2007年04月28日

07.4.22 中井洽民主党拉致対策本部長 国民大集会(5)日比谷公会堂にて

「拉致被害者全員の即時帰国を求める国民大集会」
07・4・22 日比谷公会堂にて

『中井洽 民主党拉致対策本部長(拉致議連会長代行)の挨拶』

★司会 櫻井よしこさん

さて次ぎに民主党拉致対策本部長の中井洽(ひろし)氏さんにお願いいたします。

★中井洽 民主党拉致対策本部長

Img_2831.jpg

みなさん、こんにちは。ご紹介いただきました、民主党の拉致対策本部長、超党派の議員連盟の
会長代理を中川さんと一緒に務めています中井 洽(ひろし)でございます。民主党代表と言うよりも、スタート時から、横田さんご夫妻の思いに打たれて、中川さん等と一緒に、微力でありますが、拉致議連で頑張ってきたものの一人として、連帯のご挨拶を申し上げます。

この10年間、本当に横田さんご夫妻始め、ご家族の皆様の思い、いかばかりであったか、こればっかりを想い続けて参りました。このご家族の皆様の方々の思いと行動、そして国民の皆さんのバックアップ、これがあって運動を今日まで続けて来られたと考えています。

超党派の拉致議連も紆余曲折、色々ありましたけれども、今日まで続けて頑張ってこれたのは、こういうみなさんのおかげだと思います。

そう言う中で、総理大臣、官房長官がこの大会に出ておる−−ちょっと遅刻して、総理大臣何を言うてたか聞いてなかったんで申し訳ないんですが−−という画期的な大会になりました。

安倍さんは、時々『民主党は批判ばっかりして何もせんじゃないか』と言うことを、こういう事をおっしゃるようですが、拉致は超党派でありますから、私たちは、このことを大歓迎いたしします。(拍手)

総理が先頭に立って、官房長官が責任大臣として、きちっと対策室を儲けられて、あげておとり組みになられる、私ども民主党も、党派を超えて精一杯バックアップをして参ります。(拍手)

この4月に何年か前から始まりました、アメリカの“北朝鮮人権週間”が行われます。
ここには、今日来ています、中川正春民主党拉致対策副本部長を派遣をいたします。昨年は隣におります渡辺周(しゅう)事務局長がご同行をさせていただきました。
こういった方面含めて、頑張って参りたいと、考えています。

ただ一つ、そういう政府の姿勢、大歓迎をいたしますが、先ほど官房長官が、『悲観主義者いろいろ言う』と、こういう言いわれ方ををいたします。しかし、私は六者協議、六カ国協議、あんまり楽観はしていません。あそこには、拉致という言葉はひとつも書いていません。平壌宣言と言うことはきっちり書かれてります。日本は言うべきことを言う、このことに理解はする、しかし拉致を解決しよう、あるいは進展させようと、本当に六カ国の中で合意が出来ているのか?これらに対して私たちは徹底的に、政府に対して、『頑張れ』と言い続けていかなければ、アメリカがああ言う姿勢の中で、横田さん始め家族の皆さん方の思い、国民の思いはまた、雲散霧消してしまう可能性があると考えています。

そういう六カ国協議の折衝、特に日朝の実務者協議、これらを含めて、私たちは頑張る。

そして、拉致の新展・解決なくして援助をしない、国交回復もしない、これらを強く堅持して頑張り抜いていこうではありませんか。拍手)

私ども民主党も、微力でありますが、私を先頭に、皆さんと想いを一(いつ)にして、これからも、拉致対策、拉致問題の解決に向けて全力をあげて頑張って参ります
このことをお約束して激励とお祝いの言葉に代えます。ありがとうございました。

★司会 櫻井よしこさん

中井さんありがとうございました。
民主党も力強く頑張って欲しいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※このエントリーのテキストはblue-jewelさんの手によるものです。
※この集会の録音・写真撮影・ネット公開に関しては主催者の同意を頂いております。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。