2005年05月09日

有本恵子さんを救うぞ!東京集会(6)05.2.10 友愛会館にて

『もう一度、有本明弘さんのお話』

私はこの運動長年してきて、結局アメリカと北朝鮮とものすごい緊張感が高まる。
出来るだけ早い時期がええと、そういうような観点でおりましたので、いよいよそういう(時期に)近づいてきたなと思っております。
私の見方は、アメリカの大統領としたら、朝鮮戦争が終わって50年になるんですね?
今度戦わずして韓国がツルル〜〜〜っと北朝鮮に取り込まれてしまった。
これアメリカとしたらどういうふうな気持ちか?
「許さん! 」と、これしかないでしょ?
あれだけの軍事大国が戦わずしてツルル〜〜〜っと飲み込まれよった。
日本の状況もアメリカ皆知っとるよ?
ツルツルツルっと日本もやられてしまうとこまで、アメリカ見とんのよ、これ。

そういうなかで今国民は経済制裁賛成と、ここまで日本の国は変わってきた。
だからアメリカはあの国を、とにかく北朝鮮の金正日を許さんと。
僕はそういうような観点でずっと運動をやってきたから、いよいよ最終的な面に近づいてきたなと。
最終的な面に近づいてきた時点では、向こうは必ず日本の国に脅しをかけてくると。
そういう見方もしとった。
だから脅しをかけて来たら、向こう寄りの人がいっぺんおるの、目に見えきれんけれどね。
これらの人がまた、そういう軟弱な言い方をすると。
それをささんためにも、未来の人がしっかりしてくれたら。
日本の国が一体となって北朝鮮に厳しく迫れる。
そのためにはトップが動いて、今も言ったようにアメリカの核とミサイル、これに拉致もセットして共同で向こうに厳しく迫っていく。
こういう体制を出来るだけ早い時期に構築しておかなければならない。

そうすることはどうすることか?
やはり小泉さんに退いてもらって、テレビタックルでやっておったでしょ?
次の総理大臣は誰か?
安倍さんが圧倒的に多かったのよ。(拍手)
西村眞悟は、「平沼さんや」と。
これしかないんです。(拍手)
これがなぜか?分かりますか?

安倍さんはこのおかしな自民党、これを説得する側に立たなければならない。
そして朝鮮半島が傾いた時点でその公式によって、(総理に)なる。(くすくす笑い)
だから今は平沼さんをやったら、これ野党挙党体制が出来るのよ?(くすくす笑い)
これしかないんですよ?
日本の国、政治家ひとつになる。
もう国民はひとつになってるのやからね。
やれと。
こういう体制を早急に構築せねばならない。

だから、小泉さん辞めてもらうしかないのよ。(拍手 「その通り!」の声)
小泉さんが任期までおって国民の大半がね、自民党をぶっ壊す言うた人に物凄い声援を送ってるのよ。
国民はみなそんな考えをもっとるのよ。
自民党も、と言うことは支持ないのよ。
だから国民の信頼を得る、こういう人というのは、やはりこの「制裁せい」と言う人の期待に応える。
こういう体制を自民党が作らねばならない。
これしかないのよ自民党は。
政権の座に着こうと思えば。
だからそれだったら小泉さん、任期までやらさしたらいかんのよ。(拍手)
すぐに辞めてもらう。
その平沼さん、挙党体制を作って、朝鮮半島が片付くまではこれでいくんだと。
これみんな国民賛成してくれるよ?(拍手)
それしかないのよ。

わしら自民党一本でおる。
え〜〜と、中二階いうとったけどな。
4階5階の連中、これみんな朝鮮総連にやられてもうとる。
だからこの状況が生まれて来とる。
なぜか?
朝鮮総連を、一言で「困ってるんやから助けたる」と、1兆何千億もの税金を注ぎ込んでしもた。
それと朝鮮総連を手入れする。
これ情報が漏れてもうて、行ったらダンボールに2〜3杯にしか資料がなかった。
これで終わってるのよ?
そんなおかしいことないですよ?

朝鮮総連のトップ引っ張ってきて、「どこに隠したんや?」と、泥を吐かせる。
これしかないのよ?
何もやってないのよ?
やろうとしたのか、やらされなかったか。
とにかく我々の眼から見たら、とんでもない話でぶん殴ってやりたい。
そういう思いでわしらは朝鮮総連の問題に関しては見とる。
そういうような・・・
(「はい、ありがとうございました」の司会者の声。西岡氏時計を指して「時間です」の合図)
(会場内、拍手と笑い)

8時55分に集会終了


この記事へのコメント
ぴろんさん、連日のテキストおこし本当にお疲れ様です。いやあ、有本のおとっつあん、最高ですね。これおこすの大変だったでしょう?(笑)
でも、まるでおとっつあんが目の前で話して下さっているような気になるほど、お人柄が伝わって来ます。
今後も無理せず更新して下さい。
期待して待っております。
Posted by ろぐ at 2005年05月09日 18:17
お褒めに預かり恐れ入ります。
早口の方と、お国言葉の強い方は文字に起こすのが一苦労ですね。
早紀江さん、拓也さん、増元さんあたりもお話のスピードが速いので、ついて行くのにいつも四苦八苦しております。
それでもなるべく集会のリアリティを感じられるように、と言うのが私のテキスト化のポリシーなので、発言者の雰囲気が少しでも伝われば嬉しく思います。

少し休んで英気も養われましたので、曾我さんの集会も張り切って駆けつけようと思っております。
遠方でお仕事でなかなか集会へ行けない方。
テキストで集会の模様をお届けしますので、今しばらくお待ちになってください。
Posted by ぴろん at 2005年05月10日 10:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。