2005年08月22日

「募る違和感・・・日本の未来は大丈夫か?」へのまとめレス

すみません。
どうも最近の私のBlogはコメント欄につけるレスが長くなる傾向があります。
前回エントリーの「募る違和感・・・日本の未来は大丈夫か?」のコメントにレスをつけていたら、案の定長くなりすぎてコメント欄には書き込めません(笑)
よって今回も新エントリーとしてアップする事に致します。
ご承知置きくださいますよう・・・<(_ _)>


★ケイラ様

>大体「靖国参拝する」と言いながら
結局は「嘘ついた」わけで約束守らない奴なんて
友達にだって嫌ですよ。
清廉潔白であれとは言わないけれど
ついていい嘘と悪い嘘があるではないですか。

小泉さんの靖国参拝を選挙対策上公明党の機嫌を損ねるわけには行かないのだから仕方が無いとか、6者協議に悪影響を及ぼすからやむを得ないとかですね。
あるいは、そもそも小泉さんは15日に一度も参拝した事がないのだから、今回参拝しなかったからと言って特別問題はないといっている人たちがいることが問題だと思います。

郵政解散だって公明党は反対していたけれど、その意向を無視して小泉さんは解散を強行しました。
なのに靖国参拝は公明に気を使って中止だと?
そういうことをしれ〜っと言う人たちは、自分の言ってる事がダブルスタンダードだってことに気が付かないのかなぁ?

そもそも小泉さん、一端公言した以上は、公約どおり毎年毎年15日に参拝をしておれば良かったのです。
それを姑息に前倒し参拝したり、元日に初詣と称してごまかし参拝などするから、今回は足元すくわれる結果に成ったわけでしょう?
小泉さんは諸般の状況を熟慮の上で、靖国に参拝に行かなかったのではない。
自分の掘った落とし穴に自らハマってしまってしまい、行くに行けなくなってしまっただけ、と言うのが真相ではないのでしょうか?

それと靖国参拝に国内外から様々な論があることは、小泉さんは総理に就任する前から分かっていた事のはず。
一国の首相がそれでも8月15日に参拝しますと公言する事が、国内外にどのような問題を巻き起こすか?
それを知らないで彼は総裁選で15日の参拝を公約したのでしょうか?
今度の参拝回避を懸命な選択と評価する前に、小泉さんの靖国に対する見識の無さ加減をどうして誰も問題にしないのでしょう?

★moon 様

私は、そもそもこの局面で解散に打って出る事自体を問題にしています。

郵政問題がここまでこじれたのは、率直に言って賛成派の説明不足が原因のひとつにあると思う。
確かに議論の時間は尽くしたようですが、それでも反対派を論理的に説得しきれていないのです。
いくら修正を加えたとはいえ、それではまだまだ不十分だと思う人もいるから反対票を投じた人もいるわけです。
それらを乱暴にも十派一からげにし、反対派はけしからん、という振り分けに持っていくこと自体が「小泉流まやかしの術」だという事になぜに気が付かないのでしょうかね?

郵政民営化で私を総理にした以上、反対は許さんと言う小泉さんの論は一見正しいように思えますけどね。
逆の見方をすれば、小泉さんの進もうとする道がが仮に間違っていたとしても、一度支持した以上は決して逆らってはならないというのでしょうか?
それこそがカルトの論理、独裁の論理につながりはしませんか?と私は問題にしているのですが?

総理総裁のいう事に一切批判反論はまかりならん、と強行手段をとる前に、小泉さんはいったいどれくらい誠意を持って反対派の疑問その他に応えたと言うのでしょう?
私の見るところ、小泉さんはスローガンを掲げる事には熱心でも、法案の中身を真剣に説明してくれた事は無いように思いますが?
正直言えば、私だって、郵政民営化の中身は良く分からない。
解散に打って出た事でネット上でも賛否両論議論が白熱し、ようやく郵政の問題点がおぼろげながら私にもつかめてきたと言う側面はあります。
これだけは郵政解散劇の是の部分、怪我の功名とでも言う所でしょうか?(笑)

しかし利権で反対する議員は論外としても、純粋にこの法案の不備を問題にして反対した議員もいることをmoon様はなぜ?ハナから無視するんでしょうか?
それにいくら衆議院を解散して民意を問うても、参議院は現状のまま。
法案通過の為に、総理はどんな手段を使って参議院を説得するんでしょうか?
権力を嵩に力ずくでごり押しをするつもりでしょうか?
そういう手法をどうして小泉支持者は問題だとは思わないのでしょう?

