2005年04月28日

第7回国民大集会(13)05.4.24 日比谷公会堂にて

『蓮池薫さん・祐木子さんからのメッセージ紹介 (代読 蓮池透さん)』

syuukai13.jpg

蓮池薫と祐木子の兄の蓮池透でございます。
本日はせっかくのお休みの中、こんなにたくさんの方が足を運んで下さり本当にありがとうございます。(拍手)
同じ時間同じ場所でこれだけ多くの皆さんと強い気持ちを共有できると言うことは、きっと我々の熱い思いが政府・小泉総理に届くものと確信しております。(拍手)
弟夫婦からメッセージを預かっておりますので、代読させていただきます。
ちょっと時間が押してるようなので急ぎます。(笑い声)

「今から1年前の5月22日子供たちが帰国をし、私たち家族は再びひとつになることが出来ました。
そして現在色々困難はありますが、子供たちを含め一歩一歩自立に向けて進んでいます。
これはひとえに国民の皆様のご支援の賜物と心から感謝しております。
本当にありがとうございます。

私たちはこのように家族が揃って前進できるようになりました。
しかし一方で他の拉致被害者の皆さんは、まだ帰国出来ないばかりか北朝鮮の不誠実な対応で一向に解決の道すら見えてまいりません。
被害者のご家族が高齢になられる中、拉致被害者の皆さんの早期帰国実現のため、私たちは今の自分たちに出来る限りのことは全てやってまいりましたし、これからもやっていくつもりです。

何よりも私たちは拉致被害者のご家族の皆様と、政府の関係機関に私たちが持っている情報を提供いたしましたし、これからも要請に応じて積極的に提供することでその情報に基づいてご家族や政府はこの運動を盛り上げて、北朝鮮に対する強い外交を繰り広げていただきたいと切に望んでおります。

拉致問題を解決し、被害者の皆さんの一日も早い帰国を実現するためには、これからも国民の皆様のご支援とご協力が何より必要と考えています。
何卒これからも拉致問題が風化することなどないよう、よろしくお願いいたします。

平成17年4月24日
蓮池薫・祐木子」

どうもありがとうございました。(拍手)

※司会 櫻井よしこ氏
蓮池さんありがとうございました。
さてここで内閣官房長官の細田さんからメッセージをいただいております。
今日のこの集会は「小泉総理に決断を求める国民大集会」でございます。
決断を求められている内閣の官房長官がメッセージをくださいました。(笑い声)
私が代読をさせていただきます。


この記事へのコメント
お目ざわりでしたら、削除願います。
拉致板・blogなどにマルチ投稿です。

 救う会に小泉内閣退陣の狼煙をあげるよう、要請メールを送りませんか?
 先日の国民集会は小泉糾弾集会となり、退陣要求を打ち出すのではないかと、期待していたのですが、これまでと同じ、経済制裁を求めると言うだけのものでした。制裁をする気のない(出来ない)人間に何百回言っても、進展しません。時間のムダです。パフォーマーだから、世論が盛り上がれば小泉さんは発動する。などというのは、何の根拠もないたわごとです。
 今、拉致問題は完全に行き詰っています。これを打開するためには、経済制裁をしない(出来ない)小泉首相を引き摺り下ろし、拉致被害者全員奪還を使命とする内閣を成立させる以外に道はありません。
 私のサイトではかねてから、小泉内閣退陣を主張してきましたが、吹けば飛ぶよなサイトの意見など、ほとんどの人が見向きもしません。だが、拉致問題解決の中心になってきた救う会が打ち出せば国民に強烈なインパクトを与えることができます。大衆団体であり、いろんな考えの人がいるのは百も承知、救う会は拉致被害者を取り返すことを目的として存在するのですから、小泉NO!と言うのは当然です。言わなければいけないのです。これは思想上の問題とは違います。
 漫然と、これまでどおり、小泉に経済制裁を求めるだけでは、世論は離れていってしまいます。9.17以前のことを考えれば、関心の高さは天と地の違いだなどと、自己満足している場合ではありません。拉致議連に加盟している自民党議員との折り合いやしがらみもあるでしょうが、そんなことに捉われていたのでは、悪魔金正日とは戦えません。一番大事な事は国会議員への配慮ではなく、拉致被害者を取り返すにはどうすればいいかを考え、それを実行することです。
 「駕籠に乗る人、担ぐ人、そのまた草鞋を作る人」
 家族会の人たちを駕籠に乗せた救う会の皆さんが、拉致被害者全員奪還と言う目的地に向かって迷わず進んでいる時は、我々草の根の支持者は草鞋作りに専念していればいいのですが、真っ暗闇で、前に進めなくなったときは、たとえ僭越であろうとも、シャシャリ出て、誘導してあげるべきだと思います。
 救う会が小泉退陣を打ち出せば、あらゆる軋轢がかかってくるでしょう。家族会バッシングの再現を狙ってくるかもしれません。その時は我々草の根も一緒に戦いましょう。恐れていたのでは何もできません。
 投稿者のみなさん、ROMのみなさん、掲示板やblogなどで叫んでいるだけでは、救う会は動きません。皆さんも、救う会に「小泉内閣退陣の狼煙を!」とメールやはがきを送ってください。
 一口に小泉内閣退陣といっても、未だに高い支持率を誇っており、容易なことではありませんが、この程度のことで、へこたれるわけにはいきません。家族会の皆さんは何十年も逆風に耐えていらっしゃったのです。それを思えば、なんということはありません。何故、小泉ではダメなのかということを根気よく、語ってまいりましょう。

 救う会は小泉政権退陣の狼煙を!
 経済制裁をしない(出来ない)小泉内閣は今直ぐ退陣を!

 救う会メールアドレス info@sukuukai.jp 

※事が事だけに、こちらで、やり取りすると、総連の工作員や小泉マンセー教信者を招き入れることになり、板が荒れてしまいますので、ご質問、ご意見などございましたら、恐れ入りますが、下記URLをクリックして、私の掲示板までお出でください。お待ちしています。
※私が救う会に送ったメールも掲載しています。参考にしてください。
http://6827.teacup.com/sawamura/bbs
Posted by 沢村圭一郎 at 2005年04月29日 10:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。