2005年05月20日

曽我ミヨシさんを救うぞ!東京集会(19)05.5.12 豊島公会堂にて

『最後にもう一度、曽我ひとみさんのお話』
『西岡氏より、今後の予定など』


Img_9210.jpg

※西岡さん
先ほど曾我さんが日本人の後ろ姿をみたという話はちょっと大事なことだと思うので、もう一回言える範囲で良いのでお聞きしたいんですけれども。
つまり、平壌に着いて、めぐみさんに会う前、78年の8月15日以降何日だか覚えていらっしゃいますか?

☆曾我ひとみさん
16日か17日。

※西岡さん
16日か17日。どういうところでどういう風に見たんですか?

☆曾我ひとみさん
その時、遊園地の近く。

※西岡さん
遊園地の近くで後ろ姿を?二人?一緒にいた二人?

☆曾我ひとみさん
そうです。

※西岡さん
それが日本人だとわかった理由は何?

☆曾我ひとみさん
別に、あれなんですけど、その時ほんとはこう会ってはいけないというようになってたみたいで、周りにいた指導員がすごくあわてていたんで。
私の勝手な想像ですけども、もしかしたら私と同じような形で来た人なのかな〜?と。
そうじゃなかったら、別に指導員があわてる理由もないだろうし。
そういうことで。

※西岡さん
年格好は覚えてますか?

☆曾我ひとみさん
若いです。
二人ともね若いです、二十歳?

※西岡さん
ありがとうございました。
時間は午前午後?

☆曾我ひとみさん
午後だったような気がしますけれど。
昼間だったと思います。

※西岡さん
ありがとうございました。
2人。
増元さん達はすぐに一緒にされていないでしょうし、蓮池さん達も、地村さん達も別々に男女されていましたから。
そうすると、別の人がまたいたのか?
すでに一緒にされていて、夫婦にされていたり、会わせることが出来るようになっていた特定失踪者の人か、あるいはまだ明らかになっていない人がいたのか?そう言う可能性が。

Img_9211.jpg

☆有本明弘さん
何百という人がかいるんやから、そりゃもう・・・

※西岡さん
今後のことをお話しして終わりたいと思います。
万景峰号がついに又入ってくることになりました。
保険にちゃんと入っていると言うことを認めるということで。
それも政府が認めた保険会社ではない保険会社なのに、(入港を)認めてしまったと言うことがありまして。

もちろん、特定船舶入港禁止法案があるのですから、それを発動すれば、万景峰号は入ってこれないんですが、5月18日に入ってきます。
私達は家族会と救う会と拉致議連で新潟の埠頭で抗議集会をします。
是非参加できる方は(参加してください。)
あるいは国交省に電話してください。
「なんで、こんな事認めたのか」と。そして官邸に「なんで万景峰号はこんなに自由に入ってこれるのか」と。
「めぐみさんや曾我さんのお母さんは帰ってこれないじゃないか」と抗議の声をあげて頂きたいと思います。

それから田中実さんが(拉致と)認定されましたが、連続集会で6月9日第二木曜「田中実さんを救うぞ東京集会」を開きます。
田中実さんの家族は今出られる方がいらっしゃらないんですが、田中実さんを高校時代に教えていた恩師の先生がいらっしゃって田中さんのことについてお話しして頂けるんじゃないかと。
それから、救う会兵庫のメンバーがきて田中実さん事件について詳しく説明してくれる予定になっています。
6月9日6時半から開場は元に戻しまして友愛会館の大会議室です。

それから、田中さんの拉致認定がされましたが、田中さんとほぼ同じ、あるいは田中さんよりもっと確実ではないかと思われる小住健三さんという方がいます。
実は小住健三の名前で、北朝鮮のパクという工作員がパスポートをとって、何回も出国しているんです。
そしてそのパクという工作員を日本の警察は指名手配したんです。
つまり拉致犯人がわかっていて、指名手配までしているんです。
海外に逃げてしまったんですが、小住さんはいないわけなんです。
原さん拉致と同じ形ななんですね。それなのにまだ認定されていないんですね。
函館出身でいらっしゃるので、北海道で、6月に、できれば5日と思っています。
まだわからないんですが、6月中に一度北海道で「小住健三さんを救うぞ集会」救う会北海道と一緒にやろうと思っています。
家族会も救う会も全力を尽くして小住さんのことを訴えていきたいと思っております。

そして、6月24日になります。
4月24日に国民大集会をした理由はご承知のとおり、12月24日に日本政府が官房長官の談話を通じて北朝鮮に対して
「迅速で誠実な対応をしなさい。それをしないと厳しい対応をする」
と制裁の予告をして4ヶ月だということで、何故しないんだという意味で4月24日(国民大集会)をしたわけですが、6月24日になりますと半年になります。
半年というのは日本語で「迅速」という範囲に入るのかと?

6月24日までにもしも制裁が全く発動されていないのであれば、我々も「座り込みも辞さない覚悟」と公言しておりますけれども、後ろのない覚悟で何らかの行動をとらなければいけないなと、今話し合っているところでございます。(大きな拍手)

ちょうど安保理事会の議論や核問題も、6月24日になると輪郭がだんだん出てくると思います。核問題の突風の中で拉致問題が吹き飛ばされないようにするためにも、佐藤会長が今申し上げましたように、拉致を理由とする制裁は絶対不可欠だと思っております。

その為に6月24日に向かっていろんな事をしていきたいと思っております。
まず5月24日、5ヶ月目に記者会見をするか、街頭行動をするかしたいと思っておりますけれど。
みなさんも24日ごとに思い出して頂いて、
「制裁を予告してもうすぐ5ヶ月が過ぎようとしている、何で制裁をしないんだ」
と、継続して政府に小泉総理に訴えていきたいと思っておりますので、ご協力をよろしくお願いします。(拍手)

今日はわざわざ、佐渡からお母さんの救出のために曾我ひとみさんがきてくださいました。
曾我ミヨシさんを、全力を尽くして私達の手で取り戻そうという決意を込めて感謝の拍手をしたいと思います。(盛大な拍手)

☆曾我ひとみさん
ありがとうございます。
これからも皆様方のお力をお借りして、みんなが元気で帰ってくる日のために一生懸命頑張ります。皆さんよろしくお願いいたします。

※西岡さん
ありがとうございました。
(会場より「曽我さん頑張って!」の声)

・・・集会終了・・・

・・・・・・・・・・
このエントリーのテキスト化は金木犀様の手によるものです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。