2005年09月03日

支援の輪を広げる努力と深める努力

拉致問題解決にとって一番の敵は、国民がこの問題について無関心になる事だと思う。
これはどなたにお聞きしてもまず異存のない所だと思います。
だからきっかけはどんな些細な事でもいい。
「可哀想」「お気の毒」といったレベルでも良いからまずは関心を持ってもらいたい、というのが支援の輪の端くれにいる者の切実な願いであるのです。
そして一度関心を持ったなら、今度は深める努力をお願いできないものか?
それも支援の輪の端くれにいる者の偽りのない本音の思いなのですが。

なんでこんな事を言い出したかといいますと、拉致問題を支援するあるお仲間からこんなお話を聞いたからです。
ある人に「拉致被害者の名前を挙げて下さい」と問うた所、ひとりも名前を上げられない人がいたそうです。
しばらく考えて「めぐみ」という名前がようやく出る有様、「横田めぐみ」というフルネームさえすっと出ない人がいたというのですね。
その人たち、決して拉致に関心が薄いというわけではない。
政治運動に関り、選挙運動のボランティアなどをしていて、普通の人と比べて政治問題その他に関する意識はかなり高い人たちです。
それなのに拉致被害者のお名前は?と問われてこの有様。
その現実にかなりのショックを受けた、というお話です。

そうなのかも知れません。
拉致問題に熱心に取り組む支援者の間では常識中の常識であることが、支援の輪の外側にいる人たちには常識にすらなっていない。
それが拉致問題を取り巻く、哀しい現実なのかもしれません。
政治に関心の深いこれらの人でさえこの程度の認識であると言う事は、それ以外の普通の市井の人々の認識はどの程度か?というのは私がここで説明せずとも押して知るべし、でありましょうね。
被害者の名前さえもあげられない人が、例えばどれほど個々人の拉致の現状について知っているのか?
政府官邸・外務省・警察その他の組織の拉致問題への取り組み度具合を理解できているのか?
諸外国の拉致問題に対する認識度はどの程度か知っているのか?
中国や韓国が拉致問題解決に関して当てにならない現実を知っているのか?

拉致問題に関心のない国民はいないと思う。
大なり小なり拉致問題の存在自体は知っているし、一刻も早く被害者が救出されて欲しいと、多くの国民は願ってくれている事でしょう。
けれど現実は哀しいけれど、この程度でしかないと言う側面はあるのだと思う。
拉致の実態についてはほとんど何も知らないに等しい人が、この国には大勢いるのが実情なのだ、と思っていた方が多分認識としては正しいような気がします。

logさんのエントリー「拉致問題収束への思惑?」に寄せられたけん様と言う方のコメントが、拉致問題に対する国民の関心度具合を上手く表現してくれていると思うので、一部引用させていただきますね。

国民の拉致問題への関心は微妙ですね。「覚えているけど忘れかけている」「どうでもいいとは思っていないけど、最重要とも思っていない」「知識はそれなりにあるけど断片的」という感じで凄く中途半端です。これでは国民とマスコミの操縦だけは凄く上手い小泉首相の思う壺です。今回の「郵政劇場」みたいに盛り上がり、わけのわからないまま勢いだけで国交正常化に突っ走り、拉致問題は置いてきぼりということになりかねません。


私もこのコメントに同意。
制裁賛成80%、小泉政権支持率50〜60%
この数字のギャップの裏には国民の拉致問題に関する認識の低さ・薄さがある、と私は睨んでいます。
今度の選挙、郵政郵政で盛り上がり拉致がどこかへ消し飛んでいるのは、国民の薄〜〜い関心度も原因なのだと思う。
その現実をこの国の国民はどこまで自覚しているのだろうか?
制裁賛成の数字がいくら高くてもその心は?と問えばどこまでも心もとないのが今の日本の現実と違いますかね?

