2007年04月28日

07.4.22 中川昭一自民党拉致問題対策特命委員長 国民大集会(4)日比谷公会堂にて

「拉致被害者全員の即時帰国を求める国民大集会」
07・4・22 日比谷公会堂にて

『中川昭一 自民党拉致問題対策特命委員長の挨拶

★司会 櫻井よしこさん

さて、この拉致問題を周知徹底させ、日本国の総力を挙げて取り組む体制を作るには、多くの政治家の皆さん方が、本当に強力な力で押してくださいました。その第一人者であります、自民党拉致問題対策特命委員長、中川昭一さん、政調会長でありますけれど、おいでになっています。宜しくお願いします。(拍手)

★中川 昭一 自民党拉致問題対策特命委員長

Img_2829.jpg



みなさま、こんにちは、中川昭一でございます。
本日もお休みの中を、本当に大勢の皆様方にお集まりいただきましたことを、私もこの問題に取り組んでいる議員の一人といたしまして、感謝を申し上げたいと思います。

と同時に、『また国民大集会をやらなければならないの?』というご家族の悲痛な声もなんとなく聞こえてくるような気もいたします。しかし、今回は、総理大臣、安倍晋三内閣総理大臣が、冒頭、国民を代表される皆様方に、力強い決意を表明され、そして、このあと数日後に海外出張をされると言うことで、ある意味では画期的な国民大集会になったなーというふうに思っております。

私どもが、いわゆる“拉致議連”というものを立ち上げたときには、まぁ、安倍さんが副長官でおられましたけれども、政府全体、そしてまた、私ども自由民主党も含めて、まだまだ認識が薄かった、そんな感じがいたしますけれども、今日は、超党派、各党の同志の先生方も大勢おみえでございますけれど、何と言っても、総理大臣先頭に立って、そしてまた官房長官が拉致担当大臣になってこれから改めて全力をあげて取り組むんだと言うことでございますから、議院内閣制である以上、与党がもっともっとしっかりして行かなくてはならないと言うことを、私自身、今、皆様方の前で、誓わなければならないというふうに考えております。

我々ができること、それは、国民の皆様の声、あるいは国民の皆様へのご理解、そしてその元となるのは、ご家族の皆さん、支援団体の皆さん方のいろいろなご要望であります。

我々は議員立法で、制裁法を作りました。しかし、『何でアメリカにはテロ指定制度があるのに、日本にはないんだろう』というご要望を先日頂きました。

我々は議連の古屋会長はじめ、みなさんとよく相談をしながら、今国会中に議員立法を改正して日本でも北朝鮮のような国は、テロ国家であるというようなことを、国が指定するような法律を
作りたいと思っておりますので、どうぞ国民の皆様方のご支援を宜しくお願いを申し上げます。
ありがとうございました。

★司会 櫻井よしこさん

中川政調会長、本当にありがとうございました。
その法律が出来る日を、私たちもしっかりと見つめて応援していきたいと思っております。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※このエントリーのテキストはblue-jewelさんの手によるものです。
※この集会の録音・写真撮影・ネット公開に関しては主催者の同意を頂いております。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。