2005年05月11日

市川修一さんを救うぞ!東京集会(6)05.3.10 友愛会館にて

『横田早紀江さんのお話』

Img_8305.jpg

こんばんは。(拍手)
いつもご支援ありがとうございます
特になにかお話と言われてもあれなんですが、今日は市川さんのお話をお聞きしまして。
特にお母様の着物の話を聞きまして。
本当にもうどんな思いでその着物を抱きしめていらしただろうなぁと、涙があふれてなりませんでした。

私もやはりそのような時代の者ですから、もう母はおりませんけれども。
今日見せてくださいましたような着物を、就職しました時とか、そのつどやはり母に反物を買ってプレゼントしたことを思い出しながら。
本当に親子の思いというのは、どこでも同じなんだなぁという思いで聞かせていただきました。
本当に早くお母様が元気な間にその思い出の着物をね、着て。
そして修一さんが「あぁ僕の贈った着物を、お母さん忘れないで着てくれたんだ」と思って。
タラップの上から降りてきてお母さんと抱き合われる日が本当に早く。

こんなに長いこと待たされることは許せないことなんです。
考えてみてもね。
いつまでも、いつまでも、いつまでも家族がね。
こんな風に全国駆け巡って皆さんにお話しすることも大事なんですけど。
「もういいですよ」と。
「私たちが責任ですから」
「国を負う者がやるんですから」って、本当に言っていただきたいと思うんです。
政府の方には率先して、何も言わなくても一生懸命に本気で取り返す算段をやっていただきたいと思っています。

私たちはまだまだ元気でがんばれますので一生懸命にまたお話させていただきますけども。
本当にどうか皆様方の目を政府に向けて。
間違った外交をしていないか、どんな思いをしてやっているのかと言うことをしっかりと見ていただいて。
また誉めていただいて、見守っていただきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いします。(拍手)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。