2005年05月10日

市川修一さんを救うぞ!東京集会(3)05.3.10 友愛会館にて

『西岡力副会長のお話』

こんばんは。(会場より「こんばんは」の声)
今日せっかく増元さんに来ていただきましたので、この前ここでも話していただいたんですが。
祐木子さんから聞いている結婚の日付のことついてですね。
市川さんが79年の9月に死んだというのは明確に間違っているという情報がありますので。
そのことについて増元さんからちょっとお話をしてもらいたいと思います。

(増元氏壇上に上がる)

『増元照明家族会事務局次長のお話』

Img_8284.jpg

こんばんは。(「こんばんは」の声)
あの〜、結婚の日付けなんですけれど。
あれは第3回実務者協議が(平壌へ)行く・・・政府関係者、支援室・外務省が行く直前ですね。
家族会の皆さんが集まるときに、支援室の方から「こういう話があるですが、ご存知でしたか?」と言うことを言われました。

すなわち、祐木子さんが増元るみ子さんと一緒に暮らしていたのは79年の10月までなんです。
「そういう話をお聞きになっていますか?」と言うから、「それは知りませんでした」というふうに私は申し上げました。
私たちが祐木子さんに最初に会ったときはそのような事はおっしゃっていませんでした。
ただ「るみちゃんとは一緒にいました」
そして「るみちゃんは非常に朝鮮語の歌を覚えるのが早くて、裏山でよく泣いていました」ということを私は聞きました。
それが2002年の12月です。

2003年の5月に姉(=長姉・平野フミ子さん)が今度祐木子さんと会って、姉(=次姉・るみ子さん)はどうやって南浦に入ったか、南浦に着いた時に姉(=るみ子さん)がどういう状態だったか、そして北朝鮮での暮らしを聞いてたようですが。
姉(=フミ子さん)も「いつまで一緒に暮らしていたか?」と言うのは聞いてなかったようでしたので、本当にびっくりしまして。
「そういう話は知りませんでした」というふうに申し上げました。

第3回実務者協議で「北朝鮮サイドがもし結婚の日付を変えてこなかったら、この祐木子さんの証言をぶつけていいですか?」と言うから、「もちろん、どんどんどんどんぶつけてください」と申し上げたんですが。
家族の一応了解を得ないと使えないということを言っておられましたけど。
私は家族の了解というよりも、救出するために必要な日付であればどんどん使ってもらいたいという気持ちでおりましたので、そうやって申し上げたんですが。

その(日本側からるみ子さんと祐木子さんが)10月まで一緒にいたというのを聞いて、実務者協議の(北朝鮮側の)回答が4月20日というふうに最初言っていた結婚の日取りを7月20日に変えてきた。
でも10月まで一緒に暮らしていたというのになんで7月に変えてきたんだろう?と。
全然意味が分からないわけです。
どうして分かるような嘘を。
わざわざ4月20日の結婚日を7月20日といって、間違えて記述しましたとわざわざ言ってきたわけですよね?
意味が無いじゃないですか?

私たちにとってはいつ結婚したか分からないし、確定付けることも出来ないのに。
わざわざ7月20日と言って来た。
こちらサイドでは(るみ子さんと祐木子さんが)10月までは一緒だったから当然結婚してないという。
それまでは結婚してないという情報ですから。
全然意味が分からなかったんですけど。

こちらでよく考えてみるとこれしかないなと思ってるんです。
だいたい2002年9月17日以前、とにかく「8人死亡5人生存2人未入境」という、この方法で日本政府と決着をつけますというふうに金正日の許しを請うた。
で金正日は「それでいいですよ」という風に言って。
その今状況をずっと続けているわけですけども。

市川さんは9月4日に亡くなったといってる。
しかもその時には結婚してた、といってますので。
つまりそれ以前に結婚させておかなゃきゃまずい訳ですね。
10月以降に結婚しているというと、(北朝鮮が出してきた証言を)ガラッと変えなきゃいけない。
(西岡氏の声「海水浴を11月にしなくちゃいけない」)
向こうの証言、言ったことをガラッと変えなきゃいけないので。

横田めぐみちゃんについてはガラッと変えるだけの、多分金正日は許可をするんでしょうけども。
その他、田口八重子さんにしても私の姉にしても市川修一さんにしても、多分有本恵子さんにしても、いちいちそれを変えるっていう、今その一点集中は横田家ですから。
あの当時もそうでしょうけども。

ですから瑣末なことでいちいちまた金正日に「こうやってこうします」ということは出来なかったんでしょう。
ですからあのまま通さなきゃいけない。
9月4日に市川さんは死んだことにしなければいけない。
その前に結婚してたことにしなければいけないから。
祐木子さんが10月まで一緒に暮らしていたのは、当然北朝鮮は記録が残っているから知ってるでしょうけれども。
あえて7月20日に結婚した、ということにしたんじゃないか?と言う風に理解しています。(拍手)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。