2007年04月28日

07.4.22 上田勇公明党拉致対策委員長 国民大集会(6)日比谷公会堂にて

「拉致被害者全員の即時帰国を求める国民大集会」
07・4・22 日比谷公会堂にて

『上田勇 公明党拉致対策委員長の挨拶』

★司会 櫻井よしこさん

さて、公明党からも、応援に来ていただいております。
公明党、公明党拉致対策委員長上田勇さんです。
宜しくお願いいたします。

★上田勇 公明党拉致対策委員長

Img_2833.jpg

今ご紹介を頂きました、公明党拉致対策委員会の委員長を務めております衆議院議員の上田勇でございます。今日は、国民大集会に多くの皆様方、ご参加を頂きまして、本当にご苦労さまでございます。
今、もうこの拉致問題が、如何に我が国にとりまして深刻、そして重大な問題であるかは、もうお話があったところでございますけれども、今日は、安倍総理、官房長官もご出席を頂いてのこの集会を開催することが出来ました。

これまで、何年にも渡る様々な取り組みがある中で、なかなか進展が見られない。これは、政府も国会も大いに責任を感じているところでございます。

また、大変こう、苛立ちを覚えるところではないかと思っております。しかし、この問題、ほんとうに重大な課題として、しっかりと解決をしていかなければならないというふうに、私ども考えているところでございまして。

今、この北朝鮮を巡る六カ国協議進められております。まぁ、様々な動きも見られているようでありますけれども、我が国の得意な立場、これは、やはり北朝鮮との様々な交渉、これは、我が国にとって一番の関心事であります、拉致問題、これ、しっかりと、交渉が前進をしていく、解決をしていく、そのことが、何よりも前提条件であると考えているところでございます。

実際に外交交渉に当たるのは、政府であるわけでありますけれど、私たち国会に身を置くものといたしましても、その政府が交渉をやりやすく、そしてそれが有利に進められるような、その環境は、我々が作っていかなければならない責任があると思っております。

これまでも、様々な形での、経済制裁をとるための、議員立法や、北朝鮮人権法案や、様々な議員立法を成立をさせてきたところでありますけれども、これからも、政府のそうした交渉、有利に進められるように、しっかりと後押しをしていかなければならない。そういうような、決意をしているところでございます。

私たち、公明党の拉致問題対策委員会に置きましても、今日は私と、それから党委員会の事務局長を務めております、沢 雄二 参議院議員も間もなく到着すると思いますが、出席させていただいているところでございます。

これからも、政府、国会一体となりまして、拉致問題の解決、そして北朝鮮の核兵器、ミサイルの問題、まぁ、そして様々な課題を解決をしていくために、微力でありますけれど、しっかりと取り組んでいきたいという決意でございます。

今日お集まりいただきました、皆様方の熱意と、そしてご期待にしっかりと受け止めまして。これから、全力で取り組んでいく決意でございます。
どうも、ありがとうございます。

★司会 櫻井よしこさん

ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※このエントリーのテキストはblue-jewelさんの手によるものです。
※この集会の録音・写真撮影・ネット公開に関しては主催者の同意を頂いております。


この記事へのコメント
憲法20条 (宗教団体の部分)

いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
Posted by 憲法20条 (宗教団体の部分) at 2009年08月28日 04:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。