2005年05月08日

有本恵子さんを救うぞ!東京集会(2)05.2.10 友愛会館にて

『有本明弘さんのお話』

Img_7911.jpg

皆さんこんばんは。
恵子の父親の有本明弘です。
よろしくお願いします。
ま、家内が言ったとおりの方法で私たちはやってきました。
その中でこの拉致の問題は、一番先に日本の国で国民の皆さんに広まった、分かってきたのが今度のこの子供が北海道の実家に手紙を送ってきたのが、88年の9月なんです。
88年の2月かな?
くらいには共産党は国会で質問してるんです。
(隣の西岡氏より「3月です」の声)
3月か?

そういういきさつもあって、私らの問題も国会へ持って行った。
この時点で政府は拉致されているということは、もうハッキリと分かってるんですよ。
で、それの2年後、その手紙を持っていった明くる年に竹下さんが北朝鮮に対して「前提条件をつけずに話し合う用意がある」と、その一言唐突にしゃべった。
そのときには手紙持っていたところが安倍晋三さんのところやったから、その秘書の飯塚さん言う人とね、その人と話をした。
ちょっと国は動いてくれるのとちゃうか?と。
そういうやり取りをしました、当時はね。

そしてそれから北朝鮮へ行くと言うような政治家が2〜3人名乗りを上げました。
その結果、最終的に残ったのが当時の金丸さんです。
1990年の9月に金丸さんが行くようになったんです。
だから私らはこのときは当然手紙が来てるし。
1年2年前には国会で質問して、政府と共産党の橋本さんとやり取りしてる。
そういう状況をあんのやから、当然外務省と同行する自社、田辺さんと自民党は石井さん、この人が外務省も何べんか折衝を持ってるんです。
当時の新聞にはそういうふうに出てるんです。

だから、当然私は先遣団でむこうに行った議員団は、当然この問題を提起して、あんたとこはこれをどないするんや?と言う折衝は当然やって来るんもんやと思ってた。
当然やらなおかしいんです。
これやってないんです。
だから僕はこれはおかしいやないかと。
スタート時点からおかしいと、追及するんですが。
当然でしょ?

そういうことが全然メディアの情報に載らんのですよ、これ。
取材しとって分かっとるんやからね?もう。
全然載ってないですよ?
もう、僕らは悔しかった。
当然そのときに、先遣団だった議員団が「過去の償いをしましょ」って海部さんの親書まで持っていったんですよ?
でもそれだけでこの拉致の問題は一言も触れずに帰ってきた。
だから今家内が言ったように9月に行った訪朝の、その12月の年末に、警察がこれはマスコミにリークしたと。
僕はそういうふうに解釈してるんです。

だからマスコミが私どものほうへ来るようになった。
裏事情は分かってるからね、私も。
こんな外交しとるから、警察が出てきたな、と。
だから、こっちも腹が決まってるから、もう(名前を)出してもええという判断を決めた。
その前にも何かのときに協力してくれと、毎日の記者とかなり話をして状況も説明しておった。
別にしとこうということやから、私がどこに住んでどんな人間やということは言わなかった。
ただ状況だけを説明して、ここら辺の話になっとると。

文春が来て上がりこんで帰りひん。
そういう事態になってきた時点で毎日の記者に言うて、実はこういう状況になっとるさかいに。
もう本当にしゃあないからうちに呼んで、そんで事情を説明して、そしたらこの毎日が先にば〜んとスクープを出した。
産経さんが一日遅れて付いて、かなり大きな一面トップで出した。
それが今家内が言ったように遠藤というのが出てきて、記者会見を抑えてしまった。
そうした中で私たちは、その遠藤が「ふた月くらい待ってくれたら、必ずいい結果を持ってきます」と言うことを言いよったけども、その人はぜんぜん約束を守れなかった。

そういう時点で北海道のほうの拉致したよど号の嫁さんと二人で写ってる写真があるんですね。
それがまた文春からば〜っと出てきた。
だから、そういう新しい情報が出てきたから、もう一回記者会見したいので協力して欲しいとNHKにお願いしたんです。
そしたら一回出たもんはもうニュース性が無いから協力でけんと、ば〜んと引いてしもうた。
そりゃあ、そんときは腹立つよ。
人間やから。

