2005年06月27日

命は惜しんで欲しい

ご家族による座り込みは何とか無事に一段落いたしました。
座り込みに関する感想などはあちらこちらのBlogでエントリーされているようです。
私の感想もおおむね差異はありませんので、申し訳ありませんが当Blogでは省略させて頂きます。
実は座り込みの感想などよりも、どうしても書きたかったエントリーがひとつあるのです。
私はこれから古川了子さんの集会テキスト化作業に集中しますので、当分の間素人のたわ言を書く暇はありません。
ですので、どうしてもこれだけはと思っている、「ご家族の健康の問題」に関して、私の思うところを書き記しておきたいと思います。

座り込みに関して、当Blogで懸念の声を上げた折、家族の健康問題を錦の御旗にするのは止めろと言うご批判を頂戴しました。
でも私は今でもそしてこれからも、何より第一に優先するべきはご家族の健康だと思っております。
それについて私が思う個人的理由を、ちょっと綴らせてくださいませ。
実はこの一件に関しては書くべきか書かざるべきか、散々迷ったのです。
でも書かねば説得力のあるエントリーにはならないと思い、あえて自分の恥を晒す覚悟をいたしました。
少しばかり重たい話になりますが、よろしければお付き合いください。


私は大切なある人を自殺によって失うという、苦い経験を持っております。
彼女があるトラブルが理由で大変精神的に苦しんでいることを私は良く知っておりました。
しかし私の立場上、彼女のトラブルの原因に口を差し挟むことは出来なかったのですね。
私に出来る事といえば、励ましの言葉をかけることと愚痴を聞いてあげることくらい。
しかし根本的な原因を取り去れない限り、それは対処療法でしかない。
私は、ただただ彼女が日々追い詰められていくのを黙って見ているより他なく、そうしてぐずぐずと手をこまねいているうちに、彼女は自ら命を絶ってしまったのです。

彼女が亡くなる1週間ほど前だったでしょうか?
ふらりと私の所に1本の電話が入りました。
その時の彼女の穏やかな声が今も忘れられません。
悟りの境地、と言う物がどのような物なのか?
煩悩だらけの私には良く分かりません。
しかしあの時の彼女の声はまさしくその悟りの境地だったのではないか?と今でも思う。
いつもなら切羽詰ってすがる様な声で話をするのが、その日に限って妙に落ち着き払っているのですから。

さすがに私も「ん?何か変だな?様子が違うな?」とは思ったのです。
思ったのですが、これが今でも痛恨の極みなのですが。
私は心に浮かんだその疑問を、口に出して伝えることをしなかったんです。
なぜ?私は一言「いつもと様子が違うけど、何かへんなことを考えてないでしょうね?」と言わなかったのか?
その一言を口に出していれば、あるいは彼女も踏みとどまって、命を絶つような事はしなかったのではないか?
その事実は今も私の心の奥で深い傷となって疼いております。

今にして思えば、あの時彼女はすでに覚悟を決めていたのでしょう。
そして最期の別れをするために、電話をかけてよこしたのだと思います。
死を覚悟した人がただ別れを言うためだけに電話をしてくるのだろうか?
心の奥底では、もしかしたら止めて欲しい思いとどまらせてほしいという、サインを送っていたのじゃなかろうか?
でもその時私はそこまで彼女の心を読むことは出来ませんでした。

今でも親しい友人からはそんなに自分を責めてはいけないと言われます。
そんな事、後になってああだこうだと分かるのであって、その瞬間にそこまで深読みをすることなど、誰にも出来はしないのだから、と。
確かにその通りです。
その通りなのですが、でも現実に人ひとり死んでいる事実は変わりません。
気が付くところまでは来てたのに、最後に一言が出なかった・・・
結局のところ、私は人ひとり見殺しにしてしまったも同然という、良心の呵責からは逃げきれる物ではありませんでした。

自殺の一報を受けて、その晩私は一睡も出来ませんでした。
眠れないまま通夜に参列し、会葬者と共に振舞いの食事とお酒をいただいたのですが、酔えませんでしたね。
お酒が入ると私はすぐに眠くなる性質なのですが、その晩はいくら飲んでも酔えませんでした。
飲んでも酔えないことが本当にあるのだと、その時私は初めて知りました。
結局その通夜の晩も一睡も出来ず、翌日の葬儀が終わるまで丸二晩、眠れないまま私は彼女の葬儀に参列したのでした。

