2005年09月13日

冷静に

本日2本目。

自民圧勝を受けて喜び勇む余り、何やら勝ち誇ったような物言いをする熱烈な自民党支持者の方も少なからずいらっしゃるようですが、そんなに喜びを爆発させるのは今はまだちと時期が尚早ではありませんか?
今度の選挙の選択が正しかったのか間違っていたのかは、もう少し今後の行方を見定めないと何ともいえないと私は認識しております。
むろん自民圧勝を面白くないと思うばかりに、有権者の選択を愚民の選択であるかのように決め付け、口汚くののしる向きもいかがなものかと思います。
どちら様ももう少し冷静に、今度の選挙の結果を受け止める事は出来ないのかな?と、私は素朴な疑問を感じるのですが。

私も含めて、彼ら小泉批判派の懸念が現実の物になるのか否かは、冒頭申し上げたように今少し政局の行方を見守らないとなんとも判断のしようがないと思う。
国民が望んだとおり、全うに改革を進めてくれるのか?
それとも自民圧勝を良いことに暴走のかぎりを尽くすのか?
その結果を見てから狂喜乱舞しても、相手の論を批判しても遅くはないと思う。
更にもっと言えば、たかがひとつの選挙の結果が出たくらいで、己の論が勝った負けたとはしゃぐ事自体が、少し大人気ないのでは?と思えてなりません。

それよりもいわゆる小泉劇場に踊って盲目的に小泉さんに追従した一部の人達は、どこまで小泉自民の危険性を理解して一票入れたのか?と、こちらが逆にお聞きしたいものなのだと思う。
自民・民主、どちらに一票入れても毒を飲むに等しい選択であったのが、今度の選挙だと私は思っています。
小泉自民の危険性を少しでも理解する人であるならば、この圧勝をそんなに単純に喜んで良いものかどうかは、自明のことだと思うのだけれども・・・?

良くも悪くも、私たちは小泉さんのおかげで政治の面白さに目覚めたのです。
それを無にすることはありますまい。
政治のレベルは国民のレベルに比例する。
私たち国民のレベルが高かったのか低かったのか?
今度の選択が正しかったのか?間違っていたのかは、まもなく結果が分かります。
その時、私たち国民はどうするのか?
次にどのような選択をするかで、私たち国民の民度が知れるといっても過言ではないと思う。
いずれにせよ、遅かれ早かれ私たちは次の選択を迫られる時が必ず来るのです。
せっかく政治に関心を持ったならば、いざというその時に備えて年金や財政問題など日本が抱える諸問題について見識を深める努力をする方がはるかに全うではないのか?
それを考えたらば今こんな所で相手の論を足蹴にして溜飲を下げている場合ではないだろうに・・・

ともかく今度の選挙、小泉支持・不支持に関らず、自民と民主どちらを選べぶのが日本の未来にとってプラスなのか?直前まで迷いに迷って、考えに考えて一票行使した人がほとんどのはず。
今度の選挙に臨むに当たって、小泉自民を支持した人もしなかった人も様々な意見を出しましたが、それはより良い選択の為に議論を交わしただけの事、と私は認識しております。
それなのに今この場でムキになって相手の論を罵倒したり、あざけるような発言を繰り出す事に何の意味があるか?
私には分かりません。
そんな事をする暇があるのなら、今度の選挙の結果を受けてこの先の政治のあり方をどう見守るべきか、冷静に建設的な論を交わせばよい。
その方がはるかに意義のあることだと思うのだが。
日本の行方を思って真剣に思案した事に上下の差などありはしないはず。
従って、勝って奢るのも負けて卑屈になるのも、私から見ればどちらも見苦しいことだし、意味の無いことだと感じます。


posted by ぴろん at 22:24| Comment(6) | TrackBack(1) | 国内問題&国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぴろんさん、おはようございます。
挽回!はもう集えなくなりました。家族が急にあちらの国の仕事をするようになりなした。それできっぱり引かなければいけません。ROMは出来ますが書き込みができません。挽回!はぴろんさんにに対して生意気なことばかり申しわけありません。いま思えばぴろんさんが一番冷静でしたね。
見習わなければいけないと感じたので書き込みさせていただきました。これからも蒼い掲示板と
被害者ご家族を支えてやってください。

