2005年04月03日

横田めぐみさんを救うぞ!東京集会(6) 04.10.14(木)友愛会館にて

『引き続き、西岡力氏のお話』

最後に最近の拉致問題の動きをお話ししていきたいんですけども、中山参与が辞任されて、日本の政府はいったいどういう気持ちなのか?と言うような話がマスコミにたくさん出ていますね。
斎木審議官もアメリカの大使館に転任すると言う話も出ていましたが、我々としては拉致問題を棚上げされるんじゃないかとかなり危機感を持っていたんですけども。

しかし、斎木さんについては昨日町村外務大臣がはっきりおっしゃってましたけど、この段階で斎木君を動かすことは有り得ないと。(拍手)
実務者協議は局長レベルになりますけれども、斎木さんも一緒に行って追求してくださると言う事は、ハッキリしていますし。
何よりもですね、強い手応えが国の内外から出ていまして、もちろん完全に安心する事は出来ないんですけども、追い込まれているばかりではないと。
逆に私たちは追い込みつつあると、いう風に思っています。

去年に7月に新しい大きな運動方針を出したんですね。
「拉致はテロだ、いまこそ経済制裁を!」
経済制裁を!という事を訴える事を運動を第一ターゲットにしようと。
それまでは「拉致問題をきちんと解決してください」という事を訴えたんですね。
でもその事はもう金正日が拉致を認めて、マスコミがどんどん報道して、拉致問題は取り組まなくてはならないと言う事は、皆言うようになった。
共産党も社民党も含めて皆言うようになった。

で、その方法として当時は二つあった訳です。
ひとつは北朝鮮を刺激してはならない、話し合いで解決しかないんだ、というのと。
そうじゃなくて圧力をかける必要があるんだ、日本が持ってる強い圧力のカードは経済制裁なんだと。
経済制裁をかけて北朝鮮を追い込んで、そして被害者を取り戻す必要があるんだと。
そちらの方を世論に対して主張することを、去年の7月から始めたんです。

去年の7月から実は署名用紙を変えたんです。
変えた時にはですね、署名してくれる人が少し減ったんです。
経済制裁まではちょっと行き過ぎじゃないかと。
北朝鮮の人たちにも、もしかしたら苦しみを与えることになるんじゃないかと。
在日朝鮮人の万景峰号に乗ってる子供たちの人権はどうなるんだとか。
あるいは北朝鮮を刺激したらミサイルが飛んでくるかもしれないとか・・・言うことを言われました。

外務省の今でもいらっしゃる田中(均)審議官は、去年朝日新聞で田原総一郎さんとの対談の中でですね、「外交と言うのは共通利益を設定して、お互いにプラスになるようなことを作って進めていくんだ」と。
「北朝鮮外交もそれでやる」と。
「制裁は効果が無い」と。
で、私たちはそんな事は無いと。
北朝鮮を動かすのは制裁しか無いと、主張したんです。
一年以上経って、家族は帰ってきましたけれども、北朝鮮は全くそれ以外の事は認めないんです。

そしてアメリカにも制裁という事を訴えて来たんですけども、1年経ちましてですね、内外で経済制裁が必要だと言う条件が整ってきたんです。
今はここで経済制裁という言葉を言っても、あんまり珍しくなくなってますね?
テレビでも経済制裁という言葉が出るんです。
前は我々だけしか言ってなかったんです。経済制裁という手段があるんだと言う事は、日本国民はほぼ分かって、そしてこの間、実は経済制裁を日本一国で経済制裁できる法律が二つ通ったんです。
前は無かったんです。
変な話ですけども、国際社会が安保理で決議が出れば日本は経済制裁かけられたんです。
去年の7月の段階でも。
しかし、日本政府が一国で経済制裁かけると言ったら、かける法律が無かったんです。

外国為替外国貿易法というのがありましてですね、そこに国際社会で制裁がかかればかけられると書いてあったんです。
ところが日本の安全を守るために、ということでかけられる条文は無かったんです。
それが今度今年2月に追加されたんです。

そして万景峰号など船を止めることが出来る法律が出来たんです。
あの法律はしっかりしてまして、北朝鮮が船籍を変えてパナマ船籍とか何とかする可能性もあるんですね。
ですから、北朝鮮船舶だけを止めるんじゃ無くて、一番最近北朝鮮の港から出て来た北朝鮮の港を出発した船は全部止められると、そういう法律に作ってあると。
という法律が出来たんです。

そして世論調査を見ますと、新聞やテレビ局などでやってる世論調査を見ますと、7割から8割がこのままでは経済制裁を考えるべきだ、と言う国民の声になったんです。
これはもう、本当に大きな成果でして、経済制裁を日本がこのまま行ったらかけるかも知れないと金正日に思わせることが出来てるわけです。
彼は焦ってる。