それからしばらくの間、私は七転八倒の苦しみを味わいました。
どうして助けてやれなかったのか?と自問自答する日々が続きました。
のた打ち回る日々を経て、私が得たひとつの答え。
死んだ人はもう帰らない。
でも、もう二度とあの苦しみを味わいたくは無い。
だから、これからの自分の人生でもしも人の生死に関わる場面に出くわす事があったなら、その時は必ず余計なおせっかいを焼く人間になろう、と決めたのです。
例え相手に嫌がられようと最悪人間関係が壊れようとも、死なれる辛さに比べたらそんなもの屁でもない。
これは私の超個人的な答えです。
けれど、その答えが今の私を支える心の柱の一つになっていることは確かなのです。

今回の座り込み云々の話が出たとき。
真っ先に浮かんだのは、お疲れのご家族が3日もの座り込みに耐えられるのか?
もしも家族の身に万が一のことがあったとき、北で救いを待つ被害者たちはその事をどう思うのだろうか?と言うことでした。

私の大切な人はもう帰らない。
でも拉致被害者はまだ生きている。
人ひとり見殺しにすると言うのは耐えがたい苦痛です。
だからご家族の人たちには後悔の無いよう、できる限りの策を行使して救出運動に取り組んでもらいたいと思うし、その為の支援は惜しまないと言う気持ちがまずはあります。

しかしその一方で自分が原因で身近な人に死なれた場合、心に残す傷の大きさもまた計り知れないものがある、と言う点が気がかりなのです。
今回の座り込みに限らず一連の救出運動の過程で、ご家族の身に万が一のことがあった場合、めぐみさんやるみ子さんが受けるであろう心の傷の深さを思うとき、私は決してご家族の命を蔑ろには出来ないと思うのですね。
ご家族が自分の命をかけても肉親を救い出したいと言う気持ちは痛いほど分かる。
でも、もしも家族が救出運動の過程で命を落とした場合、めぐみさんやるみ子さんが受けるであろう心の傷の深さもまた痛いほど分かるのです。

ですから、私は何をおいてもご家族の健康は第一に考えて欲しいと願うのです。
ご家族の皆様には何としても健康でお元気で、肉親との再会を果たしてもらいたい。
そして残された時間を少しでも豊かに過ごしてもらいたい。
それが出来なくて、何のための救出運動なのでしょうか?
世の中には家族が命をかけて運動に打ち込む姿を賛美するあまり、家族は神聖にして犯すべからずと言ったふうに奉る向きもありますが。
私にはそれが正しい支援のあり方とは思えない。

突撃精神よろしくご家族が討ち死にして、それが何の映えになるというのでしょう?
人の命を軽んじる向きを私は許容することは出来ません。
命は何よりも大事にされるべきであり、お疲れのご家族の健康問題は何よりも配慮されてしかるべきものだと思っています。
今この現状において、ご家族に休めと言うのはある意味とても酷な言い方なのかもしれません。
でも、だからと言っていつまでもいつまでも先の見えない全力疾走を続けていては、ギリギリまで張り詰めたご家族の精神の糸がいつかプツンと切れかねない。
糸が切れたときの人間の精神がいったいどのような状況に追い詰められるのか?
ひとつの修羅場を経験した者の立場から言わせていただけば、そこは非常に非常に危惧する所なのです。

家族の身近にいる支援者の皆様。
どうかご家族の健康に配慮して差し上げてください。
時には休息を取る勇気を持っていただきたいのです。
それは北に囚われの肉親を見捨てることでは決してないと思う。

救出運動の盛り上げのためには確かに今は正念場です。
しかしそれもご家族の命あっての物だねです。
死んで花実は咲きません。
墓石に布団を着せても意味がありません。
家族はもう十分すぎるほど頑張ってきました。
これから頑張らねばならないのは、私たち支援者の方なのです。
いつまでも家族を全力で走らせるのは、そろそろ恥と思わねばいけない時期に来ているのではないでしょうか?

