2005年06月22日

国策として反日を標榜する卑怯

日韓首脳会議。
どうせたいした成果は期待できないと思ってはおりましたが、やはりその通りの結果となったようで。
一般の韓国国民がそれぞれの個人的理由で、反日になるのは有りだと思うのですよ。
でもね、日韓基本条約には「戦後処理は完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する」という文言があるんですよ。
である以上、韓国が国家として反日を標榜し、やれ謝罪しろだなんだのと昔の話を蒸し返すのは卑怯という物。
少なくとも国家レベルでは韓国はぜひとも条約をお守りいただき、国策として反日を標榜するのはルール違反であると、まずは自覚して頂かねば話になりませんでしょうが?

ったく彼の国の幼稚さ加減にはあきれて物も言えません。
何を血迷ったか、韓国はアメリカと北朝鮮の間に立ってバランサーになるとかならんとか、わけの分からん世迷言を唱えていますしね。
あれほど恥さらしな発言も無い物だと思うのですが。
バランサーと言えば聞こえは良いが、要は日米の側につくか北朝鮮の側につくか、時と場合によって事大します♪って言ってるような物。

そんなアホな国を信頼して同盟しようと言う物好きが一体どこにいると言うのだろう?
しかし、だからといって日米韓の連携から韓国を取りこぼすわけには行きませんしねぇ?
そんなことをしたら北朝鮮の思う壺。
中国の思う壺ですもん。
アメリカは韓国の迷走ぶりにさぞかし頭を抱えているんでしょうね。
真に同盟を結ぶべき国を混迷させて、さもさも偉そうにうそぶいてみせる韓国って、真性の○○じゃないのかしら?
事は日本の安全保障にも関わる問題。
我が国としても、韓国のオトボケ振りを笑って見過ごすわけにも行かないのだが?

北朝鮮問題が風雲急を告げてきて、いつ非常事態になるかもしれないと言うのに、韓国のこのオトボケ振りは何なのだろう???
北朝鮮の実態を知ることも無く、ただ同民族というだけでああも北の策略に懐柔されてしまう韓国と言う国が、非常に非常に心もとない。
韓国は、一体全体どこまで迷走すれば気が済むのだろう?
北東アジアの安全保障を危うくしている張本人は、北朝鮮だけではない。
韓国も十分に同罪であると思う。

それにしても本当に意味の無い日韓首脳会議でしたね。
結局の所、調子よく盧武鉉の反日パフォーマンスに付き合わされただけじゃありませんか。
唯一の救いは、小泉さんが盧武鉉の思惑通りの土下座外交をしなかったということでしょうか?
私個人的には、小泉さん、もっともっとハッキリ物を言ってもよかったのでは?と思うけど。
盧武鉉の顔を立てなきゃならない義理なんて、日本の側にはこれっぽっちも無いでしょうに。
ともかく盧武鉉の卑怯さ加減は、素人の私にも良く理解できました。
これで世に言う所の韓流は、ますます「寒流」になったことだけは間違いない。

ともかくも、こういう世話の焼ける手合いに一番効く薬は、こちらも言うべきことをハッキリ言ってやることだと思うんですけどね。
曰く、靖国参拝について韓国が云々するのは内政干渉である。
曰く、竹島は日本の領土であり即刻返還願いたい。
曰く、そもそも歴史認識というものは一致しないのであるから、日本の歴史観を韓国の歴史観に合わせる義理も義務も無い、等々・・・。

まぁこちらがハッキリキッパリと物を言えば、あちらも逆上して大変な騒ぎになるのは必定ですが、それもこれも“正常な日韓関係を築くため”には、必要な通過点と違いますか?
膿はこの際思い切って出し切らねば、傷の治りは遅くなるばかり。
日本は今後一切ぶれない姿勢で、毅然と韓国のおかしな要求の数々を突っぱねれば良い。
韓国ににこれ以上反日カードを外交の場に持ち込ませないためにも、まずは日本の側も韓国に対する愚かなご機嫌伺いをやめるべきではないでしょうか?
正常な日韓関係を築く第一歩は、まず“日本の外交姿勢を正常化”することだと心得ますが?