国民の関心と言う歯止めがある限り、政府も外務省も勝手な真似は出来ません。
しかし一度国民の関心が薄れたら、拉致問題の解決は棚上げとなり国交正常化へと悪しき方向に舵を切る可能性は否定できないと私は思っています。
どんなに家族や支援者が訴えても「全ての被害者を取り返す」とは決して言わない官邸サイド。
特定失踪者問題に熱心に取り組もうとしない官邸サイド。
隙あらば国交正常化へと舵を切りたいというのが政府・外務省の隠された本音ではないのか?
これは拉致問題を支援する人の間では半ば常識の話だと思いますが、支援の輪の外にいる人たちにこの常識はどれほど浸透しているのだろう?

「拉致問題の解決なくして国交正常化なし」と、官邸トップの主は事あるごとに繰り返しますが、その言葉の真意はどこにあるのか?
拉致問題の解決はあくまでも全ての被害者の救出に他なりません。
しかし北朝鮮と親北派の方々にとっての「拉致問題の解決なくして国交正常化なし」の真意は、あくまでも「5人生存・8人死亡・2人未入国」なのです。
受け止める人の都合によって玉虫色に変わる「拉致問題の解決なくして国交正常化なし」の言葉の意味。
私たち支援者はこの言葉の意味を私たちの望むような「全ての被害者の救出」と素直に捉えて安心していても良いのでしょうかねぇ?

無関心が問題解決の敵であることは間違いないが、薄〜〜い関心もまた問題解決の障害となりかねない側面はあると思う。
拉致問題への関心がいつまでも「可哀想」「お気の毒」のレベルで止まったままでも困るのです。
敵の工作に翻弄されて本質を見失わない為にも、拉致に関して確かな知識をひとりでも多くの国民が共有して欲しいと願う。
いつか厳しい状況判断を迫られる日が来た時に、私たち国民が選択するべき道を間違えない為にも、それぞれが出来る範囲で構わないから少しでも知識を深める努力が必要だと私は思う。

拉致問題に関心を持って欲しい。
「お気の毒」でも「可哀想に」と言うレベルでもいいから、とにかく関心を持って欲しい。
そして一度関心を持ったなら、今度はそれを深める努力をして欲しい。
時間があれば家族の手記を読んで欲しい。
拉致について解説した本を一冊読んでみて欲しい。
一度でいいから集会に参加してみて家族の生の声に触れて欲しい。
それらの積み重ねが問題解決のための大きな力となると私は信じています。

ところで、某県の某候補が「拉致問題は票にならない」とほざいたそうである。
以下のサイトを参照の事。
http://nyt.trycomp.com:8080/modules/news/article.php?storyid=4258

この発言、候補者ばかりを責めるわけにも行きますまい、と思う。
政治家のレベルは国民のレベルに比例するもの。
この程度の体たらく候補が堂々と選挙に名乗りを上げ、堂々とこのような不届き発言が出来てしまうのはですね。
それだけ国民の側の認識も甘っちょろいということを表して余りあると言う、なによりの証しではあるまいか?


posted by ぴろん at 19:51| Comment(8) | TrackBack(1) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
spiralです。
私が思うに、結局政治家も国民も
「平和ボケ」してるからではない
でしょうか。
戦後60年、一度も戦争しなかっ
たのは良いことですが、それが為
に「国防」への関心が薄まってし
まったように思います。
それに加え、GHQによる占領政策
も大きな影響を与えていると思い
ます。
それから、個人主義が横行して
拉致された方々が自分達の「同胞」
であるという意識も希薄なのだと
思います。
それと、マスコミも何かアクション
があった時だけ拉致を取り上げる
のではなく、常時拉致については
報道していくべきだと思います。
(これを実行してるのはCSの桜チャ
ンネルだけですものね)
拉致問題は「国防」「安全保障」に
拘わる重大な問題です。ですから
「拉致は票にならない」などという
候補は政治家になる資格はないですね。
有権者の良識で落選させて欲しいです。
Posted by spiral at 2005年09月03日 22:24
正直言って今のところ拉致被害者やご家族の方に「かわいそう」「早く帰って来られたらいいのに」と他人事のような感情しか持てていない者です。

そんな私でも心配事というか不可解に思っていることがあります。それは、拉致問題解決に取り組んでいる家族または支援者同士での意志疎通がうまくいっているのか?という点です。

例えば、蓮池さんの証言を疑問視する論調が大きくなっていたり、身内のスキャンダルみたいなのが記事になったり。

拉致問題にあまり関心を持っていない者にしたら内輪同士でうまくいってないんじゃないかと邪推してしまいます。こういうことも拉致問題が解決に向けて一向に進展しない苛立ちからなんでしょうか?

