2005年05月12日

市川修一さんを救うぞ!東京集会(10)05.3.10 友愛会館にて

『質疑応答』

質問者1
先ほど北朝鮮の工作員が「拉致をしたのは俺だ」とかそういう話でございましたけど。
彼らは朝鮮語でなんと言うふうに拉致を読んでるんですか?
それとも誘拐というふうなニュアンスなんでしょうか?
言葉はどんな言葉でしょうか?

回答 西岡氏
ラチ、拉致と言う言葉は使ってますね?
ラチ、ラチ・・・拉致ですね。

質問者1
同じですか?多少は悪いことだという意識はあるわけですね?

回答 西岡氏
と言うより、拉致というのは科目があるんです。(会場内 どよめき)
政治軍事大学に。
拉致がテロかどうかと言うことを日本で議論してるときに、「馬鹿なことを言うんじゃない」と安明進に怒られたんですけど。
テロリスト養成学校の必修科目にあるのに何で拉致がテロじゃないんだと。(笑い声)
それで安さんも拉致をされたこともあるし、したこともあると。
拉致演習です、実技、政治軍事大学の教官を誰か一人拉致して来い!とか、学生を拉致して来いとか。
安さんも拉致されたこともある。
それから社会に出て行ってですね、地方の党の幹部を拉致して来いという実習もあるんだそうです。
それはやってみたことがある、と言うことですね。
拉致という言葉はかなり沢山よく使われています。

回答 平田氏
日本人が想像も出来ないような異常な状態なんですね。
先ほどの大学の船も卒業旅行で勝手に日本に来るんですから。

質問者2
私せいぜい今日が3回目ですので偉いことは言えませんけども。
救う会の企画でこのように家族とか直にお話を聞く機会を与えてもらったこと、大変有意義だったと思います。
まずはそれを感謝します。
質問を受け付けられましたので 私の言い分はもう達せられたんですが。
過去2回の時にはこういった質問時間が、何か言ってもいい時間が設けられていませんでしたので、せっかく家族も目の前にしてるんですから、励ましの言葉ですとか。
あるいはまた西岡さんもいらっしゃる、平田さんもいらっしゃる。
それじゃあ教えて欲しいこと、疑問に思うことをこの際聞きたいという方もいらっしゃる。
そういった時間を設けて欲しかったなぁ、ということです。(笑いと拍手)
(平田氏 「ありがとうございました」)

質問者3
経済制裁のことでいろいろ出てますけども、私昨日インターネットでちょっと見たんですが。
北朝鮮は今度薬品で外貨稼ぎをやってると言うのをちょっと実は聞いたんですよ。
(西岡氏 「薬品?」)
薬品、薬品。
結局バイアグラとかあれなんだけど、これ見た時非常にこれびっくりしちゃったんですよね?
(平田氏 「覚せい剤とかじゃない薬品ですね?麻薬とか?」)
バイアグラとか、インフルエンザの万能薬とかなんですよ。
余計なこと言っちゃって申し訳ないんですけども、これ見てやつらも考えてるなという、関心はしてられないけれどね。
ちょっとこれ言いたくてお話したんですが。

司会者 平田氏
ありがとうございました、後で出所をぜひ教えてください。

質問者4
西岡さんにちょっとお聞きしたいんですが、金国石という工作員がいますよね?
あの・・・の中で市川さんについての話が出てきますが。
金国石に対してはどういうふうな評価なんでしょうか?
ちょっとここの中では出なかったんですが、彼自身は市川さんと増元さん斉藤さんを見たと本に書いてますが、信憑性というのはどうなんでしょうか?(一部聞き取れず)

回答 西岡氏
彼は馬東煕(マドンヒ)大学に通っていたことがあるとか言ってるんですけれども。
彼が馬東煕大学に通っていたと言う事実が確認できないんですね。
で、あの、ちょっと、なかなか難しいなぁと。
言ってることの矛盾もかなりありまして、こういうところで取り上げる段階の情報じゃない。

質問者5
今日の申し入れの中の人権教育の関係ですが。
諸刃の剣にならないかな?という心配があるものですから、その点だけひとつ十分ご留意いただいてやっていただきたいというふうに思うんです。
(西岡氏 「どういう意味ですか?具体的に?」)
外国人の人権を守るとかというようなことが、例えば北朝鮮とか中国の人たちの人権を守ることにつながるようなところに悪用される危険性があるんじゃないのか?と。
(西岡氏 「いや、もうすでに基本計画の中に外国人という項目はあるんですけども」)
ありますからこの項目を使うのは怖いんです。

回答 西岡氏
というより、拉致という項目は無いんです。
それはちょっと余りにもおかしいんじゃないか?と言うことなんです。
外国人と言う項目はあるのに日本の中にいる外国人の人権も守られるべきものと思いますけど。
外国人によって日本人の人権が犯されていることについてはやらないで。
日本人が犯したことだけをやるのは日本の教育としてはおかしいことだと思いますので。
その他と言うところに若干入れられるとか、いまでも白書なんかではその他に入れているですけど、なぜその他なのか?