滋さん、早紀江さん、明弘さん、嘉代子さん、照明さん、フミ子さん、文代さん、健一さん、龍子さん・・・ご家族の皆さん、どうか少し休んでください。
後は私たち支援者が頑張りますからと。
運動のあり方がそういう方向へ進んでいかない限り、遅かれ早かれ悲劇の瞬間が来るような気がしてなりません。
昨日の座り込みの後のご家族の疲労は見ていて痛々しいくらいでした。
どうか家族の皆さん。
決して無茶はしないで欲しい。
北の地で救いを待つ肉親のためにも、ご自分の命を惜しむ勇気を持って欲しいと心から願うのです。


posted by ぴろん at 04:22| Comment(8) | TrackBack(5) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
気持ち、解ります。
そしてご家族の気持ちも。
きっと自分達は死んでもいいから、とご家族は思われているんだと思います。
そして、拉致被害者家族が出る事で、マスコミが取り上げてくれるという事も、計算に入れているのだと思います。
そこまでご家族を追い詰めてしまった政府、そして日本国民が情けないです。私も含めて。
Posted by からぬす at 2005年06月27日 06:45
ぴろんさん、こんにちは。

>古川了子さんの集会テキスト化作業に集中しますので、当分の間素人のたわ言を書く暇はありません。

いつもながらお疲れ様です。テキスト化を首を長くしてお待ちしております。

ぴろんさんがこんな経験をお持ちだとは思いませんでした。私は同様の経験はありませんので、頭で理解する事はできますが、心の底から解かるとは言えません。きっと想像を絶する辛い体験なんでしょうね。

本来拉致被害者の救出とご家族の健康管理は別次元の話しのはずです。日本という国が国家としての意思で問答無用で救出に当たらなければならない事件であるにも拘らず、ご家族や救う会がここまでやらなければならない状況が異常な状態であることを認識するべきです。少なくとも拉致問題の存在が明確になった時点で「救う会」という組織が発展的に解散できてもいいんじゃないですか?政府の総力を上げて国内外の行方不明者を洗い出し、判定には困難な部分もあるでしょうが能動的に拉致認定をして北朝鮮に強硬に働きかけるのが正常ですよね。こうなると憲法の早期の改正が待たれます。戦争を肯定するものではありませんが、軍事力の裏打ちの無い外交なんて本来ありえませんから。

地道ではありますが、国を変えていくには結局は選挙で信頼できる政治家を一人でも多く国政の場に送り込んでいくことが必要なんだと思います。投票率が低いとどうしても一定の組織票を持っている公明党には有利になります。半島との繋がりの強い公明党を与党から排除するためには投票率を上げるのが一番の近道だと思います。

全ての拉致被害者の方々がご家族と再会できる日がきますように。
Posted by 小龍景光 at 2005年06月27日 10:36
ぴろんさん、こんにちは。

>古川了子さんの集会テキスト化作業に集中しますので、当分の間素人のたわ言を書く暇はありません。

いつもながらお疲れ様です。テキスト化を首を長くしてお待ちしております。

ぴろんさんがこんな経験をお持ちだとは思いませんでした。私は同様の経験はありませんので、頭で理解する事はできますが、心の底から解かるとは言えません。きっと想像を絶する辛い体験なんでしょうね。

本来拉致被害者の救出とご家族の健康管理は別次元の話しのはずです。日本という国が国家としての意思で問答無用で救出に当たらなければならない事件であるにも拘らず、ご家族や救う会がここまでやらなければならない状況が異常な状態であることを認識するべきです。少なくとも拉致問題の存在が明確になった時点で「救う会」という組織が発展的に解散できてもいいんじゃないですか?政府の総力を上げて国内外の行方不明者を洗い出し、判定には困難な部分もあるでしょうが能動的に拉致認定をして北朝鮮に強硬に働きかけるのが正常ですよね。こうなると憲法の早期の改正が待たれます。戦争を肯定するものではありませんが、軍事力の裏打ちの無い外交なんて本来ありえませんから。

地道ではありますが、国を変えていくには結局は選挙で信頼できる政治家を一人でも多く国政の場に送り込んでいくことが必要なんだと思います。投票率が低いとどうしても一定の組織票を持っている公明党には有利になります。半島との繋がりの強い公明党を与党から排除するためには投票率を上げるのが一番の近道だと思います。