もうひとつ大きな成果は国際世論、特にアメリカです。
去年アメリカに4回か5回行ったんですね、家族会・救う会で。
そしていろんな人に訴えて、アメリカの側も実は北朝鮮の実態をどんどん分かって来てですね。
皆さんご存知だと思いますが、今年の4月の末にはアメリカが毎年出している「グローバル・テロリズム・レポート」という世界テロ白書という白書があるんですけれども、その中で北朝鮮をテロ国家指定している理由に追加されて日本人拉致が初めて入ったんです。

そのお礼を昨日アーミテージ副長官にした訳ですけども、今度はですねこの10月には「北朝鮮人権法案」という法律がアメリカの国会で全会一致で、共和党も民主党も両方一致で通ったんです。
その法律の中に実は、このこういう法律の作り方ってあるんだなって思ったんですけども。
まず「議会は以上のように認定した」と言うのがありましてですね。
事実関係が、北朝鮮がどういう国であるかという事について法律に書き込んであるんです。

その中のですね、第25と言う所にですね。
「市民の権利侵害に関しては、北朝鮮政府は過去において韓国人・日本人を拉致し、その人たちの消息はいまだに不明である」
これが法律の案文なんです。
「韓国人・日本人を拉致し、その人たちの消息はいまだに不明である」と書いてあるんです。
そして、「アメリカがこの後人道援助する場合は日本人拉致の解決がなされない限り、米国の人道援助は北朝鮮に次のような事で、改善をつながる様にされなければならない」と、書いてあるんですが。

「北朝鮮政府によって拉致された韓国人・日本人の真相究明、拉致被害者がその家族とともに完全に自由を回復して祖国に帰還出来るようにしなければならない」
「こういうことがされない限り、アメリカは人道援助はしない」(拍手)
そういう風に書いてあるんですね。

そして、核問題で今六者協議が進んでいますけども、きちんとした回答を出さないでいる。
このまま行けばですね、今度は核問題で、多分新しい大統領が選ばれた後になると思いますけれども、安保理で北朝鮮に対する、経済制裁決議が議論されるのは来年にはほぼ間違いが無い。
日本人が拉致されていると言うことがアメリカにも分かって、法律にも書かれたと。
そして、核を理由にしてですけども、経済制裁が国際社会で議論されようとしている。

日本では経済制裁出来る法律が二本通って、世論も7割から8割がこのままでは経済制裁するべきだと賛成をしている。
このまま何も出さなければ、日本の世論は制裁に走るかもしれない。
北朝鮮は焦っているわけです。

だから、六者協議はアメリカの大統領選挙まで応じないのに、実務協議には応じては来るんです。
ゼロ回答だけど応じてくる理由は、話し合いを続けているのに制裁をするとはおかしいじゃないか?と。
今、外務省もそう言ってるんですけど(笑い)
せっかくの話し合いの窓口を制裁をしたらば途切れちゃう。
ただ、実務者協議が続いていればですね、少なくとも制裁論議を先送りは出来ると彼らは計算してると思うんですね。

そうじゃなければゼロ回答で出てくる理由は無いんです。
あるいはどんどんでたらめな事に嘘に嘘を重ねる事で、自分たちがどんどん墓穴を掘るような事をやる必要は無いんです。
今調査中だから待ってくれと言って、何か決定的なものが出来た時にやればいい訳です。
日本の世論を刺激するだけなのに、彼らは外務省とのあるいは官邸とのパイプを維持しておきたい。
そうしないと日本の世論が、あるいは日本の国会が制裁まで行くかもしれない、と言う強い危機感を持ってる。

強い危機感を持ってるのに、遺骨が帰ってこないんです。(笑い声)
ここまで追い込まれていれば、本当に死んでいるんだったら掘って持って来ればいいんですね。
出来ないんですよ。
向こうが困っているんです。
証拠も出せないでいる。
という状況を私たちは実は作ることが出来ていてですね。
こちらはもう家族の人たちはどんどん歳をとって我慢の限界だということになって来てますけども、向こうも実は我慢の限界が近づいてきているんです。
何も出せないんです。

僕は実はですね、5月22日に白紙に戻して再調査するといった時に不吉な予感がしたんです。
何か出してくるんじゃないか?
日本の世論の半分くらいが納得できるような新たな嘘を出してくるんじゃないか、と、思ったんです。
火葬した遺骨と証するものが出てきて、歳とかが合っていればですね、もしかしてそうかも知れないというものが出てくるかもしれない。
DNA鑑定は出来なかったとかね。
なにか2年間の間に徹底的に研究して自信があるから、ああ言ったんじゃないか?と思ったんですが、半年経っても何も出せない。
それどころか自分たちの言って来たことを否定し始めて来ている。
彼らも困ってるんです。