訳のわからない投稿と指摘されていたのはわかっていましたが、まだまだお帰りになっていない人々のために残しておきます。ギャグと思われても仕方ありません。これからは投稿ではなくて、それなりに理解してくださる人だけにお伝えします。私が去れば喜ぶ人もいるでしょう。
ぴろんさんお元気でいてください。
ぴろんさんありがとうございました。いつかお会いできる機会がありましたらいろいろとお話しましょう。
Posted by 最後の挽回! at 2005年09月14日 08:25
いつもの早とちりすみません。私が去るのは、いじめられたから、居場所がなくなったわけではありません。いちいち引いていたら日本人は噛み付けば引くと思われると余計に狙ってくるでしょうから。私は投稿する数日前に知人に去らなければいけなくなると連絡していました。投稿する人は強く引かないで投稿してください。本当は日本の政治家が強ければいいのでしょうけどね。
ぴろんさんありがとうございました。
Posted by 最後の挽回! at 2005年09月14日 08:48
挽回!さん
うーん・・・各々ご家庭の事情があったり、考え方があったりしますからね。
その人が生きていく上で、不本意な事を選ばなきゃいけない時もありますし、考え方を変えなければならないという時もあると思います。
その人があってこそ、他の部分が成立することも多いと思います。
挽回!さん、私にとって拉致問題とは「他人事」です。
私の全てのパワーを拉致問題に傾注することは出来ません。
私にも生活の糧となるシステムがありますし、「この問題は話しちゃまずいな・・・」と思う関与する団体・人間がいます。
皆自己の利益を優先していると思います。
その利益で豊かになった精神・物質をもって、その余剰部分が使えるようになり、他人様の問題を解決しようとしていると思います。
以前私はある掲示板でこういった言葉を投げかけられました。
「拉致は他人事ではない、何時自分自身が拉致されるか判らないぞ!」
「お前が拉致されろ!」
「お前が拉致されても助けてくれと言うなよ!自分でどうにかしろ」
こういった将来起きるかどうかも判らないし、また不安がらせる言葉は、私自身脅迫行為であると認識しています。
人はその中の善に基づいて行動していて、意を相違する者は悪に見える(見る)と思います。
ですから議論が加熱し、本意ではない言葉や行動で相手をねじ伏せようとする習性も持ち合わせています。
物事に熱中すると善と悪の境界が付かなくなり、やがてそれに同調できる個々と集団を形成しているように見えます。
私は、私の意志・意見・言動は、他人様と全く違うと思っています。
他人様のそう言った行為は「他人事」であり、私にとって何ら影響のないものとなってきています。
ですから「自分の出来る事」をします。
挽回!さんも自分の域内で行動され、ご自分の成果を出される事を祈念致します。

家が近くかも知れませんね。
何かの機会で私たちの接点が生まれると思います。
その時は「うははっ!この人こんな事しよるやん」と思って下さい(笑
その時にご連絡頂ければ幸いです。
では、さようなら。
Posted by oxygen→Ambient1 at 2005年09月14日 10:41
ぴろんさん、こんにちは。

>自民・民主、どちらに一票入れても毒を飲むに等しい選択であったのが、今度の選挙だと私は思っています。

本当にその通りです。私も最後の最後まで悩みぬきました。
この問題は自民、民主の所属議員の構成に起因する面も大きいと思っています。
特に民主党の場合は経世会のメンバーから旧社会党のメンバーまでが同居しているという点で、大きな内部矛盾を抱えているわけです。
私は今回は選挙区も比例も自民党に投票しましたが、最終判断の基準はまさにこの点にあります。旧社会党系の議員を多く抱える民主党に政権運営は任せられないと考えたのです。
ただし、自民党の構成メンバーがいいとも全然思っていません。私が望む2大政党とは双方のマニフェストの大前提に国家間観を明示して論戦を展開してもらえることです。
残念ながら、現在の自民党からも民主党からも国家観が見えてこないのです。
だからこそ拉致問題が現在のような状況にあるのだと感じています。