とにかく私には拉致問題に積極的に関わっている(関わらざるを得ない)人同士で何かもやもやしたものがあるのではと思っているのですが、実際はどうなのでしょうか?

もし内ケバみたいなものが露見されれば、どんどん国民の関心が離れていくような危惧を抱きます。
Posted by 非国民 at 2005年09月04日 02:09
>非国民さん

>拉致問題にあまり関心を持っていない者にしたら

「拉致」という国家犯罪がどうして起きたのか。何故それを日本は解決出来ないのか。マスコミは今までどうして報道してこなかったのか。我々が無関心でいた(いる)のはどうしてなのか。
家族会のスキャンダルや内ゲバよりも、まずはこうした経緯、背景に関心を持つ方が先ではないかと思います。
Posted by log at 2005年09月04日 03:53
>非国民さん

>例えば、蓮池さんの証言を疑問視する論調が大きくなっていたり、身内のスキャンダルみたいなのが記事になったり。

こういったことが出てくること自体がこの問題を解決ではなく、終結させたい勢力の活動(あるいは工作)の一つだと考えてみたことはありませんか。


拉致問題の根本原因は私は日本の55年体制にあると思っています。平たく言えば、保守革新双方が裏では官房機密費で手をつなぎ、国民を騙していた。その中で拉致問題が起き、被害者は見捨てられてきた。

多くの人が他人事の感情しかもてないのは、自分には決しておきないと安心しているからでしょう。それはある意味、仕方がないことでしょう。
どう考えたってありえないようなこと(拉致)が何十年にも亘って連綿と続いてきた。だから、めぐみちゃんの事が発覚して家族会ができても、多くの国民がまさかそんなスパイ小説のようなことがと半信半疑だったのです。

それは、戦後60年一度も国民自身が戦争に巻き込まれることなく過ごしてきた平和に慣れてしまったからでしょう。世界中で戦火の絶えた日はありません。でも、平和で豊かな日本で生まれて平穏無事に過ごしているとそういうことは心情として理解できたとしても、所詮他人事です。

日本は島国なので、目に見える国境というものがありません。国境紛争に慣れている国民は外敵の侵入に対して常時警戒して心理的にも物理的にも防衛体制をとっています。幸いにして、日本国民はそういうことをせず、経済発展のみにうつつを抜かして60年過ごしてこられました。

でも、私たちが享受してきた平和は見せかけに過ぎなかった。自分たちの拠って立っている社会は実はとても危ういものだったということに私は拉致問題を通じて気づきました。自分が拉致されなかったのは、単なる幸運に過ぎなかったということにも。

この問題が現在進行形で、北朝鮮が韓国を赤化統一するまで工作機関を決して手放さない以上、北朝鮮は必要とあらばこれからも日本人を攫っていくでしょう。その時、被害者になるのは私かも知れないし、この問題に関心のない人かも知れません。

現実に今年の四月に脱北日本人妻平島筆子さん拉致事件が起きました。このことが意味するものは日本国内に北朝鮮のスパイ組織が現存し、現役のスパイ(工作員)がいるということです。そのスパイは日本人かも知れないし、北朝鮮人かも知れない。確実に言えることは拉致事件全盛時より規模は小さくなったとはいえ、この国にはスパイ組織が現存しているという恐ろしい事実があること。

スパイは一般人の目に触れないから、そんなことに普通の人は関心ももたないし、まず気づきません。スパイは普通の格好をして一般人の振りをしているからもっと気づかないでしよう。あなたの隣に赤いスパイがいると言われても、まず気づかないし本気にしないでしょう。だからこそ、あれだけ多くの日本人が拉致されていったのです。

平和を考えるということは、逆に平和でない状態=有事を考えるということでもあるのです。日本は現在、本当に平和でしょうか。それを支えるのは国民一人一人の意識ではないでしょうか。
Posted by うさぎ at 2005年09月04日 10:42
>非国民さん
はじめまして。
こんにちは。

