2007年04月30日

07.4.22 増元照明さん 国民大集会(19)日比谷公会堂にて

「拉致被害者全員の即時帰国を求める国民大集会」
07・4・22 日比谷公会堂にて

『家族会の訴え1 増元照明さん』

★司会 櫻井よしこさん

さて壇上には家族会の皆様方がいらっしゃいます。
ここで皆様お一人お一人のお気持ちを聞いてみたいと思います。
この司会は増元照明事務局長にお願います。
増元さん、よろしくお願いします。(拍手)

★増元照明 家族会事務局長

Img_2891.jpg



皆さん、本当に長時間に亘りありがとうございました。
我々の時間25分頂いておりますが、25分個々でやりますと訴えが小さくなってしまいますので、今回は二人に絞って訴えをさせていただきます。

その前に今朝、家族会の総会が開かれました。
皆さんご懸念のことと思いますけども、代表退任問題に関しても代表からその意思をお伺いしました。
そして一番の問題は健康上の問題であります。
一昨年入院して大病をなされて、その体調が回復が中々順調に行っていない。
今の現状では代表の大任を全うする事が出来ないと言うところまでいらっしゃるという事で。
節目という事で3月25日の家族会結成10年目、もしくは11月14日の75歳の誕生日という事を以前から考えておられたようで、それがちょっと新聞に漏れたら、それがば〜っと広がってしまいまして事実のように発表されてしまったという事が現実なんですが。

今朝家族会の中でその事を表明されましたが、ご自身としても11月14日の誕生日を目処にと言う意思もおありですし、そこまでは私たち家族会としても現体制のまま、11月14日までにすべての拉致被害者を救出するという意気込みの下に、必ずそこまでに救出して(拍手)、そして家族会を解散すると。
そういう思いでやっていきたいと思っております。

ただし、代表の活動の軽減はしていかなければなりませんので、今現在代表ご夫妻が入れていらっしゃる予定はこなしていただくとしても、9月までその他一切の活動と言うか、集会への参加はご遠慮願うことにしております。
と言うのは、是非皆様にもご理解していただきたいと思いますが(拍手)、代表の健康を第一にまず考えて回復される事に専念していただきたいと思いますので、9月まで一切の集会等への参加はご遠慮願いたいという事で家族会一同代表にお願いしておりますので、皆様にもご理解いただきたいと思います。

その後出来れば、原則として関東圏内での集会には参加していきたいという事なんですが、月に1〜2回という事で。
ただ九州とか北海道とか飛行機を使って行くと、早紀江さんが両肩があまり動かない状況ですので、非常にお辛い状況だという事なので、原則的に関東圏内、しかも月に1〜2回。
これはめぐみちゃんが帰って来たときに体がボロボロになってはいけないという、その一点で私たちはお願いする事にしております。
もし代表ご夫妻でなく、我々他のメンバーでいいという事であれば、我々他のメンバーがそちらにお伺いして皆様にお話させていただく機会を得たいと思いますので、ご理解をお願い致します。(拍手)

それと今回集会に参加している家族会のメンバーを一応立ってご紹介いたします。
横田めぐみさんの家族である、横田滋、それから早紀江、拓也、哲也、4人のメンバーです。(拍手)
続いて田口八重子さんのごきょうだいである、飯塚繁雄、本間勝、飯塚耕一郎のメンバーです。(拍手)
隣、有本恵子さんの家族である、有本嘉代子さん、それから有本明弘さんです。(拍手)
市川修一さんのお兄さん夫婦、市川健一さん、龍子さんです。(拍手)
松木薫さんのお姉さん、斉藤文代です。(拍手)
寺越昭二さんの息子さんである昭男さん、それから内田美津男さん。(拍手)
浜本富貴恵さんのお兄さん、浜本雄幸さん。(拍手)
地村保志さんのお父さん、保さん。(拍手)
松本京子さんのお兄さん、松本孟さん。(拍手)
あと私、増元るみ子の弟の増元照明と妻の俊子です。(拍手)

今、今日はすべてのメンバーがここに参席出来ませんでしたけども、所用で皆様にご挨拶できないことを非常に申し訳なく思っておりますが、10家族揃って皆様に御礼を申し上げたいと思います。
それではまず家族会を代表しましてお二人、有本恵子さんのお母さんである嘉代子さんに先にお話を頂きたいと思います。
よろしくお願い致します。(拍手)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※この集会の録音・写真撮影・ネット公開に関しては主催者の同意を頂いております。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。