2005年09月10日

真摯な一票を行使したい

明日は投票日。
自分の意思を固める為にも他の人の意見をとにかくたくさん読んでみたいと思い、今日は仕事の合間にネットサーフィンに勤しんでおります。
そんな中でもやはり強い違和感を感じてしまうのは、小泉さんを熱烈に支持する人のサイトですね。
いや、小泉さんを支持するのが悪いと言ってるんじゃないんですよ?
ただ支持する理由がどうにも私には理解の範疇を超えてる意見がありまして、改めて驚いているのです。
余りにも沢山回ったのでどこのサイトだったかブックマークを取り忘れてしまったのですが、こんな意見が書いてあってビックリしてしまいました。

「中韓両国の干渉に屈しなくなり、大臣の首が飛ぶような事態がなくなった。これは小泉さんの手柄であり大いに評価出来る事・・・云々」

おいおい、これって小泉さんの手柄なの???
確かにここ数年閣僚クラスの「いわゆる問題発言」があっても、昔のように簡単に首が飛ぶような事態はめっきり少なくはなりましたが・・・?
でもこういう風潮の背景には日韓W杯共催や拉致問題の発覚などによる「国民の意識の目覚め」があるはずでは?
かく言う私もそのひとりですしね。
これらの事件があった事で多くの国民がマスコミの欺瞞や中韓両国の異常性に気づき、目覚め始めたからこそ、簡単に大臣の首が飛ばなくなったと私は理解しておるのですが。
決して小泉さんの手柄などではないと思う私の認識は間違っているのか?

こういう人はバンドン会議での村山発言踏襲問題や靖国不参拝などはまったく眼中に入らないのだろうね。
小泉さんは中韓に屈しないどころの騒ぎではない、屈してばかりで救いようが無い!と思っている私には眩暈のするようなご意見なのだが。
大体小泉さんの拉致問題への取り組みはどう評価するのだ?
「ひとり残らず被害者を返せ」の一言さえ言えず、中国・韓国・北朝鮮の顔色ばかりを伺い、「対話と圧力」と壊れたテープレコーダーのように同じ台詞ばかりを唱える小泉さんのどこに全うな国家観・歴史観があるというのか・・・?
いくら人それぞれの考えがあると言いつつも、これは私にとって理解の範疇外、と言うのが率直な印象。

それとこんな意見もありましたっけ。

「橋本派や亀井派などの利権政治体質を小泉さんはぶっ壊してくれた・・・云々」

確かに橋本派も亀井派もぶっ壊してくれたのはお手柄と言えばお手柄なのかもしれません。
でもねぇ、小泉さんの所属する森派だけはぶっ壊れてないんですよ?
自民党をぶっ壊すと言いながらちゃっかり自分の所属派閥だけは温存してるんです。
どうして?これを問題にしないのかな?
それとも森派は清廉潔白、ぶっ壊す必要など全く無い!とでも小泉支持派の方は主張するつもりなんだろうか?
それこそ見事なダブルスタンダード。
言ってることに矛盾あり!看板に偽りあり!だと私は思うのだけれども・・・?

ぶっ壊すぶっ壊すと言いながら、その実、壊しているのは党内の敵対勢力ばっかり、と言う側面をなぜに問題にしないのか?
郵政解散に見られるように、少しでも自分の意見と考えを異にする者を問答無用で党から追放し、自民党を小泉さんの一人天下にすることがそんなに立派なことなのか?
小泉さんの意見だけがこれからの自民党のスタンダードとでも言うつもりなら、それは恐ろしいことではないの?
小泉さんも人の子、いつ何時も彼の主義主張・意見が正しいとは限らない。
それを防ぐ為に民主主義は「話し合い」を重視しているのでしょうが?

前にもどこかで一度書いたけれど
「私はあなたの意見に反対だが、あなたの発言の機会は死んでも守る」
というのが言論の自由を守る根幹だと思う。
でも実際の小泉さんの郵政解散劇は、これとは間逆な事をやったのと違いますか?
造反派の中には無論利権にまみれた議員もいたでしょうが、誠実に法案の中身を問題にして反対した気骨の人も沢山いたのです。
彼らの発言の権利を暴力的に奪っておいて、果たしてそれが民主主義の基本を守っていると言えるんでしょうかね?
基本原則を忘れた一人天下の彼が、今後どれほどの政治を取り仕切るのか?
私ははなはだ不安でならないのですが?

ともかくも・・・私は拉致問題を争点に、少しでも被害者奪還へ近づく道を基準にして候補者と政党を選ぶつもりです。
横田めぐみさんも増元るみ子さんも、今度の選挙で一票を行使することが出来ません。
多くの拉致被害者は北朝鮮に囚われのまま、国民の権利である選挙権を行使できないのです。
支援者を自認するものであれば、彼らの思いを自分の一票に乗せて投票に臨みたいものと思う。

党派を超えて、拉致問題に少しでも真剣に取り組んでくれる人へ。
拉致問題に取り組んでくれる人がいない選挙区の人は、少しでもまともな人の方へ。
まともな候補者のいない選挙区では批判票でも良い。
この一票が少しでも国会の風通しを良くして、被害者奪還に近づく議員構成になることを願って臨みたいものと思う。
この期に及んでまさか郵政のみで一票行使するような人はいないと思うけれど、どうか候補者選択の際は拉致問題も頭の隅に入れて欲しいと願う。

