2005年04月27日

第7回国民大集会(7)05.4.24 日比谷公会堂にて

『崔祐英 韓国拉致被害者家族協議会会長の挨拶』 
 
syuukai7.jpg

(拍手の中、崔祐英さん登壇)
みなさんこんにちは。(「こんにちは」「アンニョンハセヨ」の声)
アンニョンハセヨ。
今回「小泉首相に決断を求める国民大集会」にご招待頂いた家族会の横田滋代表、救う会の佐藤勝巳会長、議員連盟の平沼赳夫会長及び国民大集会の関係者のみなさまにお礼を申し上げます。(拍手)

韓国の拉致問題の運動の状況を申し上げます。
70年代の拉致された生死確認もなかった漁船のヒヨン号の36人の人々が北朝鮮で撮られたが写真が入手されてベスコム(?)から報道されました。
今まで拉致された人は一人もいないと主張していた北は嘘つきということが明らかになりました。(拍手)

闘いはまずヒヨン号の36人の安否確認を訴えております。
今年3月(2月の国際会議)に東京で、拉致問題の日韓米の連携のためにセミナーが開かれました。
その時韓国からハンナラ党の金文殊(キム・ムンス)議員がいらっしゃって、日韓の議員レベルの上で協力ができました。
また日本の家族会の事務局長の増元さんから増元さんのお父さんが「私は日本を信じています。お前も日本を信じろ」と言う話を聞きました。
私もこの言葉を信じております。

日本の拉致問題の解決のために今のように全力を尽くしていけば、小泉首相は、必ず拉致被害者のご家族の必死の思いを、受け取ると期待しております。(拍手)
今こそ、日本人の拉致問題の完全の解決のために、経済制裁を発動すべきだと思います。
日韓が力と心を合わせて、一緒にがんばりましょう。
ありがとうございました。(拍手)

※司会 櫻井よしこ氏
崔さんありがとうございました。
では次に朝鮮戦争拉致被害者家族協議会の代表として李星矣(イ・スンゥイ)さんにも韓国からお出でいただきました。
李さん、お願いいたします。
通訳は西岡さんがいたします。

・・・・・・・・・・

このエントリーのテキストは金木犀様の手によるものです。
快く転載のご同意を頂きましたこと、御礼申し上げます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。