全ての拉致被害者の方々がご家族と再会できる日がきますように。
Posted by 小龍景光 at 2005年06月27日 10:37
こんばんは、ぴろんさん。
座り込み及び集会へのご参加お疲れ様でした。
家族会の方々が口々におっしゃる「私たちには残された時間が少ない云々・・」は、生きてあるうちに拉致されたわが子、肉親と逢いたいという気持ちの切ないまでの表れなんですね。拉致被害者の方々が北鮮から戻ってきたのにわが父母はもはやこの世の人ではないなどといったことがあってはならないのですから。だからこそ、ぴろんさんの「命」がもっとも大事だというお気持ちもわかります。

せめて家族会の方だけには経済制裁が現在有効ではない理由を政府関係者から伝えることはできないのでしょうか?そうするだけで家族会の方々の心労は少なからず軽減されると思うのですが・・

古川了子さんの集会のテキスト化、心待ちにしています。お体ご自愛くださいますように。
Posted by しーおぶじゃぱん at 2005年06月27日 23:16
コメント、ありがとうございます。
座り込み懸念のエントリーを上げていた頃、私が少し大げさに家族の健康問題を取り上げているかのように受け止めた人もいたようですが。
私の過去の体験から考えてもそれは決して大げさではないと思っております。

夜満足に眠れないなどと言う症状が出ているところで、家族の健康状態はすでにかなりの危険水域なのです。
その事を家族の身近な支援者の方々はどの程度理解しているのでしょうか?
早紀江さんの今の精神状態は、私のかつての苦い記憶を呼び覚ますほど、ギリギリに追い詰められています。
それなのに毎日毎日追い立てられるように、やれ座り込みだ今度は集会だと、あんな生活を続けていたらいつ倒れてもおかしくは無い。
何かのきっかけで緊張の糸が切れた時、彼女が果たしてどうなるのか?
私は非常に心配しています。

座り込みが終わってすぐに休む間もなく今日は万景峰号の抗議行動に参加。
こんな無茶なスケジュールを一体誰が組んでいるのか?
ご家族は必死ですから、やれと言われれば座り込みでもハンストでも何でもしますよ。
それを分かった上で家族をあっちこっちへと引っ張りまわす人は誰なのか?
お願いだからこれ以上家族を追い詰めないで欲しい。
もう少し、ご家族のスケジュールを緩めて休息をとる時間を確保してあげて欲しい。
今のままでは家族は本当に死んでしまいかねないと感じています。
Posted by ぴろん at 2005年06月28日 01:59
ぴろんさん、こんにちは。
今日初めて訪問させて頂きました、oxygenと申します。
以前は義と言うHNでしたが、いつの間にか変えてしまいました(笑
今まで「blogを見る(読む?)」と言う気になれなかったのですが、ぴろんさんのblogは最初から一気に読んでしまいました。
恐らくぴろんさんの本音に惹かれたのだと思います。
ぴろんさんの記事(言葉)は飾られて無く、上手く言えませんけど「生きている人の言葉」だと思いました。
本件記事のコメントにはなりませんが、実は以前私も色々な板に投稿などしておりました。
しかし、どこの板でも次第に嫌われていくと言う状況になり、やがて去っていくと言うことを繰り返しました。
自分でも反省すべき点は多々あると思います、勿論反省し投稿を自粛して過ごしておりました。
でも、私は「本音」で投稿したかっただけなのです。
「それは違うと思います」と言う一意見を知って貰いたかっただけなのです。
しかし、その一意見に対するレスは「去れ」です(笑
こんな事を書くとまた「出てけ」(笑と言われるかもしれませんが、対象者に対し「美辞麗句賛美賞賛」、管理者に対し「絶対服従反目排除」の掲示板や投稿者がいくつか見ることが出来ます。
私は「あぁ、この人達ってオナニーしてるんだ・・・」と思ったりもしました。
何となく血液製剤事件のことも頭をよぎりました。
あの時のように運動家に利用され、対象者の願わない方向へとは進んで欲しくないと思います。

世の中には多くの意見があります。
すべてが正しく、また全てが間違っていると考えています。
個々の思想はその人が存在する限り、その人自身にとっては正論であり、その思想に反目する物は「論外」となると思います。
しかし、状況によっては自己の思想を転換しても、多くの未知なる思想を受け入れる事も必要だと思います。
それが人のためになるのなら(思想の転換が出来る人なら)、真に素晴らしい人となりだと思います。
馴れ合いの中で生まれる思想ほど危険な物はなく、それはやがてブレーキのない暴走列車となり、望まれない物まで破壊してしまうと思います。

