2005年04月16日

増元るみ子さんを救うぞ!東京集会(6)04.12.9 友愛会館にて

『西岡力副会長のお話』

Img_7617.jpg

西岡でございます。
今日、先ほどここで記者会見をしまして、家族会と救う会としてですね。
11月25日に一度、北朝鮮が今回出してきた出してきた情報の疑問点・矛盾点というのを指摘したんですが。
そのPart2というのを作りまして、それを記者会見をする前の今日の午後4時に政府に提出しまして、午後5時に記者会見をして公開をいたしました。

ここで何回も言ってるんですけども。
基本的に北朝鮮は、日本政府が認定していてまだ帰って来られない拉致被害者10人について、死亡したとか未入国と言ってますけども。
それを証明できる物証をひとつも提供してないんです。
10人についても、ひとつも無いんです。
「そして何も無くなった」という感じです。
今回の結果がそうなった訳なんです。

その事はすでに明らかなんですが、それにもう一押ししようと思って。
実は帰国した5人の方々から、かなりいろんな事を、家族会・救う会はずっと聞いておりまして。
そのことを事前に公開すると、北朝鮮がそれに会わせて情報を修正してきたりする事がありますので。
実際めぐみさんの死亡時期については、あきらかに毎日新聞が、日本政府が北朝鮮にぶつける前に書いてしまったという事のために、1年北朝鮮がずらしてきたという経緯もありましたので。
大変情報の扱いを慎重にしてきたんですが。

今回の実務者協議でかなりのやり取りがあって、北朝鮮が知る事になった情報についてはもう隠しておく意味もありませんし。
また北朝鮮が絶対に修正することが出来ない決定的な矛盾については、今明らかにしたほうがいいだろうと言うことがありまして。
まだ明らかにしない方が良いだろうと思ってる部分もあるんですが、今日は合計8点、話を(政府に)持っていきました。

今日、飯塚さんがここに来てらしゃいますので、田口八重子さんについてですね。
大きな点があるんですけど、それは最後にご挨拶いただく時に飯塚さんの方から話してもらうので、私はここでは増元るみ子さんについて、今日発表した物について、皆さんにご報告します。

とにかく!
何回も言いますけども、死亡の物証は無いんです!
10人についてひとつも無いという事は、生きてるということなんです。
10人いるんですからね、一人くらい物証があっても良いじゃないですか、変な話ですけど。
無いんですよ。
めぐみさんの遺骨と称するものだけが最後に残ってたんです。
10人のうち9人は(物証が)無くなっちゃって、死亡診断書が捏造と認めましたからね。
一個(物証が)残ってたんですけど、それも二人分(骨が)入ってたと、両方(めぐみさんとは)違ってたと。
と、言う事ですから(物証が)無いんです。

死亡と言ってるけど、向こうは死亡と思わせたいんですよ。
ここにいる人皆、遺族会にしたいんですよ、家族会じゃなくてね。
遺族会になったら、お葬式をして終わりになっちゃうんですよ。
増元さんも2日間、9月17日のあと、気力がなくなったと言いますけども、遺族会になったら気力なくなっちゃいますよね。
北朝鮮は遺族会を作ろうという事を2年前からずっとやって来てるんですけども、出来ないんですよ。
向こうがしいたのに、出来ないんですよ。
向こうにいるんですよ?人が、向こうが管理してたんです。

10人のうち一人だけ出せないけど9人分(物証が)ある、ってのなら分かります。
半分くらい(物証が)あるってのも分かりますけども。
ひとりも無いんですから。
死んだという証拠が何にも無いんですから。
つまり、昨日までの段階で100点満点のうち、90点分はバッテンだったんです。
ひとり分の10点が残ってて、それも無くなったから0点になったんです。

何かですね。
コンテナがあったりして、今回たくさんの物証が来て、それを一生懸命政府が精査していて、どうなんだろうかなぁ?と、思わされちゃったんですけども。
実は今回、増元るみ子さんについて言えば今回無くなったんです。
増元るみ子さんの死亡診断書というのが2年前出てきたんです。
死んでますという書類だったんです。

その書類は、死んだ日の次の日だったかな?
お医者さんが現場でるみ子さんを診て、心臓麻痺で死んだと書いてる。
死んだ日と次の日付けで書いてあります。
つまり検死したお医者さんが、遺体の脈を取って死にましたって、その場でサインして作った死亡診断書な訳です。

