2005年08月26日

小泉さんに白紙委任状を提出する勇気、ありますか?

ご無沙汰しました。
ここ数日、仕事がメチャクチャ急がしくて、パソコンを開く暇もありませんでした。
本日ようやくBlogを更新する時間を確保できましたので、久々に素人のたわ言を綴りたいと思います。

小泉さんのまやかしをネタにするのも疲れますね。
分かる人には分かってもらえてるみたいですけど、分からない人には私の言いたい事はとことん理解の範疇外にあるようですし・・・(溜息)

郵政だけで賛否を問う選挙。
それに賛同する方はどうぞ郵政だけで大事な一票を行使されたら宜しい。
ただし、郵政だけで投票すると言う事は、郵政以外の諸問題に関しては小泉さんに白紙委任状を提出するに等しい行為だと言う事を、心のどこかに刻んでおいた方が良いでしょうね。

今回の選挙が郵政だけで賛否を問う選挙であると断言するのなら、今度の選挙後、仮に郵政の問題が参議院も通過して成立したとしてですね。
小泉さんは直ちに議会を解散して、その他の諸問題について改めて国民の信を問わねば、物事の筋が通りません。
しかし現実問題、それぞれの案件一つ一つにたいしていちいち解散総選挙に打って出るわけには行かないでしょう。
費用もかかることですし、政治の空白期間を何度も何度も作るわけには行きません。

と言うことはですね。
小泉さんの言うように郵政だけで一票投じると言う事はですね。
郵政以外の諸問題は小泉さんにすべて一任、どうぞご自由にご勝手に国政をいじってくださって結構ですと、言うに等しい行為になるのでは?と思うのですよ。
もしも自民党が圧倒的多数で勝利した場合、小泉さんは国民からの絶大な支持があると言うのを良いことに、好き勝手をし放題になる恐れも無きにしも非ず、だとも思います。
今のところ、「私の総裁任期は来年の9月まで」なんて言ってますけどそれだって、どこまで信用していいのやら?
郵政以外の公約はいともあっさり撤回したのが小泉さんです。
彼の言葉をどこまで信用して良い物なのか?
自民圧勝なら、任期延長を小泉さん自ら言いだす可能性は大ですし、それを支持する自民党員も続出するかもしれません。
勝てば官軍、政治の世界なんて何でもあり・・・が現実ですからね。

拉致問題的に考えたら、それは悪夢のシナリオです。
小泉さんがトップにいる限り、拉致問題はまず動かない。
動かないどころか被害者切捨てで、国交正常化へと一気に舵を切る可能性だって否定は出来ない。
そんな恐ろしい行為に及ぶ可能性のある総理に対し、私は白紙委任状を提出する勇気はありません。
考えただけでも恐ろしい事です。

総選挙と言うのは今後4年間の政権を誰に託すかを選択する選挙です。
それと前回の総選挙での公約がどれだけ果たされたのか?確認をする選挙でもあるはずです。
前回の自民党マニフェストはどれくらい誠実に実行されたのか?
これまでの小泉さんの総理としての仕事ぶりは合格点を付けられるのか否か?
それらを有権者が厳しく採点をする機会が今度の総選挙の本来の目的であるはずなんですが。
拉致問題の取り組み、道路公団問題、年金、医療・・・私はどれもこれも中途半端で合格点にははるか及ばないと思ってるんですけどね。
小泉支持派の人には郵政のことで頭がいっぱいで、小泉さんの都合の悪い所なんかどこかへ吹っ飛んでしまっているんでしょうねぇ・・・

それと総選挙は、今後4年間の政権を担う政党を選択する選挙である以上、ポスト小泉はどうするのか、それを明白にしていただく事も必要なのではないかとも思う。
小泉さんはあと1年で辞めるのなら、残りの3年を誰が総理として政治の舵取りをするのか?
それを示さないまま投票しろというのでは、小泉任期切れの後どうするかも白紙委任しろと言うのに等しい行為。
だって私たち一般国民には、議会を解散する権利もなければ議員や総理をリコールする権利も無いんですから。
総理が一方的に任期延長をするにしても、ポスト小泉として別の誰かがトップに立つにしても、そこに国民の民意は全く届かないわけです。
残り3年を誰が担うのか?明らかにしないまま政権選択を問われる選挙と言うのも、どこか微妙におかしいと思うんですが?
これは郵政郵政とさけぶ選挙の裏に隠れたまやかしの一つだとも思う。

小泉流まやかしの術に早く気が付いてもらいたいんですけれど・・・
怒涛の解散を受けて、「私、小泉さんにどこまでも付いて行きます♪」てな具合に、小泉さんのオーラにしびれちゃって、舞い上がって、踊りまくってる人たちの耳には私の注意喚起の言葉など、やはり届かないんでしょうか?

