2005年05月03日

第7回国民大集会(25)05.4.24 日比谷公会堂にて

『未帰還者ご家族によるパネルディスカッション 9』

「増元照明さん(増元るみ子さん弟)のお話」
「斉藤文代さん(松木薫さん長姉)のお話」
「有本明弘さん(有本恵子さん父)のお話」
「有本嘉代子さん(有本恵子さん母)のお話」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆増元照明さん(増元るみ子さん弟)



私も飯塚さんと同じで、まず姉に会ったら謝らなければならない。
30年近くも・・・(涙を流しながら語る)
取り戻していないと言うことが非常に残念です。
もう30年という年月を取り戻すことは出来ない。
でも姉が30年前私にくれた時計、今非常に私大事にしておりまして。
この時計の動きを止めることは出来ないし。
今でも動いていると言うことを彼女に教えてあげたい。
そしてこれからもずっとその時計は・・・持ち続けていくということ・・・(涙で言葉にならず、声を詰まらせる)
父が死んで、あんなに可愛がっていた姉ですから、必ず北朝鮮で姉の身を・・・(再び声が詰まる 「頑張って!増元さん!」の声)・・・守ってると思います。
以上です。

※司会 西岡力氏
松木さんに一言何か。

☆斉藤文代さん(松木薫さん長姉)

薫に元気でいて頂戴ということと。
あの、まぁ、母の言葉として
「お母さんも頑張るから(涙で声を詰まらせる)帰ってらっしゃい」
と言うことを・・・(拍手)

※司会 西岡力氏
では有本さん、お父さん、恵子さんに一言。

☆有本明弘さん(有本恵子さん父)

え〜、ちょっとその話はもう、子供のことは家内の話で十分やと思う。
なぁ、私はここに先生方おられた。
その時に言いたかったことあるのよ。(大きな拍手)
思うとおり言うて来た。

(西岡氏の声 「短めにおねがいします」)
えっ?
(西岡氏の声少し笑いながら 「短めにお願いします」)
言いたい事言えないじゃない。(笑い声 大きな拍手)
と言うわけで簡単にお話します。

このタイトルですね。
これは決断を求めると言うタイトルになってるんです、今日はね。
これのタイトルを決めるときに私は、決断じゃなくて糾弾をする国民集会。(拍手 「そうだ!」などの声)
これの方がいいんじゃないか?と、これが私の意見。(拍手 「そうだ!」などの声)

なぜそういうふうに言わなければならないか?
この日本の国民の70%・80%近い人が制裁せよと言ってる。
おそらくここに来られてる人は、全部の人が制裁せよと。(拍手 「そうだ!」の声)
そういう国民の皆様であって、そうでない人は朝鮮総連のまぁ人しか、そうとしか考えられない。

そのなかで国民の大きな声に応えられるのは、ここにおられた政治家の先生方なんです。
これが政治のとるべき道なんです。
どうして応えるのか?
与党も野党も先生方おられた。
私は問いかけたい。(拍手)
それでこれはこうなったら、国民がここまで言ったと言うことは、日本の国はあの凶悪な国に対して制裁せよと言ってるんですよ、国民が。(「そうだ!」の声 拍手)

これに政治が応えられない。
こういう政党は全部お払い箱にするべきやと。(大きな拍手)
これに応えられる先生方が、そういう先生方がひとつの旗の下に集まって、北朝鮮に制裁をかけると。
となればこれは有事、有事じゃなくて非常事態も想定した内閣でなければならないんです。(拍手)
そうなった場合、枠の与党・野党のなかでそういった状態に耐えられる先生おるのか?
もう半分以上はパーや、そんなもん。(笑い声 拍手)

それで簡単に申し上げますが。(笑い声)
議連の会長さん。
行動する拉致議連の会長、これがどういうことを言ってるか?
「金正日の政権の崩壊も視野に入れる」と、この文字が入ってるんですよ?(拍手)
だからこれに志のある人は全部これに結集せい!
小泉さんを放り出して、そういう人が政権を担っていく。(拍手)
これしか方法がないんです。(「その通り!」「小泉は首だ!」の声 笑い声)

※司会 西岡力氏
ありがとうございました。
時間になりました。(拍手)

☆有本嘉代子さん(有本恵子さん母)

やっぱり私は母親として、やはり皆さんの5人の家族が帰られたあの様子が頭から離れないんです。
あの時横田(早紀江)さんがしっかり私の肩を握って、ここの肩をサインしてくださったんです。(少し声を詰まらせる)
あの後ろに恵子もめぐみちゃんも乗ってたら良いなぁと、私は思いました。(拍手)
きっとめぐみちゃんも恵子も一緒にあのタラップから降りてくる。
あれを本当に、もう私はそういうことを願いつつ、これからも運動を続けてまいりたいと思います。(拍手)

※司会 西岡力氏
ありがとうございました。
最後に有本のお父さんの言葉ですが、僕はお父さんの言葉に感動したことがあります。

それは2年前の小泉総理が訪朝された後、一度小泉総理が家族に会うといって会ったことがあるんですね。
その時に今日もそうですけど、「うちの恵子が」と言わないんですね。
そのとき有本のお父さんが3回総理に迫ったのは、「認定されてない人がいるでしょ!」と。
「それをどうするんですか?」と。(拍手)
自分の娘が死んだと言われた直後ですよ?
処刑されたんじゃないか?と当時は思っていたわけです。

その時に総理に会った時に仰ったのは、「自分の娘は」じゃなくて、「まだたくさんいるんですよ」と。
「どうするつもりなのか?」と3回質問して、小さな声ですけど総理は「全てのことを踏まえてやります」と。
そうだったですよね?(拍手 「偉いね」の声)
小泉総理に強く強く制裁断行・決断を求めて行きたいと思います。

シンポジウムを終わります。(拍手)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。