくちゃならないんです。
鑑定機は瀋陽に無いから北京から持って来なくちゃいけない。
(中国の)業者は「その費用お前の方で全部持ってくれ」と要求したんです。
潤滑油を買いに来た人はその権限を与えられていなかったので物を買えないで帰っていった。
通常の貿易についてもそういう事が今起きています。

だから金正日は中国に1月行ったんです。
中国の銀行だけでもどうにかしてくれと。
中国政府が核問題だけでも中間的な立場でアメリカと北朝鮮の間の立場を示していますけど、犯罪資金の洗浄の問題で北朝鮮を助けられない。

もう一つ、偽人民元も作ってるんです。(小さな笑い声)
それから中国にも麻薬を、中国人マフィアを通じて売ってるわけです。
中国は麻薬については厳しいですから、国家が偽札作ったり国家が麻薬を作ってることを、社会主義政権の中国もそれは認められない。
アメリカに証拠を突きつけられた場合は、それに加担していた中国の銀行が制裁されてもアメリカに文句は言えない。
中国を使って北朝鮮に圧力をかけるという意味があるわけです。

北朝鮮は先軍政治といっているんですね。
金日成が死んだ後金正日になって先軍政治で軍隊が先だと。
様々な資源がまず軍隊に送られる。
軍隊とそれから政治警察ですね。

北朝鮮の統治を支えていた柱は大きく3つありまして、一つは情報の統制と洗脳教育。
外の情報を都合の悪いものは一切入らないようにする。
ラジオもチューナ付いてない訳ですね。
スイッチしかない。
そして学校で幼稚園のときから金日成・金正日万歳しか教えない。

それから二つ目は主食の配給です。
主食は配給だと。
党が決めた職場にいない限り、配給はもらえない。
逆らったらば配給は止められる。
主食の自由販売を許していないわけです。

三つ目が逆らう人間に対する暴力です。
国家保衛部という政治警察があって、政治犯収容所がある。
人口の1%が常に収容所に入れられている。
みんな収容所に入れられたら生き地獄だと知っている。

ところが94年の金日成が死んだ後にですね。
大飢饉が起きて年間100万人が死ぬというような状況が98年くらいまで続いた。
300万人以上が死んだと。
その理由は配給が止まってしまったからです。
党に忠誠心を尽くしていた、まじめに配給を待っていた人もばたばた死んでいった。
闇をやった人だけが生きている。
闇をやったか泥棒をやった人か海外に親戚がいるか、親戚に政府高官か党の高官がいて横流ししてもらったか、そうした人しか生き残れなかった。

元々配給で国民を統制していたんですけども、配給を止めてしまった。
逆らったら配給止めるぞと言っていたんですが、逆らわなくても止めてしまったので、配給による国民の統制は利かなくなってしまった。
みんなそれぞれ自分で食べるしかないと思って闇をやるようになって、今も配給は復活していませんが食べているんです。
何とかして自分で食べる事が出来る人が生き残っているんです。

そしてもうひとつ、目の前で家族がばたばた死んでいきましたから、金正日に対する信頼と言うのは地に落ちたんです。
北朝鮮は韓国の情報を入れないようにしているんですね。
比較は時系列の比較しかさせないんです。
70年前とか60年前は地主は全部日本人だったと。
金日成が戦争をやって日本を放り出したおかげで我々は主人になったと。
アメリカが戦争を仕掛けてきたけどそれを追い出して、だんだん生活は良くなってきたと。

言ってるわけですけども、見ている前で自分の家族が死んでしまったわけで、金正日時代になったら家族が死んだ。
時系列で比較すると金日成のときは良かったけれども、金正日になったら家族が死んだ。
アメリカのせいだというけれど、アメリカの経済封鎖はずっと続いているわけで、金日成時代は人は死ななかったのに金正日になったら死んだ。
洗脳教育・情報統制、もうひとつは後は脱北者が最盛期はですね。
30万人くらい出たんです、中国に。
それで8割くらいは(北朝鮮に)帰ったんですね。
食べ物とお金を調達して家族を助けるために帰る。
そこで情報を知ってしまう。

外のことを知っている人たちが(北朝鮮に戻って)、情報が流入して来た。
中国の犬が食べているものは北朝鮮の人間が食べている物より良いと。
しかし、韓国の犬はもっといい物を食べているらしいと。(笑い声)
言うふうに思ってしまう、事実ですよね?
それを知っているわけです。
情報がどんどん入って来てしまう。

しかし一つだけ残っているのは暴力なんです。
逆らった人間は家族連座制で殺すと、あるいは家族連座制で収容所に入れて酷い目に、生き地獄の苦しみに遭わせているんです。
そういう事がまだ金正日政権は出来ると思っているから、まだ持っているんです。
国民の恐怖心がまだ維持されているんです。

95年以降実は公開処刑がどんどん増えているんです。
脱北者の話によると金正日が教育事業をやっている時代じゃないと、銃声を聞かせろと。
ひと月に一回くらい住民を集めて公開処刑をして逆らうとこうなるんだぞと見せる。
政治犯を処刑するんですか?と聞いたら、政治犯はいない事になっているから政治犯は隠れて殺すんだと。
普通の食べ物とかを盗んだ人間を公開処刑にする。
ということを95年くらいから始めたわけですが、恐怖だけによる統治と言うのは恨みを買うわけです。
やられた人たちの家族・親戚は、金正日のせいで殺されたと思うわけです。
あるいは政治警察の人間に殺されたと思っているわけです。
やればやるほど、目に見えない形での反発が増えているわけです。

韓国は同じ民族なのに豊かに暮らしていると。
同じ共産党の支配でも中国人は豊かに暮らしていると。
餓死者が出ていないと。
なんで我々だけこんな目に遭わなくちゃいけないのか?と。
金正日のためだと、思う人たちが少しずつは出て来ている。
しかしその事を言ったら殺されますから。
それも家族連座制ですから。
その暴力装置を支えているのが39号室の資金なんです。

国内の一般の工場や共同農場は動かなくなっちゃったわけです。
配給を止めてしまってますから、人々が出勤して来ても大体エネルギーも無いし資材も無いし、出勤して来て自分の工場にある道具とか何とかをくず鉄にして中国に売って食べている。
「自分の工場の物を盗むのは泥棒と言わないんだ」と脱北者に言われて(笑い声)、あぁそうか、そういう物なんだと思った事が聞いていてありましたけど。
だからもう抜け殻みたいになっちゃってるんです。

しかし39号室にはお金があって核開発・ミサイル開発、政治警察の維持、金正日の贅沢な暮らしは出来ているわけです。
一般の人たちは餓死をしていても、39号室には別のルートでお金が回っていて、国民に対しては外貨を稼げと。
砂金を採るとかマツタケを採るとかいったお金は国庫に入らないで、そっちに行く。
金大中が送ったお金もそこに行った。
しかしそれを今、止めようとしているんです。

・・・その3へ続く・・・


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。