>他人事のような感情しか持てていない者です。
のに
>どんどん国民の関心が離れていくような危惧を抱きます。

他人事のような感情しか持てず拉致問題にあまり関心を持っていないのに国民の関心が離れていくような危惧を抱く?
ううむ。私にはいまひとつ理解できません。

邪推をする前にこちらの「話の花束」は良く読まれたのでしょうか?
集会のお話だけでも良く読まれれば?と思います。
Posted by ケイラ at 2005年09月04日 20:10
★spiral様

仰る事同意します。

戦後の日本人は日本人としての全うな自尊心や誇りを、まるでどこかに置き忘れてきたかのようです。
拉致問題は国家主権侵害問題なのです。
現在の日本は決して平和の只中にいるわけではない。
今はまさしく有事の最中なのです。
それなのに拉致問題をどこかの誰かのお気の毒な物語で終わるのは、認識力の欠如もはなはだしいと思う。
国家と言う概念を持たない、根無し草国家に未来は無いのです。
私たちはいったい何時まで同胞を見殺しにし続けるのか?
日本人よ、いい加減目を覚ませ!と叫びたいです。

★非国民様

>もし内ケバみたいなものが露見されれば、どんどん国民の関心が離れていくような危惧を抱きます。

内ゲバを理由に関心を薄れさせるようでは、日本の将来も知れたものですね。
そんな瑣末な事を危惧するお暇があるならば、拉致問題の本質について少しでも学んでいただきたいものですが?

正直申し上げまして、非国民とはずい分と意味深な?HNでございますこと。
そういう言葉でご自分を揶揄する暇があったら、当Blogの集会テキストをお読みくださいませな。

なんとなんとタイミングの良い事に!
ただ当Blogでは今来るべき選挙に向けて、当Blog掲載中の集会テキストの抜粋を連続紹介しております。
お勉強をするには丁度良い環境が整っているかと存じます。
どうぞ家族の声をお聞き届けください。
非国民様も非国民から普通の国民へ、そして良識溢れる国民へとめでたく脱皮していただければと存じます。

★log様、うさぎ様、ケイラ様

フォローのコメントありがとうございます。
おかげで私が言いたいことの大部分を代弁していただいた形となりまして、一手間省けてしまいました。
感謝申し上げます。(^^)v
Posted by ぴろん at 2005年09月06日 00:32
logさん うさぎさん ケイラさん

私の無知で無神経なコメントにレスをわざわざありがとうございます。

特にケイラさんの
>他人事のような感情しか持てず拉致問題にあまり関心を持っていないのに国民の関心が離れていくような危惧を抱く?
ううむ。私にはいまひとつ理解できません。

この指摘は当然だと思います。
この表現は偽善だなぁ〜と自分でも思いました。

拉致問題について無知であることを恥じて、少しずつですが自分でも問題解決に向けて何が出来る考えてみたいと思います。

ただ蓮池さんの証言に期待することはナンセンスだと今でも思います。


Posted by 非国民 at 2005年09月06日 00:36
★非国民様

>拉致問題について無知であることを恥じて、少しずつですが自分でも問題解決に向けて何が出来る考えてみたいと思います。

ぜひその方向で拉致問題についての知識を深めていただきます事を希望いたします。
その思いは何よりもご家族への力となるはずです。
私からもどうぞよろしくお願い申し上げます。

>ただ蓮池さんの証言に期待することはナンセンスだと今でも思います。

残念ですが、この件に関してはそれが現実的なのでしょうね。
帰国した被害者の周りには今でも工作員がうろうろしているでしょうし、土台人と呼ばれる協力者は、今でも彼らの周りで普通のご近所さんを装って生活しているのかもしれませんしね。
当然脅迫その他の圧力は彼らの身の上にかかっているもの、と見る方が妥当でしょう。
Posted by ぴろん at 2005年09月06日 19:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

拉致問題収束への思惑?
Excerpt: 特定失踪者問題調査会発行のメールマガジン、[調査会NEWS 281]より。 ■安明進氏の国会証言・会見などに関して  荒木和博 ??姐罎離縫紂璽垢梼6日調査会記者会見における安明進氏の発言の詳細を..
Weblog: log
Tracked: 2005-09-04 07:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。