2007年04月15日

07.3.10 家族の訴え 東京連続集会26(7)友愛会館にて

6者協議と日本の対応 東京連続集会26
07.3.10 友愛会館にて

『家族の訴え』



★西岡力 救う会常任副会長

後10分くらいありますので、今日は地方から家族の方もたくさん来ていますので何かありましたら一言。
じゃあ、有本さんどうぞ。

★有本明弘さん(有本恵子さんの父)

え〜、あのね。
今壇上の先生方の仰った。
皆さん大体感じておられると思いますけども、私もあまり長いことしゃべったら怒られるかもしれないけれど、その代わり安倍さんの姿勢は皆さんご存知と思います。
私らは朝鮮半島の解決、あれは安倍さんでなければならないとそう言うふうに思っています。
だから安倍総理と言うよりも私は安倍・・・(聞き取れず)になって欲しい。(笑い声)
独裁。
これを国民全部が支持して独裁の政治を安倍さんにやってもらいたい。(笑い声)
そうでなければとてもじゃないが、この日本の国の政治も改良することが出来ない。

なぜなら安倍さんの支持率が下がってきた。
もう1年くらいしか持たんのじゃないかと。
それから次は俺がやるぞと誰かさんが大きな声ででしゃべってると。
そんな話誰も起こらんと、誰も腹立たない。
誰も怒らない。
それが今の日本の国の国情なんです、これ。
おかしいでしょ?これ。

ただ、つい2〜3日前ですけども、安倍事務所で話をしました。
江藤さんも党規委員会にかけると、なぜ江藤さんなんやと。
この谷崎をかけるべきでしょ?(笑い声) 
総理の話も遠慮なくやる、言う。(笑い声、拍手)
ある程度言われるでは・・・(聞き取れず)、安倍独裁と、(笑い声)それくらいの独裁を発揮していただきたい。
私はそういうふうに思っています。
以上です。(拍手)

★松本孟さん(松本京子さんの兄)

先ほどから壇上の先生方仰っていますけど、日本の政府もそうですけども、特に外務省の方はこのたび特に日朝の作業部会に行かれた方、日本はこういうふうに思うんだ、こうなんだという事をもっときつく激しく言って欲しい。
私たち本当に命をかけてやっているんです。
壇上の方は仕事で言っているかもしれませんけど、私も家族、特に母親が高齢でございますので、いつどうなるかは分かりません。
ただ仕事だから行って帰って来たとそういう事ではなくて、唾を飛ばし、相手がいう事を聞かなかったら蹴飛ばす。
命をかけてやってきて欲しい。
それをお願いしておきます。

★本間勝さん(田口八重子さんの兄)

ちょっと一事言わせてください。
拉致問題は解決済みと言う相も変わらず、最初門前払いと言う言葉に対して、もっと怒りをぶつけて欲しいと思います。
最近の朝鮮総連の動きでは大阪とか東京の日比谷の集会をですね。
朝鮮総連への法の執行と締め付けが激しいとかね。
万景峰号の入港を解除しろとかね。
そういう事を言ってきているわけです。

という事は逆の話なんですね。
これだけ朝鮮総連の後ろ盾となっている北朝鮮が困っているわけです。
決して今の状態では万景峰号の入港を解除することなく、 は来月の話なんですよね。
最初の話では。
半年間の入港阻止と。
これは絶対そのまま延長。(拍手)
さらには出来れば朝鮮総連の送金停止までもっていければ一番の力になる。
これはもうちょっと懐に隠しておいて抜かないで

それから我々の家族会に対して、週間新潮なる雑誌がですね。
家族会の話をしていますよね。
安倍さんが家族会を利用している、利用するのは止めて欲しいと。
そんな事はね。
我々一貫して家族、誰も言っておりませんから。
(会場より「分かってます」の声)分かってますよね?
誤解しないでください。
それでもう我々は政府、安倍さんと一体になって戦っているんです。

これはね、家族会だけの問題じゃないんですよ?
日本国民全体の問題なんですから。
国民が全体で団結していかなければ、決して解決しません。
是非誤解のないようにお願いします。(拍手)

★浜本雄幸さん(旧姓・浜本 現・地村富貴恵さんの兄)

私の妹が帰国してから、もう5年になりますけれども、帰国したときにですね、これが平成14年の10月でございました。
日本の国会がですね、これを、政府が拉致を認め、日本の国会が拉致、即、解決の全会一致で採択をしましたね。
皆さん、ご存じないですか。
その、帰国する6ヶ月前に採決したんですね。
だから、日本の国会、それから国民の皆さんが一生懸命、これを、拉致問題について気勢を上げてくれた。
その気勢の馬力によって、金正日はびっくりして、これ、5人を帰国させたんじゃないかと私、こう思っとるんです。
ま、今日、5年たってからですね、安倍政権になってから、安倍さんは一生懸命やってくれて、拉致問題解決に一生懸命。

今現在は、何か、ちょっと国会内なんなりの空気がですね、宥和政策をとるような政治家が出てきやって、非常に、この足を引っ張る。
安倍政権の足を引っ張る空気が出てきた。
私は非常に残念に思うんです。
なぜ、もっと政治家、国民の皆さんが総力を挙げてこれを結集して拉致問題の対して、意識的にならないか。
私残念に思うんです。
皆さん、そう思いませんか。
もう選挙が済んで、5年前の議決したことをもう忘れてしまって、野党の先生方、何を言ってるんでしょうか。
拉致の問題は、全然、ヌキにして分かっていないような気がするんです。私、残念に思うんです
皆さん、どうかひとつ、頑張って、安倍政権を支持してください。

★市川健一さん(市川修一さんの兄)

鹿児島から来ました市川です。(拍手)
日朝作業部会で、相変わらず不誠実な態度を取っている北朝鮮。
ご存知のようにあの国は・・・(聞き取れず)を軽視した言動を行なっている。
政府はね。
自国民の生命を奪われれば身を挺して戦うのが国家の姿勢です。
その姿勢を安倍さんは今実行されております。
この安倍さんの政策を成功させるためにはどうしても国民の皆様方の支援が必要です。
後押しが必要です。
どうか安倍さんを支援してください。
お願いします。(拍手)

★横田滋 家族会代表

我々は8日の日に6者協議が終った時に、記者会見をやりました。
それで今言ったように日本が一枚岩にならなくてはならないのに、日本が孤立しているという事を言ってくる政治家が いるという事。
それからバスに乗り遅れるという事、日本が乗らなければ発車できないような状態だからという事を話しましたが、やはりこの際、加藤さんそれから山崎さんたちのような意見がそりゃ国民の中に一部あるかもしれませんが、しかし政治家の立場としてああいう事を言うんじゃなくて、やはり一枚岩に。
自民党本部でもそれは決議されているわけなんですけども、それが北朝鮮から見て日本の世論が割れているなんて無いようにしていただきたいと思っています。(拍手)

・・・集会終了・・・

・・・・・・・・・・・・・
※このエントリーのうち、浜本雄幸さんのテキストはmomoedakeさんの手によるものです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。