ともかく今度の選挙ほど投票先に悩む選挙もありません。
小泉はNO。
しかし批判票を投じる先がないのですよ、現実問題。
民主は頼りないし、公明・民社・共産は論外ですしね。
新政党も・・・なんだかなぁ。

私の貴重な一票、どこに入れたら政界浄化に一歩近づく事になるのだろう。


posted by ぴろん at 23:27| Comment(9) | TrackBack(3) | 国内問題&国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぴろんさんの意図がどこにあるのかは知りませんが、少なくともここが小泉首相への賛否を戦わせる場になってしまうことは得策とは思えません。

↓の横田さん夫妻の記事を読むと、批判すべきところはきっちり批判しつつ、期待を失っているわけでもありませんよね。この姿勢をずっと貫けることには尊敬するほかありません。

http://www.chunichi.co.jp/00/kgw/20050826/lcl_____kgw_____000.shtml

現実的な話をしますと、マイナス投票の制度がない以上「ノーコイズミ」だけの意志を示す方法はありません。棄権が適当かと思います。
Posted by ふらわあ at 2005年08月27日 00:27
ぴろんさんの意見に賛同します。今回の選挙、「郵政」だけを争点にしてはなりません。ましてや安っぽい「小泉劇場」などに付き合うつもりもない。拉致被害者家族の忍耐も限界でしょう(東京新聞のインタビューの、どこをどう読めば「政府に期待している」と取れるのか不思議でなりません)。

私は安全保障、国防、外交、その他あらゆる側面をみて、日本を国家たらしめる国会議員に清き一票を入れたいと思います。
Posted by log at 2005年08月27日 01:24
ぴろんさん、お仕事お疲れ様です。
信者との議論伯仲で疲れちゃったのかなと思いましたが、やはりぴろんさんは信念の人ですね。

 自分が信者に呼びかけをして、その後コメントせず失礼いたしました。不毛の議論にしかならないから控えていました。今回の議論は彼らの本音が聞けたことに関して意味がありました。そのことを通じて、なぜ拉致問題が解決できないのか改めてよく分かりました。

 小泉さんのイメージ戦略は着々と進んでいるようです。
自民党:メルマガ、ブログ発信者と懇談 武部幹事長
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050826k0000m010064000c.html
の記事は、小泉さんがブロガーをとても重視していることを表していますね。
すごく気になるのは、この懇談会に呼ばれた人はいったいどういう人なのかということ。小泉信者さんは入っているのだろうか。

 最近、小泉信者と呼ばれる人の中には純粋に彼を信奉しているから信者になっている人と職業としてやっている人がいるのではないのかなと疑問に思うことがあります。もし、職業としてやっている人がいたとしたら、もの凄い世論誘導です。

 飯島秘書官は、イメージ戦略の天才です。
昨年の5.22家族会バッシングの時を振り返ると、飯島さんはすごい人だと思います。

 インターネットは沢山の情報を我々に提供してくれます。ネットは匿名性を武器に何でもありの世界です。今まで知られていなかった大手マスコミが決して書かない真実が伝えられることもあります。同時にデマ・うそが流れることも多々あります。最近、若い世代に中国・韓国・北朝鮮に対して言うべきことを言い日本の国益を守るべきだという意見が増えたのはネットの影響が大きいと思います。人権擁護法案の反対活動もネットから始まりました。

 ネットでの世論形成の動きは止められないでしょう。ネットが小泉さん信者ばかりなら権力者の側にとって問題はないでしょうけれどそんなことはありえません。政治家のスキャンダルだってあっという間に広がるのがネットです。だからこそ、権力者の側にとってこれほど怖いものはないのです。そのために対抗手段として考えたのが個人情報保護法であり、人権擁護法案なのだと思います。

 私は、小泉さんに白紙委任状を出す気はありません。私自身は、政党で議員を選ぶ時代は終わったと思っています。その人物の政策・過去の言動・実績で選びます。今は、インターネットという便利なものがありますから、簡単に調べられますので、情報をうまく活用して判断したいと思います。出来うるなら、候補者本人に自分の疑問に思っていることを直接聞いてみるのが一番の判断基準になります。

 小泉さんが真紀子人気で総理になった4年前と同じ熱狂が再び訪れようとしている。それは、民主主義国家日本にとっての危機ではないのか。自民党支持者の方はよく考えてください。国民の命を最優先課題にしない総理にこの国の未来を託してよいのですか。 総理候補はほかには考えられないのですか。
Posted by うさぎ at 2005年08月27日 10:57
ぴろんさんのご指摘は全くその通り
だと思います。
郵政民営化に賛成か反対かだけで投票
しろというのは無茶です。反対派の中
には、民営化には賛成でも、法案に問
題があるとして反対しておられる方も
います。
法案の問題点には触れさせないように
して、反対派の議員を全て悪者のよう
に仕立てるやり方には憤りを覚えます。

私の住んでる選挙区からは、平沼赳夫
拉致議連会長が出馬します。ですから
今回の選挙は遅疑なく平沼氏を応援し
ますが、大抵の選挙区では、誰に投票
すれば良いのか悩むでしょうね。