しかし、今回の意味の無い首脳会談ために税金どれだけ無駄に使われたのか?
政府専用機がソウルと羽田を往復するだけでも結構な出費だったはず。
日本の財政事情は今とっても厳しいのだ。
この一点を考えただけでも、盧武鉉大統領が国策として反日を標榜する卑怯な姿勢は十二分に腹立たしい。


posted by ぴろん at 11:05| Comment(2) | TrackBack(4) | 国内問題&国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私のブログにコメントしていただきありがとうございました。最近の記事をいろいろ読ませていただきましたが優しい題名とパッと見とは違ってすごく硬派な内容ですね。ちょっと圧倒されてます(笑)
アメリカさんは朝鮮半島を日本から独立させたことを今になって絶対に後悔していると思いますね(笑)朝鮮民族にとっても、日本に統治されていた方が幸せだったのではないかな・・・と半島の情勢を見つつ最近よく思います。
Posted by まったり at 2005年06月23日 19:35
コメントありがとうございます。
当Blogは硬派でしょうか?
自分としては井戸端会議に毛が生えた程度の論陣しか張れていないと思っているのですが。
専門用語も政治や外交の裏事情も何も分からない素人ですが、だからこそ感じる疑問の数々を率直に書き綴るのがうちの方針です。
よろしかったらお付き合いくださいませ。

>アメリカさんは朝鮮半島を日本から独立させたことを今になって絶対に後悔していると思いますね(笑)

大東亜戦争で散々日本を叩いた後、後ろに控えるロシアや中国の危険度、朝鮮半島の不安程度に始めて気が付き、アメリカもさぞかし狼狽したことでしょうね。
北東アジアの安定のため必要な物を、歴史の教訓にアメリカも学んだ事と思います。
しかし教訓に学ばない国がすぐそこに3カ国もあるのが日本の辛い所です。
韓国の迷走ぶりは幼稚などと言うレベルでは済まされない。
行く所まで行かないと目が覚めないのでしょうか?
そうなると日本ももっと真剣に自国の安全保障を考えなければなりませんが、そこまで自覚のある日本人は?となるとこちらも心もと無いのが現実で・・・
Posted by ぴろん at 2005年06月23日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

・実のない会談は開く必要なし 〜日韓首脳会談から〜
Excerpt: 日韓首脳会談 靖国・歴史、対立解けず 追悼施設、国民世論考慮し検討:産経  小泉純一郎首相は二十日、ソウルの青瓦台(大統領官邸)で韓国の盧武鉉大統領と会談した。大統領は首相の靖国神社参拝について..
Weblog: アジアの真実
Tracked: 2005-06-22 21:44

盧武鉉大統領の声明文
Excerpt: わたくし盧武鉉は今日、宣言いたします。 韓国の今までの反日政策は全くの誤りでした。 我々韓国人は昔の朝鮮のだらしなさを棚に上げて、 すべてを日本の責任とし非難してきました。 日清戦争で..
Weblog: 曇りのち晴れ
Tracked: 2005-06-23 00:31

やっぱりアホだった盧武鉉
Excerpt: 今回の日韓首脳会談は、事前の予測どおり何の成果もなかった。したがって、会談を真正面から論評するのは、時間と労力の無駄である。 しかし、また、あの盧武鉉クンがやってくれたのだ。この大統領は、本当にアホで..
Weblog: 依存症の独り言
Tracked: 2005-06-23 12:15

中国が批判「日本は歴史に正しい態度を」 日韓会談
Excerpt: 中国外務省の報道副局長は、今回の日韓首脳会談で、小泉首相が靖国参拝の中止要求に応じなかったことなどについて「日本は歴史に対する正しい態度を取らなければならない」と述べて小泉首相を批判。また「正しい態度..
Weblog: 僕の伝言板 http://www.kcc.zaq.ne.jp/happy-retire/
Tracked: 2005-06-23 12:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。