一項目きちんと、日本人が犯されていることについても、日本人が犯していることだけを取り上げるというのは、一方的過ぎると思いますので趣旨は良く分かりますけども。
今の計画の物は、多数派の日本人はいつも人権侵害を犯すと言うのが前提であるような格好になっちゃってますので。
しかし、市川さんにしても増元さんにしても普通の日本人だったわけですよね?
普通の日本人が普通にデートをしてたり通学路歩いてたら、ひどい人権侵害にあって今もそれが終わってないと。
そのことについて重大な人権侵害として、学校教育でもっとちゃんと教えてもらわなくちゃいけませんし。
じゃあなんでこんなことが行われているのかと・・・

質問者5
趣旨は良く分かってるのです。
趣旨はよく分かってるんですが、実行する人たち、その教育をする人たちが怖いもんですから。
それでその点は十分気をつけていただきたいと。

回答 平田氏
逆にいままで20年30年人権と言う概念は、同じようなイデオロギーの人たちが関わってこられている中で。
実はそうではない人たちも人権委員会の中におられて、拉致問題と言う項目が入れば全く違う切り口で人権という問題を取り扱えると。
しかしその文字が無いので、なかなか積極的に拉致問題を取り扱うことが出来ないし、予算も付かない。
その意味でぜひ文字として基本計画の入ってくれば自治体もやりやすいと言うようなニーズを受けての反応でございます。

質問者6
西岡さんに質問です。
北朝鮮の・・・・・・国会が延期されてますけど。
北朝鮮も潰れる潰れると言いながらなかなか潰れないんですけど、残念なことに。
現段階でかなり動揺が来てると思うんですが、でも誰も見たわけじゃないから正確なことも分からないんですけど。
現段階で北朝鮮の国内体制ははどれくらいいけるか、どうなってるんでしょうか?(一部聞き取れず)

回答 西岡氏
見ても分からないんですね?(笑い声)
金正日の心臓が動いてるかどうかということにつながるわけですけども。
私は北朝鮮の体制と言うのは1995年以降大きく変わってですね。
一言で言えばアウシュビッツの収容所になってしまったと。
国全体がですね。
配給止めちゃったわけですね。

社会主義っていうのは主食は国家が補償するわけですね。
しかしその国家の補償を戦争が始まってもいないうちに止めちゃったんですね。
だけどもそれで結果として300万人以上の人が死んだんですけど、真面目な人が死んだんですね。
党や金正日のことを信用している人たちが死んでいったんですね。
闇を出来る人たちが生き残ったと。
不正をする人だけが生き残ったという、そういうことですけども。
しかし収容所の中でアウシュビッツの収容所の中では、収容所に入れられたユダヤ人が死んでも誰も責任は取らなくていいんですね。

ただ問題は反乱が起きた時。
反乱が起きないためには、厳しい監視をしているわけですね。
ですから外部から援助がくればですね、逃げられないための高圧電線の電気になるとか。
反乱起こしたときにその人間を殺す銃を買うとか。
管理兵がお腹一杯食べて元気になって、見張れるようになると。
外部からの95年以降の援助と言うのはそういう風に使われているわけです。
言って見れば軍と政治警察が横取りしてるわけです。
その一部が闇市に流れてます。
高値でお金持ってる人だけが買えるという、構造になってるんですけども。

大きな変化としては洗脳は解けてます。
金正日が神様だとかそういうふうに思ってる人は、どんどんどんどん少なくなってます。
目の前でばたばた家族が死んでるんですから、金正日の時代になったら家族が死んだと。
分かりやすいんですね。
金日成の時代は配給は来てたんですね。
金正日になったら止まったんですね。
そしたら家族が死んだんですね。

これはアメリカのせいだってなかなか言えないんですね。
アメリカのせいだって言ってますけどね。
そしてもうひとつ韓国が豊かだということをほとんどの人が分かり始めてる。
機会があれば韓国に逃げられればいいなと思ってる。
もっとインテリの人は韓国はしかし左傾してると分かってきて、逃げるならアメリカへ逃げたいと思ってるんですが。

しかし洗脳は解けてきて情報は入ってきてる。
しかしむき出しの暴力はまだ機能していて、逆らったらば家族連座制で殺されるという部分はまだ壊れていない。
国家なのに配給は止めておいて、しかし逆らったら殺すと。
そういう状態になって10年経ったんですね。
ただしこういうことをやってるとですね、恨みを買うんですね。
家族連座制で殺された人たちや収容所に入れられた人たち、高官でもどんどん粛清されてますよね?
粛清は多いです。
軍の幹部とか政治警察の幹部で、かなりの人間が金正日時代になってから飛ばされたり公開処刑されたりしています。