日本でもそうですよね?
死亡診断書を役所に持っていくと、死亡手続きが受け付けてくれるんですよ。
遺体を持っていかなくても良いんですよね?
社会的にはお医者さんのサインがある死亡診断書があれば、死亡ということになって保険が下りたり戸籍へ死亡届が出されたりするんですよ。

遺体を持っていかなくて良いんですよ。
それが医者というものなんですよ。
その死亡診断書を、北朝鮮は2年前8枚出したんです。
るみ子さんのも入ってたわけです。

ところが今回それが初めから無かったんだと。
だから、言われて作ったんだと言ってる。
2年前になんで昔の物を作るのか?ってことですよ。
2年前に慌ててコピーをとるのを失敗したというんなら、分かりますけども。
そうじゃなくて作ったと。
元々無かったんです。
検死した医者の診断書なるものも捏造だったんです。

これは遺骨の捏造も酷いですけど、もっと酷いと僕は思ってる。
医者がちゃんとサインをしてるんですからね。
病院のハンコを押してある。
8枚出てきたんですから。
全員について捏造だったんです。
死亡診断書を全員について捏造する。

つまり、昨日(遺骨の鑑定結果が出て)日本中が怒りましたけど、実は実務者協議終わって薮中さんが帰ってきたときに、同じくらい怒っても良かったわけです。
死亡診断書が捏造だったというのが分かったのは、あの日だったんですから。
増元さんたちにしてみれば、あの日に死亡の物証が無くなった日だったんです。
コンテナが帰ってきた日と言うのは、実は増元るみ子さんたちの物証がすべて無くなった日なんです。
何にも無いんです。
北朝鮮が認めたんです。

そして逆に、蓮池祐木子さんは招待所で、拉致されたあと結婚する前は、男同士・女同士一緒に2人のペアでいさせられたんです。
蓮池さんと地村さんは一緒だったんです。
で、めぐみさんは曽我さんと一緒だったんです。
そして祐木子さんがるみ子さんと一緒だったんです。
それから富貴恵さんが田口さんと一緒だったんです。
だから一緒にまず暮らしていて、さっきスイカのお漬物を作ったとか、歌を歌ったとか。

一緒の招待所にいたわけです。
そこで、夜中に静かになった時だと思いますよね。
「るみちゃんは、どこから上陸したの?どこから拉致されてきたの?」と聞くわけですよね?
当然聞きますよね?
そしてその時に、「クタクタになって、上陸したときは自分でも歩けなくて、工作員に両手を持ってもらったんだ」と言う話を、るみ子さんは祐木子さんに話したわけですよ。

でその時に、上陸地点は「南浦(なんぽ)」だと言ってるわけです。
北朝鮮は海州(へじゅ)だと言ってるんですけどね。
南浦だと(るみ子さん)本人は言ってるのを、祐木子さんが聞いてるわけです。
ところが今回も(北朝鮮は)海州だと言ってるんです。

もうひとつるみ子さんについて言うと、北朝鮮は今回もですね。
さっき照明さんもちょっと言いましたけど、79年の7月20日に市川さんと結婚したと言ってるんです。
79年の7月20日に。
しかし79年の10月まで、同じ招待所で祐木子さんといたんです。

そこに市川さん、いなかったんです。
女は女同士の招待所なんです。
そして10月になってから祐木子さんは、薫さんと結婚したんです。
で、そこを出て行ったんです。

それまで一緒に暮らしたんですから、(他人から)聞いた話じゃないんです。
全然違ってるわけです。
北朝鮮は前回(結婚したのは)4月って言ったけど、今度は7月だと変えたんですけど、10月まで独身だったと。
「私と一緒に同じ家に暮らしてましたよ」と、言う意味なんです。
祐木子さんは、(他人から)聞いたとかそんな話じゃなくて、一緒に暮らしてたから分かるんです。

スイカの話なんて誰だって分からないですよね。
私だってスイカの皮、白いなんて分かりませんよね。
そういうことを知ってる人が言ってる話で。
それは嘘をついてると言う事です。
死亡診断書まで捏造する国ですから、嘘つくんですね。