>ほかにも大事なことがあるのなら、なぜこの「郵政法案にだけは」ここまで頑強に(造反してまで)反対するのか。そこを考えねばならないと思います。

???
moon様、言ってる事が支離滅裂ですよ?気が付いてますか?
他にも大事な事があるのだから郵政の問題など簡単にスルーしておけば良かったというのですか?
そういう思考方法こそが何よりの視野狭窄だと私は思います。

例えばですね。
私は今日本の政治が何より最優先で取り組むべきは、拉致問題だと思っています。
しかしいくら拉致が大事だからといって、私は郵政を始めとするその他の諸問題をスルーして良いとは思いません。
もしも今度の解散が拉致問題解散で、拉致だけで国民の信を問うといって小泉さんが強行的解散に及んだとしてもやはり私は小泉さんの手法を問題にしたと思います。

衆議院の選挙=総選挙は本来政権選択を問う選挙です。
である以上、郵政だけでなく、その他の諸問題も争点にして民意を問うのが政治の筋と言うもの。
それを郵政だけを争点に民意を問うと言うことは、その他の問題については一切考える事まかりならぬ、といっているのに等しい行為でもあります。
言論の自由を抹殺する行為でもあると思う。
その原点を忘れて、郵政郵政とお祭り騒ぎする政治家もマスコミも腐っているけれど、その腐りに気が付かずに、まんまと乗せられている一般大衆も以下同文だと私は思う。

郵政と言う狭い視野だけで物を考えていることに、当のご本人が全く気が付いていない事。
郵政と言う大義名分に隠れて彼の手法に問題があることに気が付かない人がいる事。
小泉さんのオーラにしびれる余り、彼のやる事は何から何まで正しい事なのだと信じて簡単に受け止めてしまう事。
そういう思考の狭い人が世論の大勢を占めていることが何より問題だ、と私は考えています。

★spiral 様

>小泉首相曰く、「命を
賭けて」郵政改革をやるそうで
すが、それなら拉致問題にもそ
こまでの熱意を持ってやって欲
しいです。

本当ですよね。
郵政ごときでここまで命をかけられるなら、拉致問題はそれ以上の情熱を持って取り組んでくれなきゃ嘘ですよ。
仮に一年郵政民営化が遅れたとしても死人は出ませんけれど、拉致問題は解決が一年遅れたら確実に死人が出ます。
拉致被害者本人が死ぬか、家族が死ぬか・・・こっちの問題は待った無しなんですけどね。
小泉さん、そこの所、どこまで身に沁みて分かっているのだろう・・・?


posted by ぴろん at 11:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内問題&国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よくぞ言ってくれたと拍手喝采したいと思います。
大体の話、郵政なんかよりよっぽどやること山積み
なのに、小泉首相は当てにならないことが分かりました。

となると、ここはやはり民主党ですね。
民主党の岡田さんなら拉致解決も円滑に進むのでは
ないかと思いますが、いかがでしょうか?
何しろあの中国も「小泉首相以外の人間を期待する」
と言ってくださっているくらいですから。

自民党は当てになりません。
皆さんもblogで小泉首相をブチのめし、
頑張って政界から追放しましょう!






まあ、現実の話。こんな状況下で靖国参拝などしよう
ものなら韓国中国朝日新聞あたりがキャンキャン
噛みついて支持率グダグダになるわ郵政民営化の
焦点がボヤけるわでいいとこ全くなしだったと思い
ますがね。


>純粋にこの法案の不備を問題にして反対した議員
んな奴いません。居たとしたら郵政のことは考えら
れても、頭の中身は相当おめでたい方ですな。
小泉首相は任期を残り一年と切っており、現状では
撤回する様子はないようです(あくまで現状では)。
で、この先小泉首相以外で郵政民営化案が再浮上
するとでも?
Posted by tmkber at 2005年08月26日 03:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。