遠藤とは、そのときにはNHKの神戸の記者・東京の記者、立会いの下に遠藤がどういうこと言うとうか聞いてるのよ?
それでも引いてしまった。
その裏事情は、分からん。
そうして、この問題がもうマスコミが受け付けない、政治家も受け付けない。
それで県なんかへ行ったら、言うて来てくれという部署があります。
そういうとこ行ったって、国のことに関して私らどないもできません、とそんな話。
そういう話、持っていくところがなくて、最終的に共産党いったら、皆嫌いやないですか?誰でもね。(会場笑い声、しかし明弘さん笑わず。会場から笑い声が上がっても明弘さんはお話の最後まで一度も笑わず)

でもそこまで行った、その橋本さんと言う人のところへね。
すでに質問してるんやから。
議事録を後から持ってきてくれて、その議事録を持って行った。
1人だけ行ったんじゃ、これは相手にされないと思うたから、そんなやからブンヤさんもたくさん知ってる。
だからそのときは毎日新聞と産経さんと共同さんか。
この3社の人、3人に一緒に付いてってもうて、共産党の事務所行って議事録も見せてこんなこと質問してると。

田口八重子さんの件も共産党のやつは質問しとるのよ。
当時は該当者もおらんというので、ずっとそのままになってたけど。
ある時点で警察は田口八重子さんのことだと、韓国へ行って実際に国内に親族がおると言うことも。
韓国へ行って金賢姫にこの人やというふうに、写真見せてそれから選ばせて、この人だと国内で実在を発表した。
これもなぜやったか?
これも裏事情いうたらこの遠藤がでて記者会見をばっと抑えてしまった。
私の敗因だったからね。

それからえ〜と、半年経ったか経たんかでしょ?
田口八重子さんのことが明らかにしたのは。
なぜやったか?
私らにしたら、裏事情分かっとるから、遠藤が私らの拉致の問題抑えた。
だから黙っとるしかない問題を警察が新たにぼ〜んと出してきた。
裏事情を推察したら、あ、やったな?と。
何でそう思ったか?言うと、警察もそりゃ何だわ、ずっとわしらに付きっ切りや。
情報収集するからね。
そんなんで拉致の問題を伏せて、あの人等は外交しようとしたんでしょ?そうでしょ?

警察は私らの問題を出してきた。
それを抑えるもんがおったからね。
だから田口八重子さんのもんを出してきた。
これは出してきたもんは警察や言うことは丸分かりだからね、状況から見て。
さすがにこれにはよう手をかけなかった。
そしたら向こうの方からこんなこと言うならやめてやる、とむこうから交渉を打ち切った。
新聞で見たらそうなってると思う。

そのときに私は外務省へ行った。
田口八重子さんのことは出た時点で。
そしたら外務省は外交は田口八重子さんのことで向こうに物言うていきよった。
ほかの事言わんとね。
僕としたら、これはおかしいやないか?国としてはね。
そやから行って「そりゃあんたとこ、これ田口八重子さんのことだけ物言うのはおかしいやないか?」と。
そういうことから始まった。
けんか腰みたいなもんよ、腹ではね。
言葉ではそこそこ物言いよるけどね。

そやから、警察がここまで踏み込んだ以上は、あんたとこはすべての人を名簿を出せとか、それかすぐ帰せとかそれしかないやろと、言ったんです。
当然でしょ?これは、人間として。
そしたら遠藤いうのが一週間も経たんうちに電話がかかってきよった。
「前にいうとった話は生きとるさかいに、まぁ黙っとっててくれ、すぐにそちらへ行きますから」と。
そういうような調子。
拉致というものに関しては裏でいろんな人間がうごめいて、問題を抑えよう抑えようとしていた。
恐ろしい話。

そういう事情で私はこの問題に関しては戦後の60年間の間に、朝鮮総連。
これが日本の国の政治に食い込んできて、どうしようも無いような状況になっとる。
それも分かってきた。
政治家が、拉致の問題を取り上げないのよ。
もう朝鮮総連の影響としか考えられないのよ。