で、もうひとつ今日僕はちゃんと初めて聞いたんですけど。
だから今日のペーパーには書けなかったんですけども。
平野さんが先ほど言ったように、招待所の中のおばさん・家政婦の人が、「祐木子さんのことを知ってる日本人がいたよ」と。
「その人が子供がいたよ」と、いう話をした訳ですね。

知ってるという場合に、祐木子さんはるみ子さんとしか一緒になってなくて、その後薫さんと一緒になってる訳ですから。
薫さんと一緒にいる時に、(おばさんから)話を聞いてるんだから、それ以外の人じゃなくちゃいけないわけで。
そうすると一緒にいた人といったら、るみ子さんしかいないだろうと。
北朝鮮は子供はいないと言ってるけど、子供はいたという話を聞いてると。

招待所のおばさんたちっていうのは、お互いいろんな招待所で、拉致された人たちの世話をする人たちは知ってるわけですね。
金賢姫の招待所のおばさんが「大工仕事の上手な日本人の夫婦がいた」と言ってますよね?
あれは地村さんたちの事だったわけです。
そういうふうにお互いを知ってるわけ、別の話が出てきてるわけですから、子供が生まれたと言うのは分かるわけなんです。
と言う事は嘘なんです。

そして何よりも安明進さんという、めぐみさんを目撃したと言う亡命工作員の人が、88年から92年まで、「るみ子さんを見た」と言ってるんです。
「市川さんも同じところにいた」と言ってるんです。
るみ子さんについては、当初は安明進さんは記憶がないといってたんですけども。
実は日本の警察には、1998年の段階で「るみ子さんに良く似た人を見てました」と言ってるんです。

だけど、市川さんみたいにタバコ貰ったり話をしてないから、めぐみさんみたいに・・・めぐみさん独身に見えたんですって、一番可愛かったんですって。
るみ子さんは結婚しておばさんタイプだったんだそうです。(笑い声)
(増元さんたちのほうへ向って、頭を下げる)
それであんまりじろじろ見てなかった。
年がちょっと違いますから、「申し訳ないけど」と後で言ってましたけど。

めぐみさんの事はじろじろ見て、セクハラ紛いのからかいをやったりしたそうなんです。
昼間なのに日本語で「こんばんは」と話しかけたりした、そういってましたけど。
こんどはこっちが、すみません。(横田夫妻の方に向って頭を下げる)(笑い声)
そう聞いてるんですけど、だから顔を覚えていたんだと。
るみ子さんの事は似た人がいたなと思ってた。
だけどこの間、全身の写ってる写真を見てもらったら、「足に見覚えがある、ちょっと太かった」と。
で、めぐみさんと良く一緒に歩いていた人のひとりだと。

安さんの記憶力と言うのは大変な物がありますから、つまり絶対に生きているんですよ。
反対に市川さんが安明進に見られていて、安明進の証言は嘘だとしなくてはいけないから、死んだとしてるんです。
市川さんとるみ子さんがタラップをおりてきて、安明進が下にいて、「あぁ、タバコありがとう」とかってなっちゃうから。
金正日政治軍事大学があると、そこがテロリスト養成学校だと。
拉致を命令したのは金正日だってことが全部ばれちゃうんです。

麻薬をやってると。
日本のやくざを呼んで、技術指導をして覚せい剤を作ったとかですね。
全部本当だということになっちゃうわけです、あの本に書いてある事が。
それは認められないから、金正日の責任に関する部分は絶対認められないから、安明進さんが見たと言ってる人や、あとで飯塚さんが説明されると思いますけど、金賢姫の証言は絶対本当だと言えないんです。

それは北朝鮮と言う独裁国家が、絶対に認められない一線なんです。
拉致は認められるけど、独裁者の責任は認められないんです。
それを我々は認めさせなくちゃいけない。
いよいよ戦いは本丸に向ってまして。
死亡か生存かと言うことについては勝ったんですね。
この2年間の論争で、北朝鮮が出して来た物証なる物や証明書なる物は、全部捏造だと証明しきったんです。

何にもないんですからね。
あとは彼らが口で言ってる事だけですから。
死にましたとかね、事故がありましたとか。
私は医者ですとかね、私は目撃しましたとか。
病院のハンコだって、医者のサインのある書類まで捏造する国で。
口で言ってる事なんて信用できるはずがないじゃありませんか。