Posted by spiral at 2005年08月27日 13:27
なにかぴろんさん、まじめすぎるのじゃあないの? ノー小泉だからと言って、誰も選挙できる人がいない、なんて、おかしいと思うけど。ブログの責任上完全主義者になってしまったかも知れないけど、小泉よりましな人はいくらでもいますよ。例えばあの危なかった状況を切り拓いた「新党」の人たちだって、十分小泉を超えています、と思うけど。
Posted by ぴろんさん頑張れ! at 2005年08月27日 16:07
いつも自分の意見を持つためにぴろんさんを参考にさせてもらっています。


私は国民の多くが郵政で小泉熱狂支持になっているとは思いません。あえて言うなら小泉消極支持ぐらいだと思っています。(自分がそうだというのもあるんですが…)

ノー小泉と言ってみた所で、じゃ変わる人がいるのかというと私にはポスト小泉を見つけられないでいますし。

4年間の政策はほとんど中途半端だという意見が多いですが、でもここ最近の政権で中途半端でない政権を探す方が大変だと私は思いますし…中途半端でなかった政権、もしくは政策ってありましたか?

結局小泉消極的支持に行き着くんだろうか…
Posted by ぴろんさんは結論が出ないのが結論ですか? at 2005年08月27日 21:50
ご訪問の皆様へ

すみません、毎度毎度申し訳ありませんが、今回もレスが長くなりすぎてしまいまして、新エントリーとしてアップさせていただきました。
このエントリーに対するレスは「毎度お馴染みのまとめレス・・・」と言うエントリーに書いてございますので、そちらにご足労をお願いしたいと存じます。
お手間かけてすみません。<(_ _)>
Posted by ぴろん at 2005年08月28日 00:22
小泉に白紙委任状、たしかにこのままではさうなつてしまひますね。困つたものです。拉致も、教科書も、反日デモへの謝罪要求も何も頭にないのでせうか、あの人。一国の首相にはしておけません。しかも支那と韓国には謝つてばかり、反省してみせるばかり。
よく周りの友人にいふのですが、十数回謝れば、世界中の国から、日本は本当に悪いことをしたから謝るんだな、と思はれても仕方がない。
拉致も強い態度に出ないから、余り本気で同胞を取り返さうと思つてゐないんだ、国家としての強い意志がないんだ、と思はれても仕方ないですよね。
それにしても、私の居住する選挙区は、「江の傭兵」の坊やが自民から、後は民主と共産しかいません。投票の仕様がないのです。情けない。比例も自民は入れたくなくなりました。
私にとつては、世の趨勢とは逆にシラケた選挙です。
拉致問題頑張つて下さい。いずれ参戦する時もあるかと思ひます。
Posted by dokudankoji福田 at 2005年08月28日 22:06
★dokudankoji福田様

わざわざのお運び、光栄です。
いつも貴Blogは大変興味深く読ませていただいております。

>拉致も、教科書も、反日デモへの謝罪要求も何も頭にないのでせうか、あの人。一国の首相にはしておけません

本当に仰るとおりだと思います。
小泉さんの国家観の無さ加減は犯罪的ですらあると思う。
でもそういう危機感を理解している国民が果たしてどれくらいいるのやら?
郵政郵政とお祭り騒ぎして、小泉さんをもてはやしてはしゃいでいる人たちが、いったい何を考えているのか?私にはさっぱり分かりません。

>私にとつては、世の趨勢とは逆にシラケた選挙です。

私も同感です。
日本の未来を真剣に考える人ほど、今度の選挙くらい悩ましい選挙も無いのではないでしょうか?
正直言って投票する先が無いのです。
自民にも民主にも入れられない。
しかし棄権をするのは業腹だし・・・
では私の批判票はいったいどこへ?
世の喧騒とは逆に、私も大変悩ましい日々を過ごしております。
Posted by ぴろん at 2005年08月29日 08:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

保守が追求すべきは「国益」ではなく「真の独立」である
Excerpt: 万景峰が新潟入港 今年10回目、出港は25日 北朝鮮の貨客船「万景峰92」が24日朝、修学旅行帰りの朝鮮大学校生ら約120人と貨物約42トンをのせ、新潟港に入った。今年10回目の入港。  新潟海上..
Weblog: log
Tracked: 2005-08-27 01:25

[時事] 過激な「新自由主義」への危惧
Excerpt: ここで取り上げた産経抄にあった宮崎哲弥氏のホリエモン出馬についての分析、 国家権力を最小化し、「社会の粗方(あらかた)の機能を自由市場のメカニズムに委ねようという思想」の持ち主であり、その出馬が持..
Weblog: Dr.マッコイの非論理的な世界
Tracked: 2005-08-28 21:34

いよいよ明日公示&新ブログ
Excerpt: 明日、30日、衆議院選挙の公示日ですね。 今回の選挙はどうなるだろうかと思うのですが、とくに造反のレッテルを貼られた議員の先生方のことが心配です。 昨日、大分の衛藤先生の応援ということで西尾幹二先..
Weblog: なめ猫
Tracked: 2005-08-30 09:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。