2007年05月05日

07.4.10 増元照明さん 東京連続集会27(1)友愛会館にて

「タイ人拉致被害者アノーチャーさんを救うぞ!東京連続集会27
07.4.10 友愛会館にて

『増元照明さんのルーマニア訪問報告』

Img_5023.jpg



皆さんこんばんは。
急遽飛び入りなんですけど、昨日ルーマニアのブカレストから帰って来ました。
西岡さんと二人で、ルーマニアの拉致被害者のドイナさんのご家族が判明と言うか名乗りを上げられたので、その家族の確認と、そしてもしその家族が間違いなければ、今月22日に行なわれる国民大集会に招聘するために二人で行ってきました。
4月4日から9日まで行ってきました。

とにかく4月の4日到着して4月の5日にドイナさんのご家族にお会いしました。
ブカレストから車で西へ大体3時間半くらいの町で、クラヨーヴァと言うところですけどそこにお住まいらしい。
そこにはドイナさんのお母さんとそれから17歳下の弟さんが来て頂きました。
本来なら二つ違いの弟さんもドイツから見えられる予定だったんですが、バスで移動中に渋滞か何かに巻き込まれて10時間ほど遅れてしまったので、会見の時間には間に合わなかった。
弟さんにお会いしたかったと私は思っています。

お会いした時に西岡さんから、日本で曽我ひとみさんに伺ったドイナさんの性格なり日常の話を、ドイナさんのご家族にしていただきました。
やはり曽我さんから聞いていたロールキャベツと言う言葉。
ロールキャベツと言うのはルーマニアで有名な料理の一つで日本のロールキャベツとちょっと違って、非常に煮込んであって酒のつまみには最高と私は思いますが、本当に日本のロールキャベツの概念とは違う。
本当に別のロールキャベツ。
だから曽我ひとみさんがロールキャベツと言う言葉をおそらく頭の中に浮かべて、ドイナさんと言うとロールキャベツと言う言葉が出たと思うくらい得意な料理ではなかったかと思います。

さらに洋服ですね。
型紙を作ってそれから洋服を作って、曽我さんと娘さんたちにも作ってくれたという話をさせていただいたんですけど、お母さんが裁縫が非常に得意で、おそらくお母さんから作り方をドイナさんが学んでいたのではないかと思いますが、そういった話を聞いているとお母さんがやはり涙ぐまれるわけですね。

ジェンキンスさんの本の中ではすでに亡くなったという話にはなっているんですが、それでも30年間聞いていなかった娘の一番新しい情報と言うか、それが聞けただけでも嬉しいというかそれだけで感激をされて、その話を持ってきた私たちに感謝をされていました。
残念ながら亡くなっているという事なので我々も喜んで話をするような雰囲気では無かったんですが、お母さんが非常に感激されて「私はこれで死んでもいい」と仰って。

私は「ドイナさんの家族がまだ向こうに残っていますので、彼らを取り戻すためにも元気でいてください」と申し上げましたけど、77歳と言う年齢で膝をだいぶ悪くされていまして杖を突いて歩いておられるようです。
今は療養中という事で息子さんたちとは一緒に暮らしていないようですけども、面会のために特別に出てこられて会っていただいたと言っております。
それだけ私たちの事を情報と共に、ドイナさんの話を聞きたいという思いが非常に強かったんだろうと思います。

その情報なんですけども、この話がまず最初にルーマニアで話されたのは平成17年10月13日付、・・・(聞き取れず)オブ・トゥディ紙の、ルーマニアではシェアの結構ある、2番目とか言っていました。
の新聞紙上で書かれたものです。
それはその担当記者がジェンキンスさんの本を見て、そしてルーマニア人拉致と言う事項を見まして、そしてそれを初めてルーマニアで報道したもので、それに対しもし被害者のご家族が見ていたら何かの連絡が来るだろうという思いで書かれたようです。
さらにその記者はいろいろな北朝鮮の拉致問題に関する事をインターネットで調べて、イギリスの北朝鮮に行った映画の関係者にも電話をしたそうですども、その映画に関しては事前に見る事は出来なかった。
非常にこのルーマニア人拉致に関して強い興味をもたれて書いておられたようですね。

その記事に反応したのがルーマニア人拉致被害者ドイナさんの弟さんなんですけれども、それが今年の3月になって、あれは何なんですか?
その件については後で西岡さんに詳しく言っていただきましょう。
とにかくインターネットと言うツールを使って世界中からいろんな情報を収集して、それを分析する能力があれば何でも分かるんだなと言う思いでちょっとびっくりしましたけど。
本当にブカレストから3時間半と言う片田舎ですけが、ネット環境がいいのかちょっと私にはあまり良い様には思えなかったんですが、そこでドイナさんの弟さんはIT関係の仕事をなされていて、パソコンの販売と修理をなさると言っていましたけど、それだけにパソコンには非常に強い知識をお持ちのようで世界中の情報を集めておられました。