そういうところまで、しかし私たちは今この2年間で追い詰める事が出来てる。
それは日本全体の力だと思いますけど。
前回の松木さんの骨を鑑定してくださった、橋本先生と言う骨相学の専門家がいたり。
今回は帝京大学の最高水準の技術で、高熱で焼いてあってもミトコンドリアが出てきて、DNA鑑定が出来て。
もうはっきりとふたりの物があって、偽物だと分かったわけです。

そして私も一助としてですね、死亡診断書をこうやってかざして見たらば、ハンコの位置が同じだとか・・・それだけ私見つけたんですけども。(笑い声と拍手)
そういう風に言って皆で、そしてこういう記者会見をして、皆で情報を出したらば、めぐみさんの写真を出したら、今度は影がおかしいと専門家が言ってきてくれて。

僕らじゃないですよね?
専門家が色々言ってきてくれて。
言論の自由がある国は弱いように見えて強いんです。
独裁国家はひとりの決済がないと全部動かない。

何でこんな嘘をつくのか?ってことですけど。
つまり、金正日の責任は認められないんですよ、国益とか自分の国の立場よりも。
「金正日の責任は絶対に認める」というペーパーを書いたら、そこで山送りか処刑ですから。
実務者がそういう計画書を書けないわけなんです。

金正日がサインしないと全ての事が動かないわけですけども。
そしたらば金正日政治軍事大学にいて、金正日の子供のうちの一人に日本語の教師をやってる可能性が大変高いめぐみさんの存在を出したらば、金正日の私生活が分かっちゃうと。
そしたらば死んだと言う事にしましょうと。
一度「よし、死んだという事にしよう」と言うサインをしたら、死んだ事になっちゃう。

で、「日本の調査団が来たら適当に言っておけ」と。
病院に行って「こういう女性が入院して死んだんだぞ」と言ったら、しょうがないから、死亡診断書作らなきゃならないんです。
死亡台帳も作らなきゃならないんです。
紙がないからしょうがないから表紙を書き換えたりするわけです。

前回実はですね、死亡診断書をどうやって取ってきたかといいますと、斎木さんが。
外務省の斎木審議官が団長で、一番最後の日に机を叩いて、「死亡診断書くらいあるだろう?」と。
「口で言ったりしてる事だけでは駄目だ」と、「遺骨が全部流れているなら持って来い!」って言ったんだそうです。
そしたら2時間後に持って来たんです。(笑い声)

多分それは、2時間後って言う事は、まず最初に・・・あの時はまだ日本を騙して金取ろうと思ってたわけですから。
しかし「斎木が頑張っている」と、「どうしましょうか?」と金正日に報告しなくちゃいけない。
最初は決済で死亡診断書作る事にはなって無かったのに、なんか電話通じたんじゃないですか?
で「作れ!」って言ったんです。
「作れ!」って言ったら2時間でつくらなきゃならないんです。

しかし、拉致された日本人の情報は一般の病院に持って行っちゃいけないんです。
これはまた別の決裁があるわけです。
金正日の決済があるわけです。
簡単に秘密を持って行っちゃいけないんです。
そういう中で695病院というのは、金正日政治軍事大学の中にある病院ですから、そこを担当してる工作機関の人間が「あの医者なら頼める」と。

だいたい車で30分で行けますからね。
まず30分くらいで金正日の決裁にかかって、車で30分くらいで行って、そこで20分くらいで捏造して持って来たと。
だから、17年間に渡って死んだ人の死亡診断書が、同じ書式で、同じゴム印が押してあって、生年月日が間違ってたりするんですよ。

しょうがないですよ、そんな。
日本がどう思うか?国際社会に通じるか?これが嘘か本当か?というよりも、金正日の決済があるかどうか?
決済どおりにやったかどうかが問題なんですから。
決済どおりにやったかやらないかの方が、第一なんですから。

週末になるとですね、総話という時間がある。
自己批判と相互批判をするわけです。
それぞれが職場なら職場、職場に行ってない人なら、地域で所属している班みたいなのがあってですね。
金正日同志の指導に、この一週間自分がどう従ってきたのかどうか?まず自己批判をして。
自己批判が終わると今度は他者批判をさせられるわけです。

