2005年09月14日

当選者にメールを送ろう!

自民圧勝の結果を受けて何より気がかりなのは、お目付け役を担うべき民主党が大敗を喫してしまったこと。
拉致問題も含めて政治の成り行きがトンデモな事態にならぬよう、これまで以上に国民の監視の目を強める事が必要になる、と思っています。

そこで提案なのですが、それぞれの選挙区の当選者にメールを送って有権者の意思表示をしてみる、と言うのはどうでしょう?
内容は各人それぞれで良いと思いますが、拉致問題を重視する当Blogとしましては、拉致に問題を絞って当選議員にエールを送ることを提案したい。
文章は短くても良いと思います。
「拉致被害者救出のため力を発揮してください。○○議員の今後のご活躍の様子を随時見守らせていただきます」
とか、
「特定失踪者の調査を国の責任で取り組んでもらう事を希望します。○○先生のご尽力に期待しております」
とか。

国会でのあなたの活躍ぶりを有権者の一人として、しっかりじっくり見守っている事をお忘れなく、という意思表示をするのです。
「下手な事をしたら、次の選挙で一票はありませんよ?分かってますか?民意を損なうような真似をしたら許しませんぞ?」
とハッタリを利かせるのです。
そうすれば国会議員とてむやみに暴走は出来なくなるでしょうから。
国会議員のやり様を黙って指をくわえてみているのではなく、こちらから積極的に尻をたたいて働いてもらう。
拉致問題は国民的関心事である・無視する事は許さないと、意思表示をして議員に良い意味でのプレッシャーをかけるのです。
どうでしょうか?

政治参加とは一票行使して終わりではない。
今後の政治の行方を監視してこそ、政治参加。
特に今度の選挙、拉致問題は完全に蚊帳の外だったのですから、まずは問題の存在を国会議員の先生方に思い知っていただかねばなりません。
もしもご賛同いただけるのでしたら、ぜひそれぞれの選挙区での当選議員にあなたの意思をメールで伝えて頂きたいと思います。
どうぞよろしく。

自民党  http://www.jimin.jp/
民主党  http://www.dpj.or.jp/
公明党  http://www.komei.or.jp/
共産党  http://www.jcp.or.jp/
社民党  http://www5.sdp.or.jp/


posted by ぴろん at 17:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内問題&国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by at 2005年09月14日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。