我々二人のことも、大使館の書記官が私たち二人の事を説明しようとした時にも、すでに事前にその情報を得ておられておって私たち二人のことも書記官よりも非常に詳しい情報を持っておられて、それだけ拉致問題に関しても私のるみ子という姉の名前までも知っておりましたし、ドイナさんの事を集めるのに拉致問題を非常に研究されていたようです。
その弟さん16歳離れておりましたのでお姉さんに関する知識には多少の薄さはありましたけど、ただ姉を思う気持ちは非常に強かったようです。
弟さんのガブリエルさんの名前をつけるのもお姉さんのドイナさんが直接、ドイナさん自身がガブリエルと言う名前をつけたとお母さんから伺いました。
ですからそれだけドイナさんにとっても可愛い弟さんだったでしょうし、自分の名前をつけたお姉さんに対しても非常に愛情を持ったと感じました。

本当に思うんですけど、ドイナさん。
ルーマニアと言うのは皆さん大体、ちょっとチャウシェスクと言う名前が出てくると思うんです。
独裁政権という事でしたが、その独裁政権の中からようやくイタリアの人と結婚されて国を出られて自由な世界の中で生きてきたドイナさんが、再び北朝鮮の工作員によってさらに劣悪な独裁国家に連れ去られたんですけど、ドイナさんの非情な運命と言う事を思いますと、非常に悲しいというか可哀想というか以上に何と言うか、えもいわれぬ癒されることの無い非情さを感じます。

その劣悪な独裁政権の中で、病気になられて亡くなられたという事を考えますと、金正日政権の非道さを本当に痛感しますし、お母さんと弟さんを目の当たりにして本当に非情に同情と言うか、我々自身も実際拉致被害者でもありますし、さらに・・・(聞き取れず)として同情を申し上げたんですが、思っております。
ただ、曽我さんやジェンキンスさんは亡くなったという事ですが、それも亡くなった事にしろと言われた可能性もありますし、そればっかりは全ての真相がハッキリしない限りは、私は真実は分からないと思っています。
北朝鮮関係に関しては今表に出ている情報とか、真相と言うのはほとんどまず疑ってかかって、そして最終的な真相はやはり全ての拉致被害者が明らかになり帰ってきて、全ての真相が明らかになる時だと思っています。

4月6日にはルーマニアの外務次官、ミハイ・ギョルギウという外務次官、まだお若いんですけど1967年生まれです。
その方はチャウシェスク政権の時に捕まって、民主化運動のリーダーとして活動されてきた方のようです。
ですから人権と言う観点から非常に思いを持ったというふうに思っておりました。
その思いを、私たちも人権問題に関しても人権と言う観点から攻めてお話しました。
ただ、ルーマニア政権も混乱している状態です。
大統領と首相が仲が非常に悪くて連立を解消するかどうかと言う厳しい状況の中におられます。
外務大臣が更迭されたばかりで新しい外務大臣を任命するという状況で、それを新しい大統領が認めるか認めないかで揉めている状況で、外務省自体もバタバタバタバタしていたようです。

ただ外務次官はそのまま留任するのではないか?と言う話でしたのでお会いしました。
私たちお会いしたんですけども、ルーマニア人拉致被害者に関しては外務省としてはまだ特定していないという事を仰っています。
テレビで名乗り上げたご家族に関してはまだ確認もされていないですし、ドイナさんの弟さんにもまだアプローチをしていないという事を政府として申し上げましたし、そしてドイナさんの弟さん、ガブリエルさん自身もそう仰っていましたので、まだほとんとそこまで行っていないのが現状です。

私たちは先ほど言ったように人権の運動家ですから、北朝鮮と言うもっと酷い独裁政権の国で苦しんでいるドイナさんの家族を助けるという気持ちでやっていきたいと強いメッセージは送ったんですが、反応としてはいまひとつ、すぐに動いて救出に向かうとかすぐに動いて事態を打開するというような段階には来ていないように感じられました。
ただルーマニアの国民全体が今ルーマニア政府に対して非常に不信感を持っていて、国民自体もルーマニアの政府が動いていないという、何に関しても拉致問題もそうですけど、いろんな政治の動きの中に非常に鈍いというそういう感覚を味わいました。

ここで、・・・(聞き取れず)という新聞なんですけども、ここに我々の訪問とそれから面会の記事が出ております。
こういった記事でルーマニアの中でも拉致問題と言うのがどんどん浸透させてもらいたいと思いますし、一応ルーマニアはEU諸国の方に最近入ったようですので、まずEUに対しての働きかけもしていただきたいと思っています。
フランス人イタリア人拉致と言う、今は非常任理事国と理事国として安全保障理事会で発言権もあるイタリアとフランス人の拉致被害者が大きく報道されるようになれば、2カ国がやはり北朝鮮に対して厳しい制裁を、拘束力を持つ国連安全保障理事会での制裁強化につながると私は思っていますので、この私たちの訪問、そしてルーマニア人拉致被害者の名前が特定されたことによってヨーロッパでの北朝鮮による拉致被害、外国人拉致の認知度が高まり、そしてフランス政府・イタリア政府・EU諸国が動いてもらえる事を期待しております。
以上です。(拍手)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この集会の録音・写真撮影・ネット公開に関しては主催者の同意を頂いております。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。