2005年08月14日

古川了子さん第2回行政訴訟報告会(3)05.8.4 東京弁護士会館にて

『荒木和博 特定失踪者問題調査会会長の挨拶』

特定失踪者問題調査会の荒木でございます。
本日は皆様お忙しい所ご苦労様でございました。

私も法廷の事は良く分からないんですけれども、見ていると原告側代理人の顔つきにはですね。
自分達が無理していると見て取れる事が感じました。
この国側の論理は破綻しているわけですから、とにかくこの入り口だけでも入れないようにして押さえようと、そこに全ては尽きるのかな?と思っております。
今日の法廷弁論に関してはいろいろですね、プレシャーが原告側にかかったとは思いますけども。
我々の方も様々な形で、この法廷の外でですね。
この間も衆議院の委員会等々で質問をやってもらったりいたしましたが、更にその古川さんに関わる認定の問題を外からも突いていって全体を動かしていくようにしたいと、言うふうに思いました。

それからこれは弁護団とは実は相談していない、今ふと思いついたんですけれど、たとえば場合によっては将来証人として呼ぶ可能性のある安明進さんを、例えば一回傍聴してもらうなんていうのもどうかな?と、いうようなことも今ちょっと思いつきなんですが考えた次第でございます。
ともかくこれで全てを進めるための通過の訴訟でございますので、大事にしてこれから先も有効な手を打っていきたいと思います。
お願いします。(拍手)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。