選挙の結果がどう転ぶのかは私には分かりません。
自民圧勝だけは見たくはないけれど、その可能性も大。
そんな中、どうすれば国会議員の背中を押し、国政の場に拉致問題への取り組みを促していくのか?
トップの意思が変わらない限り、拉致問題もまた動く事は難しい。
現場にいる官僚も議員も、所詮は人の子。
我が身が可愛ければ、上の意向には面と向かって逆らえない事もあるのが現実。
その現実も考えて真摯に一票を行使したいとも思います。

それにしても今度の選挙で拉致問題が争点になったとは言い難いですね、残念ながら。
郵政解散の勢いに押されたまま、投票日まで来てしまったという状況は否めない。
でもこれを小泉さんの策略ひとつのせいにばかりするわけにもいきますまい。
国民の側に拉致問題への関心そのものが薄れてしまっていることも大いに問題あり、なのだから。
結果として「拉致は選挙の争点にはならない」と豪語する候補者が堂々と立候補するに至ったわけでもあるのだし。
支援者の端くれとしては大いに反省する所はあるのだろうと思う。

小泉さん、お願いだからもう少し真面目に拉致問題に取り組んで欲しい。
特定失踪者の調査くらい、国の責任で取り組んで欲しい。
「全ての被害者を一人残らず帰せ」と公式に発言して欲しい。
これら支援者の願いは、果たして今度の選挙で総理の耳に届くのでしょうか?
自民党にもっとしっかりしてもらいたいからこそ、私は批判の声を強くするんですが。
批判と侮辱は違うと思うのですが、その違いをきちんと理解している人ってどれくらいいるんだろう?
全うな批判の出来ない世論では、声の大きい一部の不届き者の意見ばかりが通ってしまう危険性があると思う。
批判する事はなにも喧嘩を売ることとは違うのです。
でもその違いを明確に意識してる人って、今の日本にどれくらいいるのだろうか???

ともかくひとりでも多く、拉致問題に関心の深い候補を国会へ。
誰が総理の座に就こうとも、国民の意思を無視することは出来なくなる位の状況を作り出したい。
国民の関心がある限り、小泉さんといえど勝手な真似は出来ないのです。
その事を肝に銘じて、いざ投票所へ。

本日のネットサーフィンでみつけたサイトの中から、私の琴線に引っかかった記事をいくつかご紹介します。
明日の投票の為に、宜しければご参考になさってくださいませ。

★ぬぬぬ? コソっと主義の小泉首相が隠したがること @郵政民営化の影で・・・

★窪川商事社長日記 忘れっぽい国民性を憂う

★JIROの独断的日記エキサイト版 
何が「刺客」だ。選挙戦の本質は政策論争だろう。真面目にやれ。小泉。マスコミ。 

★社説は語る ’05衆院選(7) 「官から民へ」 


posted by ぴろん at 19:15| Comment(3) | TrackBack(1) | 国内問題&国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
確かにおっしゃるとおりだと思います。
ぴろんさんのように真実を見極める目をみんなが持つようになってもらいたいものです。
Posted by KUBOKAWA at 2005年09月10日 20:09
ご紹介&TBありがとうございます。

まったくもっておっしゃるとおりだと思います。
アメリカ盲従の小泉首相ですが、「世界のどこであろうと、たった一人であろうと国民に危険があれば国は全力で救う。それがアメリカだ!」といってはばからないあの国のいいところはぜんぜん見習わないですね。
できるできないはともかくも国のトップがそう言ってくれるかくれないかで救われる身もあります。

個人的には自己責任論で片付けられてしまったイラクの香田さんの件も残念でなりません。
ましてや今現在他国の陰謀で望まない人生を送らされている日本国民のためになぜ何もしないのでしょうか?
国の指導者にふさわしくない人物だと言い切れます。
彼の勘違いを正さねばなりません。
Posted by interceptor at 2005年09月11日 04:57
★KUBOKAWA様
★interceptor様

わざわざのお運び、ありがとうございます。
何しろ私の書く文章は小学生レベル、こちらの真意がどこまで読者に通じるか?大いに疑問があるので(笑)補完の意味も込めてお二方の記事をご紹介させていただいた次第です。

今日は投票日。
日本国民はどういった意思を示すのか?
私もまだどこへ一票行使するか、ハッキリとは決めかねております。
それくらい、今度の選挙は選ぶのが難しい。
少なくとも今より酷い状況にならない結果を望みたい物だと思いますが。
とにかく今は国民の良識を信じるしかない、といった心境でしょうか?
Posted by ぴろん at 2005年09月11日 08:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

コソっと主義の小泉首相が隠したがること @郵政民営化の影で・・・
Excerpt: 「郵政民営化解散・選挙」と小泉首相自ら称して国民に信を問うという衆議院総選挙 ○○解散・○○選挙というのはマスコミ側に命名されるのが常で、過去どんなに有名な総理大臣でさ??
Weblog: ぬぬぬ?
Tracked: 2005-09-11 04:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。