2007年11月03日

07.9.17 小川晴久氏 渋谷街頭活動より

07・9・17 渋谷街頭活動
渋谷ハチ公前広場にて

『小川晴久 北朝鮮帰国者の命と人権を守る会名誉代表の挨拶』

Img_5283.jpg

ただ今ご紹介に預かりました、北朝鮮人権問題に取り組んでいるNGOの一つであります、北朝鮮帰国者の命と人権を守る会の小川でございます。
拉致問題に関しては、私も渋谷に遅れてまいりましたけど、数年前からブルーリボンをつけて職場に通っています。
今日はここで渋谷をご通行中の皆さんに私が訴えたいこと・お願いしたいこと、一つだけ申し上げます。

北朝鮮の人権問題は今こう着状態になっております。
それは去年の10月9日に北朝鮮が核実験を敢行した。
その核実験以来、残念ながらアメリカもですね。
この核問題最優先という事で、北朝鮮・・・(聞き取れず)核問題1本に絞ってきております。
6ヶ国協議で。

そのために安倍首相もですね。
拉致問題で成果を上げられないでいた。
この事態を大きくゆり動かすためには、皆さん。
北朝鮮の山の中にある強制収容所に注目をしてください。
北朝鮮の山の中には非常に大規模な強制収容所があります。
非常に多くの収容者が餓死させられています。
中国政府も韓国政府もロシア政府も、この強制収容所問題を知っていないはずはありません。
ですから核査察だけではなくて、強制収容所査察を是非、世界中の声にしていく必要があります。

北朝鮮の人権問題、たくさんありますが、その根っこで共通しているのは山の中の恐ろしい強制収容所です。
強制収容所を暴く。
その新しい姿勢が新しい状況を生み出す。
是非皆さん、関心を寄せてください。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。