そういう中で拉致は認めると・・・アメリカの圧力で認めなきゃいけないんだけれども・・・しかし金正日の責任だけは回避するような認め方をしないとですね。
「田口八重子さんを帰しましょう」なんて言ってしまった、と自己批判をしなちゃいけない。
「田口八重子さんを帰しましょうと言った私は、思想性が低かった、主体思想の学習が足りなかった」と。

なぜならば「指導者同志の責任が、かかって来てしまうような事を言ってしまった」と、言う事になるんです。
そういう世界で生まれてから死ぬまで生きる人たちにとっては、国際社会に通用する真実を出す事よりも、一週間後の相互批判の時に批判されないように行動する事が、優先順位が高いんです。
だからこんなめちゃくちゃが出るわけです。

しかし、まだまだ日本は分かってないんですよね?
あれは国だと思ってる。
国なら嘘はつかないだろうと思ってません?
国じゃないんだ「一味だ」くらい。(笑い声)
「金正日一味」だ、くらい。(笑い声)

で、それから取り戻すためにはどうすればいいか?
しかし、我々は国家ですからね。
言論自由がある民主主義の国ですからね。
情報を貰えば、こうやって分析して公開して、皆で議論して、おかしい所ひとつひとつ指摘すると。
皆が納得して、ここがおかしいじゃないかと。

今やらなきゃいけない事は、めぐみさんの骨が偽物だと分かりましたけど。
国民、皆分かってくれましたけど。
実はめぐみさんだけじゃないって言う事なんです。
るみ子さんについても、無いんですよ。
死亡を証明するものが、今何も無いんです。

今日も支援室に行ってですね「早く政府の評価を出してくれ」と。
なにか「精査する」とか言ってですね、何を精査するのか?良く分からない。
だってるみ子さんについては精査する物はないんですよ?
今回何も来て無いじゃないですか。
遺品も無くて遺骨も無いでしょ?
で、死亡診断書が偽物だったんだから、何を精査するのか?

北朝鮮が嘘をついてる事が、だんだん、どんどん分かっていくだけで。
そりゃやった方がいいですよ?
カルテとか分析した方が良いけれど、もう今の段階で「嘘つきだ」と何故言わないのか?
そしてその嘘の背景を分析して欲しいわけです。
金正日の責任を認められないと言う事から来てる訳です。

そうだとすればどうするか?と言ったらば、金正日を脅すしか、しょうがないんですよ。
めぐみさんたちやるみ子さんたちを帰せば自分の責任になる、と。
しかし、帰さなければもっと酷い事があなたに行きますよ、と。
国家とか北朝鮮住民じゃなくてですね、彼本人に対して思い知らせる以外ないんです。
自分で決済しなければ、「るみ子は生きてる事にしろ」と出来ないんですから。
それをさせる力は何か?と言ったら、彼がそれをしなければいられないような、圧力をかけるしかないんです。(拍手)

しかし、日本は実はその手段を持ってるんですよ。
まず今絶対にしなければいけない事は、第一段階何でもいいから制裁をかける必要があるんですよ。
拉致を理由にして制裁をかける。
私は食料の輸入禁止がいいと思います。(拍手)
北朝鮮製食料の輸入を禁止する。
北朝鮮は国際社会から食糧の人道支援を受けてるんですよ、食料が足りないと言って。
そういう国から、日本がいくら金持ちだと言っても、食糧を買っていいのか?と。
それは飢餓貿易じゃないか?

普通の人たちが食べられるアサリなどを、何故日本が買うんだ?と。
買わなければそのアサリは北朝鮮の人民の口に入るんですよ。
それを北朝鮮の子供たちが強制労働させられて、採ったのを日本に来てるんですよ。
日本が消費するアサリの50%くらいは北朝鮮製だと言うわけです。
まず原産地表記をちゃんとさせると。

われわれは情報を貰う権利があるわけですから、民主国家ですから。
政府に言ってちゃんと原産地をきちんと書いて欲しいと。
消費者には選ぶ権利があるじゃないですか。
なんかフランスが原爆の実験やった時に、「ワイン飲まない」と言ったキャスターがいたけれども。
このアサリは北朝鮮の国民のお腹に入るべき物だと。

