2005年05月12日

市川修一さんを救うぞ!東京集会(7)05.3.10 友愛会館にて

『飯塚繁雄家族会副代表のお話』

Img_8311.jpg

皆様こんばんは。(「こんばんは」の声)
いつもながら大変ご熱心な、集会に来ていただきましてありがとうございます。

今日たまたまですけども、参議院の内閣委員会が開かれまして、私と増元さんで傍聴に行きました。
質問はですね、民主党の森ゆうこさんですね。
この方がハッキリと質問しておりました。
本当に偶然と言うか、もちろん察しておるんですけども、今日たまたま私たちが申し入れた内容、全くそのとおり質問を強く行ってました。

ひとつは人権教育問題。
これをきちっと基本計画に入れなさいという話。
これについては官房長官がですね。
官僚的な回答で「盛り込むように検討します」と、言うことしか言っておりません。
これは今かなり論議が高まってますので、かなり突っ込んだ論議がされると思います。

我々がいつも発信してる「拉致問題解決のためには経済制裁しかない」と。
こういう意見をですね、ハッキリといいまして。
「いわゆるこの問題の一番大きな有効なカードとして今持ってるわけですけども、このカードを無効にするんですか?」と、言うような強い話し方で話しておりました。
「経済制裁ということは世論も支持しているし、いろんな国会議員・その他も支持してる。こういう中で官邸としてはどうするんですか?」と。
「やるんですか?やらないんですか?」と言うような強い質問を行ったわけですけども。

これについても官房長官はハッキリと明言はしておりません。
結論から言いますと、「北の対応は確かに不誠実なものだ、それは我々も感じている」と。
「しかしながらやっぱり対話が出来る状態にしておかなければならない」(薄笑いの声)
「そのようにこれからも努力する」
「多少の忍耐は必要である」(会場内、あきれたようなどよめき)
そんな言葉ばかり出るのかと思うと我々もがっかりするんですけども。
当の質問した森ゆうこさんも私たちに謝ってました。
「こんな回答しか出せなかった、今日は。申し訳ない」と言ってましたけど。

結局いろんな状況を判断して、例えばアメリカのパウエルさんベーカーさん、この辺の話がですね、ありましたけれども。
「必ずしも一国だけで制裁しても効果はないだろう」と言うような話をしてましてね。
で、我々としてはそうではないんですね。
もちろんも森さんも言ってましたけども。
日本が率先して怒ってる、経済制裁という有効なカードを切って、ハッキリとした強いメッセージを送らなければいけないと。
そうしなければ外国諸国もついてこないと、こういう考え方からハッキリ追求しておりました。

日本も今まで3回くらい制裁をしたという話も聞きましたけども。
ラングーンの事件、大韓航空機、それからテポドンが太平洋に落っこった。
このときにしたようなんですけども
その結果は私たちはっきり聞いてませんが、そういった経験はあるわけです
従って「この経済制裁を何とでもすべきだ」と、あくまでも強い態度で迫っておりましたし。
「拉致被害者の家族の人たちに座り込みまでさせるんですか?」と言うようなことも言っておりましたね。
ですから例えば24日に集会をやりますけども、その前にきちっとした態度を出しなさい、と言うことだったと思います。

それからですね、特定失踪者の問題につきましても。
何人かがすでに認定されてもいいと、いうような状況の人がおります。
これについては即認定せよという話もしたんですけども。
やっぱりここはですね、逃げました。
官房長官曰く、「証拠がない」(あきれたどよめきの声)
「証拠がない以上認定できない」と。
まあ「だけれども、これから鋭意一件一件調査します」(あきれたどよめき、野次の声)
同じ議員の中でそういう野次も出ましたけども、「もっと突っ込め〜!」とかね
非常にそういう意味ではこの委員会この拉致については盛り上がっていましたし。
たまたま私と増元さんが入って来た時にすぐ察知して、「今日は家族会の飯塚さんと増元さんも来ております」と。
言うようなハッキリといいまして、その場の雰囲気も高めておりましたけども。

大体そういう内容なんですが。
いずれにしてもいろんな方面から経済制裁につきましては実行可能な場面になってきてるわけです。
ただ一人我が総理がですね、なかなか首を縦に振らないのが非常に残念ですけども。
これからは集会のテーマにあるように小泉さん自身に迫って行くと。
言うような形をとらざるを得ないと思っております。
補足については増元さんの方からお話があると思いますが、以上です。
どうもありがとうございました。(拍手)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。