だからそういうことも分かっとったから、え〜っと中山さん。
前の拉致議連の会長の中山さん。
これと一番最初に拉致議連の会長になったとき会うた。
だからそのとき言うた。
僕ひとりじゃなくて、中山さんの親戚同士の付き合いしてると言う支援の人ね、それと大阪の救う会の人と、4ったりで会うた。
私らはそういう思いがあるから、その席で朝鮮総連の人はおかしいと。
それの影響下で政治家はおかしいなっとると言うたら、あの先生どう言うたかと言うと。

あれ、ふたりとも嫁さんみな朝鮮人やねと。
それはじめて聞くことや。
在日の人やと。
中山さんからそういうふうに聞いた。
そこまで言う人やから、ま、これは間違いないやろと、やるんじゃないかと。
これは期待を持った。
でも2〜3遍会うたら、あの人も変わってしまった。

この問題に関しては、どういうルートでそうなるのか分からんけども、まぁ朝鮮総連の力というのは、素晴らしい時代なもんよ。(笑い声)
そうでしょ?
これちょっと話が飛ぶけど、今現在、小泉さんかてこれ怪しいよ?(笑い)
皆さんそう思わない?(拍手)
山崎さん、平沢さん、これ秘密外交にポンと出したのよ?
これバレてもうてマスコミに。

だから僕らは拉致議連の総会に呼ばれて、平沼さんあたりに家族としての意見を言うてくれと言われた。
だから言うた。
そんな秘密外交がバレた以上はこれは白紙に戻すべきだと。
でまあ、平沼さんもその意見も、筋やからね。
で、声明も書いた。
5人の子供連れに行くだけやったら総理が行くべきもんではない、と。
適当な人が行けばいいと。
適当な人がおらなければ私が行きましょうと、そこまで声明文書きよった、出してくれたんや。
そして小泉さんに会うてくれて言うたって、15分しか会わない。
平沼さんは講演でようそういうことも言うてた。

そんな人なのよ、小泉さんは。
誰の話も耳貸さんのよ。(笑い声)
おとろしいよ。(う〜んとうなずく声)
・・・(聞き取れず)さんあたりもつんぼ桟敷よ。
行くときには外務省も全然つんぼ桟敷よ、一言も言うてないのよ?
誰が話いったか?
自分の秘書官、あれ飯島言う人と朝鮮総連の幹部と話をして北朝鮮行ったのよ?
これとんでもない話でしょうが?(拍手)

自民党総裁のすることとちゃうのよ?
これ、言っていいことか?
「自分の任期の間に2年間の間に国交正常化しやないか」と。
これどういうことや?きちがい沙汰や。(拍手)
これに対して自民党が物言わんのよ、これ。

行ったときは選挙あったでしょ?参議院選挙。
それを目指して、え〜と平沢さんが帰ってきて、平沢メモ言うのがマスコミが持っとるのよ。
選挙のときそれが暴露された。
神戸の関西テレビのがね。
参議院選大勝利やと、子供連れて帰ってきたら。
そこまで思うとるのよ?・・・(聞き取れず)(笑い声)
そういうことも思ったけど、議連の総会やからそこまで言われへんがな。
野党の先生も仰山おるんやからね。
そやけど秘密外交がバレた以上はこれはもう白紙に戻すべきやと、当然の話でしょ?

でもそんな向こうも漏れとるんやから、この間の国会え〜、原口言うたかな?
朝鮮外交を政治に利用したと、それぐらいしかしゃべれへん。
この野党が。
おかしいでしょ?
そこまで突っ込んでいって、な、小泉さん引き摺り下ろす、出来るのよ国民の目の前で。
あんたおかしいやろ、自民党総裁やろと。
アメリカと関係を重視するんだったらそういうこと出来へんやろ?と。
返す言葉が無いのよ?
でもやらんのよ、この野党が。(笑い声)

仰山むこうに、世の中いっぱいだめなのがあるのよ。
そういうことしか野党は・・・(聞き取れず)北朝鮮に金正日に迫らなならんでしょ。
そんなこと、有りへんがな。
日本の国の政治状況。
お粗末そのもの。

でも国民の皆様はしっかりしてる。
この2年間ほどの、テレビ映像見て子供帰ってきた。
外務省の外交のやり方見て、もう国民の皆様は正当な判断下してる。
もう80%くらいの人が制裁をやってよろしいという、判断をしてくれてる。
誰がよう判断しないのか?(笑い声と拍手)
ハッキリしないでしょ?
だから私はこの人に一ヶ月でも二ヶ月でも出来るだけ早い時期に、政治の世界から去ってもらう。(笑い声と大きな拍手)
これが誰が言うんや?という今そういう関心でもって見てるんです。
でもやるなら、自民党が選んだ人やからね。
選んだ人たちが降ろすのが筋やろ、と思うてるんやけどね。(拍手)
そこまでの勇気がないんです。