敵は金正日ですから。
彼のお腹に入るトロなんかは、オレ売ったりしたくないけど、アサリは買っちゃいけない。
北朝鮮の人民のお腹に入る物は買うって事は良くない。
我々は食料輸出の方はね、まだ止めなくていいと思うんです。
まぁ、トロなんかは悔しいけれども。
食べ物ない国に食べ物売らないのは、かなり上の段階だと思ってる。
食料の無い国から食べ物買っちゃいけないんです。

そして先ほど増元さんも言いましたけど、実は国際情勢は今我々は有利でして。
アメリカは核問題で、北朝鮮の核を完全に廃棄させるという方針は変わって無いわけです。
しかし北朝鮮は核開発、止めないわけです。
絶対にぶつかるんです。
来年になれば緊張が高まるのも、目に見えてるわけです。

その時国連の安保理事会で、北朝鮮の核問題が10年前と同じように議論されると。
国連の安保理事会で議論されるのは、まず経済制裁です。
日本がまず、何でもいいですから拉致を理由に制裁をかけておいて、国連の議論を迎えると。
日本は今度1月から、国連の非常任理事国に入ったわけです。
国連の中でですね、北朝鮮の制裁決議案を日本が最初に出せばいいんです。

その文章の中に、もちろん核問題も書くと。
テロ国家が核を持つのは絶対反対だと。
検証可能な形で全部見なくちゃいけない。
それと同時に拉致被害者全員を日本と韓国に帰せと。
それを国連決議に書くんです。
その努力を日本は今からすべきなんです。

それは実は前例があるんです。
イラクに対する14415決議というのがありまして、国連安保理の。
これが対イラク戦争の根拠のひとつになったわけです。
その中には大量破壊兵器がイラクがもってる可能性があると言う事も書いてありますけど、もう一つ拉致も書いてあるんです。

イラクはクウェート人を拉致してると、湾岸戦争の時に。
まだ帰さないと。
それも国連決議の理由のひとつなんです。
軍事制裁の理由のひとつになってるんです。
国連は拉致も取り上げてるんです。
前例があるんです。

しかしその時に「経済制裁してください、拉致も入れてください」、と言って「お宅の国は何をしてるの?」と聞かれて「食糧送ってます」と言ったら、どう思うか?
自国が真剣にやってなくて、国際社会に訴えられる事が出来るか?と、言う事です。
しかしアメリカは今真剣に日本人拉致問題にとりくんで、国会で全会一致で北朝鮮人権法を通したんですけども。
その中には日本人拉致と韓国人拉致が書いてあるんです。
法律の中に。

アメリカ人被害者がひとりもいないのに、日本人拉致と韓国人拉致が解決するまでは、アメリカは北朝鮮に経済援助はしないと書いてあるんです。
そういうアメリカと日本は同盟を結んでるんですから、拉致と核を一緒に解決すると。
北朝鮮はこんな分かりやすい嘘をついたんですからね。
これを英語にして世界中にばら撒いてですね、小泉さんにはワシントンに行ってもらいたいと。

まず、ブッシュ大統領にこんな酷い事されていると。
我が国は制裁をかける覚悟だと。
アメリカも北朝鮮に対して圧力をかけて欲しい。
そして軍事的緊張が高まれば、アメリカは一緒に戦いますよね?と約束をもう一度取って来る。
アメリカももちろん上下両院で、日本人拉致を解決するべきだと法律が通ってるんだから、協力するって言いますよ。

制裁かけたらミサイルが飛んでくると言う人たちは、制裁かけなくったって(ミサイルは)飛んでくるんですよ。(拍手)
北朝鮮が(ミサイルを)持ってる限り飛んでくるかも知れないんですよ。
飛んでくると言うから、お金を出し続けるのか?っていう事ですよね?(会場より「そうだよ」のささやき声)

そうじゃなくて飛んでこないようにするしか、しょうがないんです。
今アメリカが飛んでこないようにしようとしてるんですよ、日本の同盟国、アメリカは。
そして日本も飛んでこないようにする方が良いんですよ。
飛んでこないようにしながら、拉致も解決する方法があるんですよ。

それを何かが起きたら困る。
もうひとつは効かない。
制裁をするとミサイルが飛んでくる、北を刺激する。(会場より「それは無いよなぁ」というささやき声)
でも、もう片一方では効かないと言う。
効かないなら(ミサイル発射は)起こらないはずなのに。
二つの反対論があるんですけども。

