2005年07月13日

パンドラの箱は開かれた

パンドラは最高神ゼウスが作った最初の人間の女性です。
ゼウスはすべての悪と災いを箱の中に封じこめ、人間界に行くパンドラに持たせます

パンドラと言う名前には「全てを与えられた」と言う意味があるのだそうです。
ゼウスは神々に呼びかけパンドラにあらゆる贈り物をしました。
知恵と戦争の女神アテナは知恵を与えました。
愛と美と豊穣の女神アプロディーテは美しい肉体を与えました。
太陽と芸術の神アポロンは美しい歌声を与えました。
そして商業の神ヘルメスはパンドラに好奇心を与えたのです。

パンドラは好奇心を与えられたので、箱の中を見たくなり、我慢できずに開けてしまいます。
すると箱の中から様々な悪が飛び出しました。
病気、貧困、飢え、暴力、嫉妬、復讐、怨恨、狂気、偽善・・・
驚いたパンドラは慌てて箱のふたを閉じました。
しかし、時すでに遅し。
地上にはありとあらゆる災いが満ち満ちてしまったのです。

けれど、パンドラの箱の中に外に飛び出さずにひとつだけ残った物があります。
それは希望。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

拉致問題を語るとき例え話に良く使われるパンドラの箱。
おおよその話は知ってはいたけれど、ふと好奇心に駆られて調べてみたのです。
パンドラの箱からあらゆる災いが地上に飛び出した、と言うことは知っていましたが、箱の中に希望が残っていたと言う話は今回調べて初めて知りました。

金正日が拉致を認めたのは、まさしくパンドラの箱を開ける行為でした。
あれはただ単に拉致被害者の存在を認めた、と言うその事実だけにとどまる話ではなかったのは皆様ご承知の通り。
金正日が開けたパンドラの箱の中からは、戦後日本がかりそめの平和の裏に隠し置いていたあらゆる災いが表舞台に飛び出しました。

歴史問題、靖国問題、教科書問題、左巻きマスコミ、利権政治、売国議員、日教組の偏向教育、日の丸君が代問題、憲法改正問題、自衛隊問題、在日の問題・・・などなど。

かりそめの平和の影で甘い汁を吸っていた連中はさぞかし慌てたことでしょう。
なんとかパンドラの箱に蓋をして、甘い汁を吸い続けようと今もあがき続けています。
しかし、一度飛び出した災いの数々をもう一度パンドラの箱の中に戻すことは出来ません。
のんびりと平和ボケのぬるま湯に浸かりきっていた市井の人々の中からも、日本の抱えるあらゆる問題に目を向ける人が増えました。
パンドラの箱が開かれたことで日本人は目覚めつつあります。
政治にも外交にもトンと無知な私でさえ、日本の抱えるあらゆる問題の存在をはっきりと意識しているのです。
この流れを後戻りさせることは出来ません。
後戻りさせてもなりません。

まもなく1年ぶりに6者協議が再開される由。
しかし早くもあちらこちらから日本を牽制する声が“かまびすしい”ですね。
中国も韓国もそして北朝鮮も、そんなに日本が本気になるのが怖いのでしょうか?
6者協議などはっきり言って茶番劇以外の何物でもない。
中韓両国が北のご機嫌取りをしている現状で、今更劇的な結論が出るとも思えない。
ではそのような中、日本のとるべき道はなんなのか?

少なくとも日本は毅然と自国の主張を通すべきと思う。
「全ての拉致被害者が帰国しない限り、わが国は北朝鮮に対し経済援助は一円たりとも出さない」
とキッパリ主張し、後は残り5ヶ国が何を言おうと何を決めようと、知らぬ存ぜぬで押し通せばよい。
金が出なければ困るのは北朝鮮である。
中国と韓国である。
日本は何も恐れることなく、北朝鮮による主権侵害・人権侵害の回復を徹頭徹尾主張すればよい。

パンドラの箱のからあらゆる災いが飛び出た後、箱の中にはただひとつ「希望」が残っているのだそうです。
この日本を希望の持てる国にするためにも、箱から飛び出たあらゆる災いと私たちは戦わねばなるまいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
明日、都内友愛会館にて「原敕晁さんを救うぞ!東京集会」が開催されます。
お近くの方、ぜひお運びの程を。

原敕晁さんを救うぞ! 東京集会10
日時 7月14日(木)午後6時半〜8時半
場所 友愛会館9階大会議室
三田会館隣=港区芝公園2−20 地下鉄三田線芝公園A1出口すぐ、JR田町駅か
ら徒歩10分
登壇者  三宅博地方議員の会副会長(八尾市議)・吉田利幸大阪地方議員の会会長(大阪府議)=原敕晁さん拉致の実行犯として原さんが勤務していた中華料理店の店主・李三俊を刑事告発
西岡力(救う会常任副会長)、司会・平田隆太郎(救う会事務局長)
参加予定 横田滋(家族会代表)・早紀江(同夫人)、増元照明(家族会事務局長)
参加費 千円
連絡先 救う会 〒112-0013東京都文京区音羽1-17-11-905
電話03-3946-5780 FAX03-3946-5784、info@sukuukai.jp


posted by ぴろん at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。