ぴろんさん、これからも頑張ってください。
ぴろんさんの言葉は多くの人を考えさせ、やがて大きな何かを生むと思います。
では、さようなら。



Posted by oxygen at 2005年06月28日 16:02
>対象者の願わない方向へとは進んで欲しくないと思います。

対象者・支援者の願わない方向へとは進んで欲しくないと思います。

に変更してください。
Posted by oxygen at 2005年06月28日 16:28
oxygen様
ようこそいらっしゃいました。

>しかし、状況によっては自己の思想を転換しても、多くの未知なる思想を受け入れる事も必要だと思います。

本当に仰るとおりだと思います。
私の好きな諺に

「過ちを改めるに憚ること無かれ、過ちを改めざるを過ちと言う」

と言うのがあるのですが。
議論をするにしても何をするにしても一番大切にするべきことはこれではないか?といつも自分に言い聞かせております。
ですから、異論反論と議論を交わすことは私はちっとも苦ではないのです。
しかし人の意見に耳を貸さず、自分の意見の優位性に酔ってしまい、あるいはそれが行き過ぎる余り今度は人を悪し様にして憚らない連中と言うのは、実は私が一番嫌うタイプであり、一番軽蔑しているタイプでもあるのですね。

>私は「本音」で投稿したかっただけなのです。

本音で語り合うと言うのは、意外と強い精神力を要する物だと思います。
こちらが本音で切り出せば相手も本音で返してくる。
まさに真剣勝負。
それに耐えうる覚悟の無い人は上っ面のおためごかしでお茶を濁すか、シャッターをガシャンと下ろして終わりになるかのどちらかでしょう。

私はどちらかと言えば嘘の言えない不器用なタイプですから、自分の人生を振り返ってみると本音で直進し過ぎてずい分痛い思いばかりをしてきました。
人生それで損をしたことは数知れず、かも知れません(笑)
でも世の中きれい事ばかり言う人だけでもどうしようもありませんからね。
時には荒波の中へ飛び込むがごとく、一石投じる人もいないと、世の中の流れが危うい方向に行きかねない場合もありますから。
何が正しくて、何が間違いなのか、その時その時ごとに真摯に考える姿勢だけは失いたくない物だと思っています。

これを機会によろしければいつでも気軽にお立ち寄りください。
この程度の素人のたわ言ばかりのBlogですが、何かを考えるきっかけのひとつとしていただけるなら、この上ない喜びです。
Posted by ぴろん at 2005年06月28日 17:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

座り込み最終日
Excerpt: 飯塚繁雄さん  横田早紀江さん めぐみさんの写真               3日間ご家族の側を離れなかったフォラツエンさん 取材する有田芳生さん  応援に駆けつけた小川晴久さん さすが..
Weblog: Blue jewel
Tracked: 2005-06-27 06:21

家族会以外の誰に、マスコミ、政治家だけを責める資格があるのか。
Excerpt: * 本日のテーマ    【座り込み最終日】  三日間の座り込み、家族会、特定失踪者の家族の方々、救う会、ボランティア、そして全ての支援者の方々、本当にお疲れ様でした。色々と書きたいことはありま..
Weblog: log
Tracked: 2005-06-27 09:34

横田拓也さんの挨拶(2005/6/26)
Excerpt: 2005年6月26日、座り込み終了後星陵会館での集会にて挨拶 (原良一さんから頂いた音声ファイルからテキスト化) 原さんありがとうございます。 事務局次長の横田拓也さん 皆様方本当にありがとうござい..
Weblog: Blue jewel
Tracked: 2005-06-27 19:43

改めて・・切なさを感じます
Excerpt:  本当に、もう、辛すぎます。 万景峰号が新潟西港に入港、「家族会」など抗議行動 【引用開始】    北朝鮮の貨客船「万景峰(マンギョンボン)92」号が27日朝、乗客   約210人、貨..
Weblog: 日々不穏なり
Tracked: 2005-06-29 01:33

一応、蒼き星々の掲示板に書いてみたこと。
Excerpt: 要約してみます。その前に、こちらを是非ご覧ください。 救え!北朝鮮の民衆/緊急行動ネットワーク RENKサイト「援助」と「制裁」のパラドックス 北朝鮮民衆と在日朝鮮人を救うのは? 李英和(RENK代..
Weblog: * 園丁日記 *
Tracked: 2005-07-02 20:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。