ミサイルが飛んでくるとか、北朝鮮が協議に出なくなるとか、関係ないです。
アメリカとの関係を強めて圧力をかけると。
圧力から抜け出したいと思って、話し合いをしたいと向こうが言って来ます。
アメリカが一番良い例で、アメリカはずっと朝鮮戦争以来制裁してるんですよ。
そして今度日本人拉致まで入れちゃったんですよ。

北朝鮮の要求は、「アメリカと一対一で協議をしたい」なんです。
でも、アメリカの方は嫌だと言ってる。
あいつ信用できないから、一対一では会わないと。
6人なら会うといって6者協議やってるわけですよ。
ブッシュ大統領は金正日は嘘つきだから会わないと、最初から分かってるんですよ。

アメリカが一番厳しいことを言うから、厳しい事をやめてくれという交渉を、北がしたいしたいと言ってるんです。
そのアメリカと一緒に厳しい事をすれば、北の方から交渉をしてくれと言うんですよ。
してくるに決まってるんですよ。
それを交渉が途切れちゃうから制裁しないというのは、逆転してるんです。

こちらから「交渉をしてください」と言ってるから、向こうは「あぁ交渉してやるよ、代わりに何か寄越すのか?」という事になるわけです。(会場内、「そうそう」「へっぴり腰」などというささやき声)
だから私は第一段階は、国際社会にアピールできる、北朝鮮の住民に被害のあたらない物で良いと思ってます。
効かなくて良い。
しかし、意思を表示する。(拍手)

意思表示するという事は効くんですよ。
経済制裁ひとつで、金正日政権を倒す事ができるかどうか?という事になったら、ひとつじゃ駄目だと思いますよ?
しかし意思表示をすることはできる。
そうすれば、交渉になったらですね。
「それを止めてくれますか?くれませんか?」というのが交渉のカードになるんですよ。
今、日本は何も持ってないから、「コメを出しますか?出しませんか?」という事になってる。
今度は制裁を止めるか止めないかで、こちらの腹は少しも痛まないのに交渉のカードが増えるんですよ。

で、もう一つ絶対にやっておかなくちゃいけないのは。
国際社会に対するアピールと言う事は先ほどもいいましたね?
安保理事会になって核になったときに日本が(制裁を)やってれば、国際的に皆が協力する制裁をするときに、その理由に拉致も入れることが出来るわけです。
それをしておかないと出来なくなっちゃう。
だからそれも、今(制裁を)やっておくと効く訳です、国際的な制裁をするときのステップとして。

そしてもうひとつは、北朝鮮で今何が起こるか分からない状況が、起きてます。
今年の4月に龍川爆破事件と言うのがあったわけですけど、あれは金正日の列車の通過した15分後に大爆発が起きてるわけです。
今までそんな事有り得なかった。
金正日の暗殺未遂事件である可能性はどんどん高まっている。
ほぼ間違いが無い。

そして最高指導部の亡命や粛清が続いてます。
もしも金正日政権が倒れたときですね。
何時来るか分かりませんけど、倒れる可能性はいつでもあるわけです。
明日になるかもしれない。
その時にですね、日本人拉致はどうなるか?拉致被害者はどうなるか?

日本の政府は悲しい事に今助けにいけないんです。
どこにいるか、まだ分からないんです。
いるって事は分かってるけど、どこで監禁されているか情報がない。
助けにいけないんです。
その時に誰が助けるか?って言ったらば、クーデター勢力が助けるしかないわけです。

今、日本が拉致問題で怒ってると言う事を、宋日昊(ソン・イルホ)とかですね。
対日工作担当者は分かってきたんです。
私も怒鳴りあいを、宋日昊と一度しました。
「斎木とか西岡とかはけしからん」と向こうは思ってると思います。
西岡のファイルはあります、なんて僕を脅しましたけど。

しかし軍とか政治警察で、金正日を暗殺するような、日本と関係のない部署にいる高官たちが、日本が怒ってると言う事がまだ伝わってない。
それを伝えなきゃいけない。
アサリが売れなくなって、金正日の秘密資金が少なくなって、金正日が贅沢がちょっと出来なくなってイライラしてると。
なにかビール瓶を投げたりなんかしてると。
そういう噂は平壌に流れますから。