それでもこの問題が国として国民の生命の安全と言うのは、国の一番重要な問題で。
また政治家としても政治の目的とは何か?
地域の人の利害を訴える。
それもひとつあるかも知れんけど、政治家と言うものは、国家と言うものに対しての国民の生命の安全、これが一番の重大な事項なんです。(拍手)
これは第一義に政治の目的としてあげないかん。
これに対して日本の政治家は全然無関心と言うてもいいくらい。
政党もね。
日本の国の政党は全部お払い箱にして更地にして(笑い声と拍手)、大阪で西村先生と懇親会のときに一杯になって越境しようって言われたんや。
有本さん、あんた最右翼やでと。(笑い声)
あの西村先生にこないに言われたんです。

でもそうなんですよ。
拉致の問題に関わってる人は、党派を抜けて皆入ってきてくれてる。
共産党・社会党はよう来いひんけどもね。(笑い声)
だからそういう中で日本の国を変えていかなければならない。
ということは、おかしいことはおかしいと、言う者がおらな改革できない。(拍手)
もっと自由にやらなかったら、私は報道の自由をあてがわれている、名誉な仕事だと常々言ってるんです。
このおかしい状況が出来たのは政治家も悪いけれど、マスコミが一番悪いと。(ひときわ大きな拍手、「そうだ!」の声)

いまだにそれが続いている。
ついこの間ありましたでしょ?
安倍さんがしゃべってる、あの通りなんですよ。
それをこの拉致の問題のシンボルに標的にして、朝日がば〜んと攻撃かけてきた。
これは安倍さんだけでなくて、西村慎吾いうのも防衛政務次官のときにちょっと勇ましいことを言うた。(笑い声)
そしたら朝日が一発ば〜っと来られてしもうた。
もうひとつ、あれはなんやったかな?
ここだけの話や〜!って言うてしゃべった大臣がおる。
それがまた朝日にぱっとやられてやで。
ここだけの話やで〜って言うてるのにやられてもうて(笑い声)
それが今の日本の国の十何年くらいの流れの中の、もう名前が分からんけど2〜3人首が飛んだ人がおります。

そういうような流れの中でず〜っと日本の国を操った。
いまここでそんなことをしとる間がないんですよ、日本の国は。
ひとつに団結せなあかん。
野党も与党も、国民も、マスコミも。
これが全然出来てないんです。
いまやっと国民だけは正直に気が付いて、制裁せいと言うてる。
マスコミはどうか?
そういうマスコミがおって、拉致の問題に一番熱心にやってる人に攻撃かけてきた。
これは恐ろしいことなんですよ?よく考えてみたら。
こんなん、許せる?(拍手)

彼らがどう言うか?
放送法を大上段に振り上げてくるのよ。
これに弱いのよ、政治家が。
絶対にようこれに逆らわない。
これがものすごう強みになる。
だから安倍さんも、朝日新聞にかなり攻撃してるけどね。
5へんも6っぺんも、まぁ文句あるか反吐でもないわ。(笑い)

僕が言いたいのは、私らが小泉さんが帰ってきた時点で私ら小泉さんに面会して、それぞれが思い思いのことを小泉さんにぶつけたのよ。
そのときにマスコミが我々のことを放映したらしい。
私らは現場におったから、どんなことを放映したか知らんのよ。
帰ってきたら、全然。
家族会が小泉さんに噛み付いたって事をいいよった。
それに対して帰った時点で、彼は「官邸サイドから最後まで撮れと指示があった」と、そういう情報が私たちに入ってきた。
神戸に帰った時点でね。

ホントよ。
2〜3日置いて、関西の記者が取材に来よった。
これ、いろいろ話しよったよ?
その関西の記者もそういう話知ってるのよ、関西の記者ね。
だから言うのよ。
そんだけ分かっておったら、あんたらなんで大きくこれを報道せぇへんのや?と。
三社来て三社とも知っておったのよ?
当然でしょ?そんだけ分かっておったらなんで言わへんのや?と。
来るのは皆社会部の人が来よった、取材にね。
「いや政治部の人だからね、私らようとやかく言わへんのや」って、そういう弁解の仕方や。

