2007年05月01日

07.4.22 横田早紀江さん 国民大集会(21)日比谷公会堂にて

「拉致被害者全員の即時帰国を求める国民大集会」
07・4・22 日比谷公会堂にて

『家族会の訴え3 横田早紀江さん』

Img_2903.jpg



★横田早紀江さん

皆さん、こんにちは。
本当に長い長い時間、このように私たちを支えてくださいまして、安倍総理にまでようやく私たちの気持ちが。
安心して、総理を信頼してお任せできるという方が就任してくださっ田中で、拉致問題が動き出していると思います。

本当に今、有本恵子さんのお母さんが仰ったことに尽きるので、非常に難しい政治家の方の個人個人の問題と言うのは見えないので、私たち分かりませんけども。
本当に人の命を横において自分たちの私利私欲、権力を自分のものにしようと言うそういうふうなことからそういうすうな事になって、子供たちの命がだんだん向こうに追いやられてきたのでは無いか?とそういう思いはいろんな所で感じていましたので、今までは悲しいことだなと思っておりました。

けども今こうして10年の活動でいろんな事がありましたけども、議連の先生をはじめ救う会の皆様方や多くの国民の方々の温かいご支援を頂きながら、具体的な本気である具体性というもの。
私たちが何か言葉だけで言って動かなければ何も動かなかったんです。
みんな動いて、これじゃいけないんじゃないか?こうじゃないか?という事を突きつけながら一日一日を大事に本気で動いてきたこと。
刹那刹那を大事にして、言葉に出して皆さんに訴えて、そして政府に訴え政府の皆様「そうだ」と思う方が就いてくださったという形になって来て。

めぐみの事だけを考えても20年間何も分からなかった。
本当に芥子粒ほども姿も何も消息も分からない20年間と言うものがあったのに、やはり皆さんと一緒に、国民と一緒にみんな日本中が怒って動いてきた中で、こんなに明らかにめぐみの事が出て来たわけです。
(北朝鮮は)生きていないと言っていますけど、私たちは生きていると思いますが(拍手)、めぐみが結婚した時の結婚式の写真だとか、それから孫のキム・ウンギョンちゃんの1歳の誕生日の写真だとか。
私たちが本当に考えてもみたことのないような、あのような写真が、成人しためぐみの姿が、非常に厳しい顔をしていますので私たちとしては、朗らかで明るいめぐみの感じとは全く違った顔をしているなと思いますけども。
あんなふうに大きくなっていたんだと。
そしてあんなに大きな子供が、この悲劇の中にあっても元気に育っていたんだという不思議な命の過程を考えさせられることでありますけども、本当に私たちは皆様に感謝しています。

たくさんの方の温かい、物心両面の温かいご支援の中でこうやって今日まで頑張ってくることが出来ました。
本当に具体的な本気、刹那刹那の大切な本気、重要性という事を、一人ひとりが、「自分の子供がこうなったら気が狂っているんじゃないかと思う」って、いろんな外国の高官たちが仰っていましたけど。
それほど私たちは気が狂いそうな、一生懸命考えたら気が狂いそうな、死んでしまった方が良いと思うほど、悲しいことなんです。

けれども何とかして子供たちを、あの状況の悪い中から取り戻して自由にさせてあげている姿をちょっとでも見たい。
一回でも会って話したいと思うだけで一生懸命頑張っておりますので、どうかこれからもご支援いただきますよう、そして本当にたくさんの議連の先生方や救う会やたくさんの方々。
そして他にもたくさん、今日は外国からも多くの方が見えましたけど、こんなところまでも明らかにされてきたという事。

私は神様を信じていますので、神様にとって何一つ隠された所はない。
必ずすべてが明らかにされるという言葉があります。
見えるところの物も、見えない人の心の中もすべてが表に明らかにされる時が来ると私は信じていますので、どうか私たち一人ひとりが、先ほどの西村先生のお言葉のようにせっかく頂いた人間の皮の中にある知恵をたぎらせて、正義の血をたぎらせて、一生懸命に最終目的まで頑張りたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。(拍手)

★増元照明さん

ありがとうございます。
今朝行なわれました家族会のすべてのメンバー、今の安倍政権の対北政策に全員支持を出しております。
今後週刊誌等々で家族会の名を語った方が安倍批判をした場合は、その新聞社は謝罪をしていただかないとならない事になるかもしれませんので、もう一度言います。(拍手)
家族会は全面支持で、安倍政権の対北政策を支持しています。
自民党の皆さん、民主党の皆さん、公明党の皆さん。
家族会はその立場にいる事を、全議員に伝えていただきたいと思っております。(拍手)
今後ともよろしくお願いします。(拍手)
ありがとうございます。(拍手)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※この集会の録音・写真撮影・ネット公開に関しては主催者の同意を頂いております。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。