日本の世論が2年経って低下するだろうと思っていたらば逆で、一時期家族会に対する批判が強まりましたけどそれは一過性のもので、やっぱり5人は帰ってきて良かったけど、まだめぐみさんたちは残ってるんだということを、日本の世論は忘れていなかったと。
この状況は実は我々は今勝ちつつある。(拍手)
町村さんもそういうことを言ってるわけですし、関心を低めないで、絶対生きてるという確信を持って、圧力をかけるという覚悟をすれば、困ってるのは向こうです。(拍手)
2年前、もう、困ったから拉致を認めたんです。

また2年前と同じような状況を我々は作ることが出来てると。
2年前はアメリカが強い圧力をかけたんです。
悪の枢軸だと言って。
それは北朝鮮が核問題で、濃縮ウランをやってるという証拠を握って圧力をかけたんです。
でそれでアメリカから逃げるために、小泉さんを抱き抱えようとして拉致を認めたんです。
今度は日本一国で、日本の世論が拉致問題について正確な情報を知ることができて、そして経済制裁という方法を手にして全然引かない。

来週ですね、水曜日20日に今年度最後の万景峰号が新潟に入ってくる。
なんであんな船が自由に日本に来て、めぐみさんたちが帰って来られないのか?
実は日本政府はもうあの船を止める法律があるじゃないか!何故しないんだ?
という事を世論にアピールするために、全国協議会主催で新潟の埠頭で抗議行動をすることになりました。
家族会の方々も来てくれる事が決まりまして、もう一度岸壁で「めぐみさんたちを帰せ!めぐみさんたちは生きている!」と叫びたいと思っています。
そのこと一つ一つが、実は北朝鮮に対する強い圧力になっているわけですね。

全然、落胆してません!
棚上げされるという危機感と言うよりも、実は大きく言えば勝ちつつある。(拍手)
だから向こうが焦っていろいろな攻撃を仕掛けてきている。
小さなところで色々な攻撃を受けている事は確かですけども。
大きなところでは我々は勝ちつつあるんだと、自信を持って一緒に進んでいきたいと思っております。
毎月こうやって、それぞれの家族の方たちの事を語っていただいて、全員を取り戻すんだという熱意を新たにしようと思っていますので、よろしくお願いします。(拍手)


『質疑応答』

質問1
私は横田ご夫妻、それから息子さんと広島で知り合いのものです。
これは政府が動かなければどうにもならないと言うことだという面が多分にあります。
どこまで政府、あるいは内閣、あるいは当局とお話がなさっておられるのか?

質問2
北朝鮮の風俗に関して聞きたい。
あそこの国は土葬ですか?火葬ですか?
宗教は何をしているのか?
それと安明進さんはご先祖の墓参りを何回くらいやっていらっしゃるのか?

質問3
安明進さんに聞きたい。
何故曾我ひとみを出してきたのか?
それと曾我さんのお母さんはどうなってると思うか?
生きているのか、死んでいるのか?

質問4
西岡さんにちょっとお聞きしたい。
北朝鮮が出してきた横田めぐみさんの写真ですが、蓮池さん地村さん曾我さんたちは、100%本人だと断定していますか?

回答 安明進氏(通訳 西岡氏)
北朝鮮はもともとずっと土葬しています。
火葬という話はですね、90年代に入って食べ物が無くなって土地も無いのにどうして土葬をするのか?と言う話は出ていますけども、しかし、脱北者に聞いてもですね、実際に火葬したと言うことを聞いた事はありません。
だいたい6000人以上を数える韓国の脱北者で、火葬しているところを見たと言う人は、一人もいない。

曾我さんは日本政府が要求していなかったのに北が認めた訳ですけども、それはですね、それだけ誠意を持って拉致被害者を探したんだという事を、強く日本の世論に訴えようと、そういう考えで認めたんじゃないか?