だからそしたら政治部の官邸記者クラブ。
これが一番おかしいでしょ?
報道の自由を振りかざす限りは、自分たちも報道の倫理を弁えなければ、放送法云々とは言われない。(拍手)
一方的なのよ。
だから、今日は一番言いたいのは官邸の記者クラブ。
これがおかしいのよ。
これ官邸の記者クラブゆうのは朝日新聞は入ってるし、大手は全部入ってるはずなのよ。
これが皆ひとつの談合になって、真実をしゃべってるメディア、ひとつもないのよ。
だから、安倍さんが攻撃されてる。
攻撃するんだったら、あんたら自分らの権利を全うしてるのか?
してないでしょ?これは、誰が考えても。
これは誰が制裁したらいいのよ?(笑い声)

NHKは皆さん制裁できるのよ。(笑い声)
金払わん、言うて。(笑い声)
新聞は(「買わない!」の声)朝日新聞取っとう人は、あるいは朝日新聞取らないと。
それしかないのよ。
だから、NHKを我々の国民のほんまの報道機関として更生させたら、ここは政治家のおかしいとこポンポン突けるわけよ。
政治家は絶対おかしなこと出来ない。

皆政治のおかしいこと、皆隠蔽してきた。
これはやはり力が働いているはずなのよ。
マスコミ言うたら仰山あんのやからね。
思い思い問題に関しては、表現する温度差はそれぞれの特徴があって違いますけども、よう聞かなならんことは言うはずなのよ。
でも肝心なことは国民の前に広げない。
これを正さなければ、日本の国のおかしな状況。
ハッキリ言えば今も言ったように、日本国中ひとつの思いのひとつの旗の下に集まらないかんのよ。
それが出来てないのよ。

この拉致の問題制裁せいと言うたら、制裁しても効果が上がらへんとかどうのこうの、ね。
結果が効くかどうか分からへんとか、そういうやつが出てくるのよ。
今そういうやつが一番テレビに出るのよ。
ぱっと反論して、その場で物言うやつ出て来てないのよ。
そんなもん、制裁効果云々ちゃうのよ。
国としてやらなければならんことは効果があるなしに関わらず、やるしかないのよ。(拍手)
小泉やる気あるのか手ごたえが無い。
でも小泉は絶対やらないよ。
もう行って約束してるからね金正日と、ね、制裁しないと。

だから総理大臣やからね、一国の。
言葉翻す、こんなことはみっともなくて出来ない。
もう、ハッキリ言うて辞めてもらうしかない。(拍手)
この小泉さんは郵政やのうて、この朝鮮外交で辞任してもらう。
これが一番いいのよ。(拍手)
なぜか言うとね。
自分らの仲間内の人の言うことを振り切って、自分の思うたとおりのことをやったのよ。
だから総理大臣言うのは何でも出来るのよ。
法律にこだわらない。
やれることは何でもやるんだ。

だけど、結果が悪ければ、それに対しては政治責任というのが付いて回るのよ。(拍手)
今結果が悪いでしょ? (拍手)
政治責任とらなあかんのよ。
そういう声が日本の国から上がらん言うのがおかしいのよ。
それは国民一人ひとりは皆そない思うてるよ。
でもメディアがしっかりしてくれな!
小泉駄目なのよ!
だからメディアがしっかりしてくれたら、良くなると。

今も言ったように十数年間の姿見てきたら、悪いやつばっかりや。(笑い声)
一番悪いのはメディアやと。(拍手)
メディアはしっかしなあかんと。
そういうことを私はずっと言ってる。
だから外務省の偉い人とも、帰ってきた人とね、皆会うた。
それでいっぺんお話した。
国民の大多数の人は経済制裁せよと言ってる。
日本の多くが口をそろえて、小泉さんの朝鮮外交の口をそろえて変えてもらわなあかん。
経済制裁せよと言ってる人たちは、小泉やめろと一夜にしてこの声に変わるんですよと、外務省の人に俺言いました。
物を言えるところでは、恐れることなく物を言っております。
以上です。(拍手)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。