冷静な議論は難しいですね。私は会議などで議論をする場合には一つのことだけを忘れないように努力しています。
それは、議論とは複数の異なる見解の相違点を明らかにして、その相違点をすり合わせたり、あるいは新たな第3の見解を導くための共同作業だと考えることです。つまり、議論とは見解の異なる複数の人間同士の共同作業、議論の相手は「見解の相違点」というやっかいな困難に立ち向かう戦友(協同作業者)であるということです。
議論の相手を仲間だと認識できれば少なくとも相手の人格を攻撃したり、不毛な揚げ足取りになることは無いと思っています。ただし、これはお互いがそういう認識を持っていないといけませんので、なかなか難しいですけど・・。
Posted by 小龍景光 at 2005年09月14日 12:14
茨城県取手市で集いがあります。
ご参加下さい。
18日(日曜日)午後2時より。
取手市民会館。

産経新聞茨城版より
     _________
拉致被害者の早期帰国実現を。
北朝鮮による拉致被害者の早期帰国実現を
目指す「拉致問題早期解決を実現する集い」が
18日午後2時から取手市民会館で開かれる。
主催は取手市議有志で、
ゲストとして拉致被害者家族会代表の横田滋氏、
同事務局長の増元照明氏、特定失踪者問題調査会代表の荒木和博氏の3人が出席する。
倉持光男市議は「公表できる段階ではないが
取手市にも拉致被害者の可能性のある失踪者がいるという。多くの人に参加してもらいたい」と話している。参加費は無料。
       _________
ぴろんさん場所お借りしました。
宜しくお願いいたします。
Posted by ケイラ at 2005年09月14日 13:14
★最後の挽回!様

>訳のわからない投稿と指摘されていたのはわかっていましたが

そんな事を考えた事など一度もありませんよ?
でも残念ですね。
せっかくお知り合いになれたというのに・・・
しかし遠く離れても拉致問題の解決を願う心は同じだと思います。
その気持ちさえあれば、いつでも私たちは心を通わせる事ができると信じます。
新しい生活が挽回!様にとって良き物になります事をお祈りします。

★oxygen→Ambient1様

HNをお変えになったのですか?
承知いたしました。

多分、Ambient1様と私とではキャラクターが違うのでしょうね。
私はどちらかと言うとわりに熱くなるタイプですが、Ambient1様はクールなタイプであるとお見受けしましたが。
でも私は自分とキャラが違う人、考えの違う人、完成の違う人の意見を聞く事が好きです。
むろん、自分の意見の違いと真っ向勝負をするのは時にしんどかったり、きつかったりもしますが、異論や反論の中にこそ、自分を高める要素があると信じますので。
不肖の管理人ではございますが、これからもよろしくお願い致したいと思っております。

★小龍景光様

>ただし、自民党の構成メンバーがいいとも全然思っていません。私が望む2大政党とは双方のマニフェストの大前提に国家間観を明示して論戦を展開してもらえることです。
残念ながら、現在の自民党からも民主党からも国家観が見えてこないのです。
だからこそ拉致問題が現在のような状況にあるのだと感じています。

本当にそうですね。
自民も民主も右から左まで雑多に様々混在していれば、拉致問題に関しても中々党内での意思統一が難しい。
それも問題の進展が遅くなる一因かと思います。
民主大敗を受けて、この際民主党は左派系をバッサリ切ってほしいと思う。
そうすれば少しは一票託すに相応しい党になれると思うんですけれどね。
民主が生まれ変われば、自民もつられて変わらざるを得なくなる。
そういう展開を期待したいものですが、どうでしょうか?

議論はつくづく難しい物です。
特に異論反論と論を交えるのは至難の業です。
そうでなくても批判の声と言うのは、聞く方も耳に痛い。
人によっては批判の声を自分の人格攻撃のように過剰に感じてしまって、逆切れする人もおりますし。
冷静に異論と論を交えるには、まずその人そのものの成熟度のような物も試されるのかな?と思ったり。
ともあれ、この件に関してはまだまだ勉強が必要だと痛感しております。

★ケイラ様

貴重な情報ありがとう。
後ほど集会案内のエントリーを立てる予定なのですが、さっそくこの情報もアップさせていただきます。
これからもこの手の情報がありましたなら、遠慮なく書き込みなさってください。
よろしくお願いいたします。
Posted by ぴろん at 2005年09月14日 17:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

人間不信
Excerpt: 人間はどんなに辛いことも悲しいことも背負って生きていかなくちゃいけません。 過ぎたことですが、相互リンクしていただいていたプチセレブさんのとこで興味の方向性が違うと書い??
Weblog: なめ猫♪
Tracked: 2005-09-14 15:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。