金正日が怒ってると。
なんだ?と。
アサリで稼いだ外貨が来なくなって、金正日がイラついてると。
何でアサリが売れなくなったんだ?と。
日本が拉致で制裁をかけたと・・・言う事が伝わるようにしなくちゃいけない。

そして国連の安保理事会で拉致も理由で制裁がかかったと。
安保理事会になったら、我々はまたニューヨークにまで行こうと思ってます。
金正日とその側近に見えるように映してもらって、「ここにいるぞ」と。
国連も一緒に拉致を戦ってるんだと。
あなたは世界中を敵に回しているんだということを見せて。
そして制裁決議に書いてもらう。
そうすれば金正日の取り巻きにも分かるわけです。

そしていつのタイミングで起きるか分かりませんけど、金正日が除去されたとき、金正日の責任のせいにすれば良いんです。
でもこれが日本人にとって絶対に譲れない「拉致被害者の人命は絶対に譲れないものなんだ」というメッセージが発してないと、混乱の中で放置されちゃうわけです。
100人くらいの命を救えば1兆円が来るんだったら、まずクーデターして金正日政権倒したあと、放送局を占拠したあと、「被害者どこにいるんだ?名簿はどこにあるんだ?全員安全を確保しろ!」ということになります。

そして日本に帰して恩を売ればいいんです。
そしたらば1兆円来るんだったら本当に安い物ですから。
まぁ1兆円かどうか分かりませんけども・・・僕は1兆円反対かもしれませんけど、その時になれば。
だけどまぁ、とにかく多額のODAがいく事は彼らは分かってるわけです。
でもそれはこの人たち、めぐみさんやるみ子さんを確保してなくちゃいけないんだぞ、と。

もしも今これから後、生きてた人が死ぬような事があったら、もう絶対に北朝鮮という国へ日本は一切ODA出さないと。
50年でも100年でも出さないと、日本の憲法か法律かに書いちゃう。(拍手)
北朝鮮に援助はやらないと。
ということを言ってるという声が、どんどんどんどん北朝鮮に伝わんなくちゃいけない。
そのために一番良い事は、向こうが嫌がっている制裁をかけるってことなんです。(拍手)

いまその瀬戸際に来てるわけです。
しかしこの間に死亡してるのかどうか?ということについては我々は勝ったんです。
もう死亡の物証は全部消したんです。
世論の力です。
言論の自由の力です。
日本の民主主義の勝利だと思いますね。

辞めた銀行員とか、鉄工屋のお父さんとかが、総理に会って「何ですか!」と言えるんですよ」。
それが日本の強さです。
こんな事、北じゃ絶対にこんな事有り得ないわけなんです。
独裁者の決済がないと動けないから、偽物の遺骨が来るんです。
日本は捨てた物じゃない、我々は強いんだと。(拍手)

そしてその軍事力で言っても、世界で一番強いアメリカが今同盟国なんです。
北朝鮮のミサイルも何にも怖くない。(拍手)
怖いと思う心だけが怖いだけです。(笑いと拍手)
そういう状況の中でまだ怖いと思う心を持つが、永田町とかにいるわけですけども。

でも今日は拉致議連の総会があってですね。
拉致議連は過激なんですよね。
「金正日政権打倒」という(笑いと大きな拍手)
今日の声明で、平沼武夫先生の名前で、時期総理大臣だと思いますけど。
そういう大物の名前で「金正日打倒」って、書いちゃったんですから。
私が書いたら書かないですよね、僕は穏健ですから。(笑い声)

そして明日は衆議院の拉致特別委員会が開かれて、議論するんです。
皆で議論すれば良いんですよ。
それが日本の良い所です。
そしてまずここの連続集会で皆さんに言ってるのは、死亡の物証は無い!
今回の実務者協議の前にもここで言いましたけど、本当になくなっちゃったんですから。(笑い声)
ゼロになったんです。
これをどんどんどんどん言って欲しいんですよ。

金正日の言う白紙に戻す再調査と言うのは、「物証はありませんよ」と白状しただけだと。
つまり生きてる事を事実上白状したんですから、金正日をもっと追い込んで取り戻す。
そのプロセスになってるんです。
我々は今勝ちつつあると。
いうふうに思いまして、ぜひ一緒に戦っていきたいと思います。(拍手)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。