お母さんについては率直に分かりません。
分かりませんが、しかし、北朝鮮当局は入国していないと言うことを言ったと、言っているのについては、もしかしたら本当にしていない可能性はあるんじゃないか?と。
入国している人がいるというのが分かって、娘だけを出してお母さんを出さないのは、問題になると言うのは分かる訳ですから。
これは全く根拠があるわけではなくて推測、可能性として申し上げるわけですが、血気盛んな工作員が、拉致するときは暴行を加えるわけですね?
意図的に殺そうと思う事は無いですけども、しかしそういうことの中で、何か事故が起きた可能性もゼロでは無いかもしれない。
そういう事は話としては思う。

回答 横田滋氏
キムヘギョンさんが持ってきた、めぐみの20歳代と言う写真という事ですが。
あれは日本が法人類医学の権威で、前回の藤田進さんの今の写真と前の写真を鑑定した東京歯科大の橋本先生が、鑑定していただいた結果、めぐみの子供のころの写真は下顎が発達していないのを加味して、あと目の幅だとかいろんなところを補った結果、橋本先生がめぐみに間違いないという、鑑定はしております。

回答 西岡力氏
政府とどこまで話をしているのかと言う事ですが。
支援室が出来て中山参与室が参与室を作って下さって、そのあと支援室になってですね。
公式非公式に月に1回とか2回くらい、家族を呼んでくださって、懇談会をやったりあるいは夜にいろんな事で会ったりはしていましてですね。
そういう点では、窓口があっていろんな話が出来るようにはなっています。

しかし、一番今政府に求めているのは、支援室は家族を支援することが目的なんです。
そうじゃなくて拉致問題担当室を作って欲しい。
拉致問題全体を解決するための戦略を練る、情報を取ると言う事をやる。
あるいは、僕らに言わせれば中山さんが参与を辞めるのは当然良いと思うんですけども、拉致特命大臣にしてもらいたい。(大きな拍手)

参与は家族との窓口として任命されたんですから、窓口が出来て、そういう意味では役目が終わったと言うのは一面正しいんですが。
拉致問題は終わっていないわけで。
情報を取ったり、あるいは制裁をするにしても、相手がどういう反応をしてくるのかをチェックしながら、やらなくちゃいけませんから、24時間拉致問題解決の事ばっかりを考える大臣が一人くらいいてもいいじゃないか!と。(大きな拍手)

そういうことも含んだ日本版北朝鮮人権法を作ってもらおうじゃないか。 
今、拉致議連の先生方も今そういう方向でですね、(大きな拍手)拉致問題対策室みたいなのと、同様の法律を作れないか?という研究が拉致議連で始まっている。
そういうことを・・・

(質問1を出した人が発言)まだそんな段階かなぁ?と思うんですね。
私どもは早くと思っております。
どうぞ、救う会の西岡さん、今後も絶大なるご努力をお願いします。
(西岡さん少し苦笑い、会場より笑い声と大きな拍手)

・・・司会の閉会の挨拶があって、集会は8時50分に終了・・・


この記事へのコメント
一気に読ましていただきました。これだけの量を文字に起こすのはどれほど大変なことか、想像もつきません。ありがとうございました。
Posted by wowow at 2005年04月05日 13:13
WOWOW様
ようこそいらっしゃいました。
確かに2時間半にも及ぶ集会の全文を書き起こすのは手間隙がかかるのですが、それを全文お読みになるのも結構大変な作業かと思います。
最後までお読みくださりありがとうございました。
集会のテキストはアップしていないものがまだあります。
順次公開しますので、よろしければ目を通していただき、家族の悲痛な叫びに耳を傾けていただけたらと思っております。
今後もよろしくお願いいたします。
Posted by ぴろん at 2005年04月05日 18:11
 今日(4月5日)の週刊誌の見出しで、キム・へギョンさんが7月(?)に来日するとありました。本当でしょうか? お孫さんに会えるのは横田さんご夫妻にとっても嬉しいことでしょうが、この時期にへギョンさんを来日させる北朝鮮の思惑は?などと考えてしまいます。拉致被害者の話から、へギョンさん自身、お母さんの思い出はあまりないと推測されますし…(彼女が5〜6歳の時には両親は別居していたんですよね?)。
 全文テキスト、わかりやすかったです。これからもがんばってくださいね。
Posted by リジー at 2005年04月05日 19:28
リジー様
仮にこの記事が本当だとしても、横田夫妻はおそらく素直には喜べないでしょう。
横田家は5.22の小泉再訪朝の際も、「キム・ヘギョンさんの帰国に“賛成しない”」というコメントを発表しています。
もしもへギョンさんの口からめぐみさんは死んだと言う言葉が出れば、それが既成事実化され肝心のめぐみさんの救出につながらない。
反対というストレートな言葉を使わずに、賛成しないという曖昧な言葉を使った所に横田家の苦渋の色が読み取れると思います。
一時帰国にしろ永住帰国にしろ、へギョンさん単身での日本への帰国は逆に問題を複雑にする恐れ大ではないかと。

もちろん血のつながった孫、横田夫妻だって会いたくないはずはありません。
しかし肉親の情さえも自国の利益誘導の為に利用し尽くす。
そういう北朝鮮の姑息なやり方は本当に汚いと思います。
Posted by ぴろん at 2005年04月06日 18:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。