2007年11月03日

07.9.17 吉田康一郎都議 渋谷街頭活動より

07・9・17 渋谷街頭活動
渋谷ハチ公前広場にて

『吉田康一郎 東京都議会議員の挨拶』

Img_5263.jpg

ハチ公口前を御通行中の皆さん、こんにちは。
こちらは東京ブルーリボンの会でございます。
北朝鮮に拉致された人の家族の方と、北朝鮮に拉致された可能性が極めて高い人たちのご家族と、そして今まさにこの瞬間を北朝鮮の大変な人権侵害の中で生きているかも分からない、怯えながら暮らしていらっしゃる日本人を一人も残さずにこの故郷日本に帰ってもらうために、そういう運動をしている地方議員の会と様々な思いの中で、本日9月17日。
5年前に小泉総理が平壌に行って本当に北朝鮮が日本人を拉致していたんだ。
その内の何人かだけが帰って来た。
今日9月17日、この日にこの渋谷駅前をお借りを致しまして街頭演説を申し上げております。

今、皆様は拉致の問題、解決難しいんじゃないかな?とそういうふうに感じ、諦めの気持ちもお持ちの方もたくさんいらっしゃると思います。
しかしこの問題だけは絶対に諦めてはいけません。
今、若い方が皆さん歩いていらっしゃいます。
皆様のもしかしたらお父様かお母様が運悪く拉致されていたら、今、このハチ公前を歩いていらっしゃる若い皆さん。
あなた方はこの日本で生まれていなかったかもしれない。

そしてご高齢の方もいらっしゃいます。
皆様の息子さんやお孫さんが拉致されていたかもしれない。
これは日本人全体の問題です。
皆様、お一人お一人が被害者であったかもしれない。
これからも拉致されないとは限りません。

北朝鮮は今核兵器を持とうとしております。
骨抜きで結局アメリカをはじめ諸外国は、あの謀略な国の核保有を事実上認めることになるかもしれません。
麻薬を売り、他所の国の偽札を売り、様々な暴力行為・不法行為を行い、不法産品を他所の国に送り込み、日本人をはじめ他所の国の国民を拉致する。
こういう暴力団国家が核兵器まで持つ事を、国際社会は何も出来ずに指をくわえて事実上見ている。
それを認めざるを得なくなるような、そして100人以上の拉致被害者をこの日本がこれを諦めるのを、北朝鮮は虎視眈々と狙って待っているのです。

日本人の皆様。
日本人をこんな他所の暴力団国家に、日本人の一人たりとも拉致され命を脅かされて、今も何十年も苦しんでいるこの人たちを絶対に見捨てないんだ、取り返すんだ。
何としても取り返すんだと言う強い国民全体の・・・(聞き取れず)が思っている事を、是非渋谷のハチ公口前を歩いていらっしゃる皆様。
改めて確認してください。

今北朝鮮に拉致された方のご家族をはじめスタッフが、ブルーリボンのバッジあるいはブルーリボンを皆様にお届けをしています。
チラシをお配りしています。
是非お手にとってご覧頂いて、この表向き平和に見える日本が大変な脅威に晒されていて、皆様の事によったら身近な方も拉致されるかもしれない。
拉致されていたかもしれない。
この北朝鮮に対して断固として、日本人を一人も譲り渡さない。
諦めない。
この意思を強く確認をしていただきたい。
改めてお願いを申し上げる街頭行動をさせていただいております。

今自民党の新しい総裁が決まろうとしています。
どなたがどのような立派な事を言ったとしても北朝鮮に拉致された我々の同胞、日本人、この人を取り返すことを日本として一番大事な仕事なんだ。
このように言わないそういう総理総裁であったのなら、皆様の命も権利も自由も守ってくれません。
皆様のお一人お一人の命を守るのと同じように、今まさに北朝鮮に拉致されている、苦しんでいる人を、日本人を必ず取り返す。
こういう強い意思とメッセージを持った人が総理総裁に出てこない限り、これは自民党でも民主党でもどの党でもどんな総理総裁でも偽者だ。
我々日本人は命と権利と自由を守る。
こういう総理総裁が出てくるまで、皆さんどうぞ・・・(聞き取れず)そういう日本の総理総裁を誕生させるように、皆様心に強く念じて要はこの後もご配慮頂きたいと思います。

今お配りをしているブルーリボン、是非皆様お手に取っていただいて、是非身につけてください。
今まさに苦しんでいる人を助けなければいけないんだ、とこのように改めてこの9月17日、小泉さんも訪朝から5年目です。
何も解決していません。
この機に家族の方、そして拉致された可能性が濃厚な方のご家族の方、そして一人たりとも北朝鮮に譲り渡さない。
こういう思いでこの方々を支援している地方議員の会の一員として、お願いをお訴え致します。
東京都議会議員の吉田康一郎でございました。
よろしくお願いいたします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。