ごく最近入って来たニュースでも、3月1日に国境地域で公開処刑が行われてます。
もう銃声を見せるしか人民を統制する方法は無いというふうになってます。
しかし殺された人たちは隙があったら何とか反乱を起こしてやろうと、金正日を倒してやろうと思うわけです。
そういう人たちがどんどん増えて来ていることも確かです。

最近韓国へ亡命してきた人たちに話を聞いたんですけど、北朝鮮問題を理解するんだったらば、第一の事がある。
それは金正日が逃げ隠れしていることだと。
自分がどこにいるか誰にも絶対教えない。
いつも隠れながら軍隊などを訪問してると。
誰にも教えてないんですよ?と、国内でも。
誰も信用できないんですよと、彼は。

しかし周りの人間が誰か逆らったら殺すシステムだけが維持されているので、あの国家は維持されている。
周りの人間が誰か逆らったら殺すシステムを支えているのは、外国からの援助なんだと。
日本と韓国と中国から行ってるわけです。
日本は最近止めてますけどね。
しかし韓国や中国がまだ出してる。
だから政治警察が機能してるわけです。
そこがどうなのか?と言うこと一点にかかってるわけですけども。

最高首脳部の動揺が来てるのは事実ですね。
ということと、金正日がいつ暗殺されるか?
動揺が来てると言う事と金正日が暗殺されるということは、必要条件ではありますけども十分条件ではないですから。
暗殺未遂事件は沢山起きてます。
それは事実です。
しかし皆失敗してます、今のところ。
というのが現状であって。

もうひとつ大きな変数は、韓国ですね。
韓国が今思想的に内戦状態で真っ二つに割れてるわけですね。
親米そして日本との友好関係を重視して、自由民主主義で金正日と戦おうという勢力が国の半分くらい。
半分くらいが反米・親金正日・反日ですね。
そして親中ですね。
真っ二つに割れて、今思想的には内戦状態で、いつそれが暴力騒ぎになるかどうか?という状況になっていまして。

実はさっきもちょっと電話がかかって来たのは。
櫻井よしこさんが先月号の文芸春秋で韓国の状況についてレポートを書いたんですが。
そこにこの間国際集会にも来てくれた金文洙君と、それからニューライトーントって言って、韓国で過激な左派運動やってる人でその後転向して北朝鮮民主化運動やってる人たちがいるんですけど。
その代表にインタビューをして日本の靖国問題についてですね。
若干理解があるような発言をしたと言うトーンで、櫻井さんが書いんですが。
それが韓国のハンギョレ新聞っていう新聞が大問題だって書いて、櫻井さんに書かれた人たちを糾弾する記事を書いて、その人たちが今釈明をしてるという状況が起きていまして。

つまり北朝鮮の側は日韓が連帯してもらっちゃ困る。
収容所にいる人たちを助けようと思う日本人も韓国人もいるわけです。
アメリカ人もいるわけです。
でも、50年前何が起きたのかとか、60年前に何が起きたのかということで意見の対立をさせて。
今苦しんでる人を助けるという事の仲間割れを起こさせようとしている。
私は人権派に強く言いたいのは、人権が大切だと言うならば今苦しんでる人を助けるのが先決じゃないのか? (拍手)
50年前60年前に人権侵害されたから、そのことについて謝罪しろ保障しろと言う議論をしてもいいと思いますけど、その人たちを助けに行けないんですよ、タイムマシーンが無いんだから。

今苦しんでる北朝鮮の人たちや韓国人の拉致被害者・日本の拉致被害者は、今我々が頑張れば助けられるんですよね?(拍手)
人権侵害の後を止めてから後、歴史評価をすればいいんであって。
人権を本当に大切にしてるのなら、今目の前でアウシュビッツより酷いことがこの10年間行われているわけですよ。
配給が止められてしまって、人々を、逆らう人間を殺すということをやってるんですから。
そういうところに拉致被害者もいて、自国民を大切にしない国家ってのは他国民に対してもテロをするんですよ。
金正日の人権侵害は北の人間にとっても韓国の人間にとっても日本人にとっても敵なんですよ。
というふうに考えて。
日韓のナショナリズムの対立と言うことを煽って、自分たちに対する批判を弱めようとしている金正日の策動に乗ってはいけないと、思ってるんですよね。

そのためにはですね。
韓国人にいつもずっと言ってることなんですが「歴史認識は一致しない!」と言うことで一致しよう。(笑い声)
お互いの歴史認識について自分と違ってるからけしからんと言うから駄目なんだ。
保守派は自分の国に誇りを持ってますから、お互い会うと喧嘩になる、どうしても。
竹島問題なんかなるんです。
でもそれは民族が違えば歴史認識も違ってるんだ、違っていいんだ。
相手の教科書を自分の同じ教科書にしようとか、お互いに言うのを止めようと。
それだけ一致すれば、目の前の金正日という人権侵害者と戦えるじゃないかと。
まぁ、そんなことを言ってるんですけど。
何の話をしてるんでしたっけ?(笑い声 拍手)
北の今の状況でしたね?

司会者より 
ありがとうございました。
(集会終了)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。