2005年09月29日

西村眞悟氏よりメールを頂戴しました

西村眞悟氏が選挙直後の民主党の議員集会で「小泉は狙撃しても良い」という問題発言をした事は、皆様ご存知のことかと思います。
自民圧勝の結果を受けて、ある意味拉致問題がにっちもさっちも行かない状況に追い詰められ、家族も焦りの色を濃くしている所にこの問題発言はいかがなものかと思い、僭越ながら私は西村氏に対して抗議のメールを送らせていただきました。

西村氏のお気持ちは分かるが、ご自分の立場を弁えていただきたい。
拉致問題に取り組む議員の顔をとも言うべき西村氏の不用意な一言が、救出運動に悪い色をつけ支援の輪を狭める原因にもなりかねない。
早くも朝日新聞などは鬼の首を取ったような騒ぎをしている。
つまらぬ一言が、被害者救出を遠のかせるような事になってはいけない。
くれぐれも発言は慎重に、ご配慮をお願いしたい・・・といった趣旨のメールを送ったのです。

この抗議のメールに対する返事が昨日、西村氏から私のところへ届きました。
私信ですので全文転載は避けますが、厳しさの中に優しさを感じさせる(そう言われると、こちらもちょっと気恥ずかしいが・・・汗)メールを頂いた事に感謝する、今後とも変わらぬご指導をお願いしたい、以後気をつけて政治活動に励みたいなど、大変丁寧で真摯なお心のこもったお返事を頂戴いたしました。

己に向けられた批判・忠告の声を聞くというのは、正直言ってそんなに楽しい物ではありません。
西村氏にとってもこのような抗議のメールを受け取ると言うのは、さぞかし耳の痛い話であったことだろうと推測します。
しかし彼はその痛みから逃げることなく正面から受け止め、今回の問題発言を謙虚に反省する姿勢を見せてくださいました。
その真摯な姿勢は最大限評価したいと思いますし、拉致問題解決のためにより一層のお力を発揮していただきたいと思っています。

朝日新聞などは西村氏の問題発言をまるで鬼の首を取ったような勢いで騒ぎ立てておりましたが、無名の一市民の声に真摯に応えてくれた誠実なお人柄に触れ、改めて安堵の気持ちがいたしました。
特に今回の選挙では、小泉さんを熱烈に支持する一部の人たちの間で、小泉批判を一切許すまじといったおかしな風潮が蔓延り強い違和感を感じてもいたので、西村氏のこの真摯な対応には何か心洗われる思いも致しました。

草の根の一支援者に過ぎない私が、いくらこのような弱小Blogで吼えていても、どうにもならないのが拉致問題です。
実際に国を動かすのは国会議員のお仕事。
これからも良い意味で議員にハッパをかけ、被害者救出のために働いてもらう。
それも政治参加の一つのあり方だと思います。
よい働きをしてくれた議員にはGJメールを送る。
おかしな動きをした議員には抗議のメールを送る。
国民の目がいつでもあなた方を見ていますよ、と言うサインを常に発信する事も大事なことと思います。

その意味でも、今回勇気を出して抗議のメールを送ったことは意義のあることだと思いましたし、こちらの思いを汲んでくださった西村氏の誠意に感謝したいと思います。
西村氏の今後の活躍を大いに期待し、また応援もさせて頂きたいと思っております。


posted by ぴろん at 17:09| Comment(10) | TrackBack(0) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぴろんさん、いつもテキストおこしお疲れさま。
そして、西村議員への抗議メールご苦労様でした。
もし、お手数でなければこの貴エントリ、
私の17日の記事にTBして頂けないでしょうか。

不躾で申し訳ありません。お待ちしております。
Posted by log at 2005年09月29日 18:46
 私も送ったのに返事が来ないなぁ…。
なんて、了見の狭いことは言いません。

 ぴろん様に大拍手!
西村もこれを薬にしてもっともっと有意義な活動をしてほしい。
Posted by 原 良一 at 2005年09月29日 18:55
★log様、原様

国会議員は忙しいのでしょうから、名も無き一市民のメールに返事が来るなど、微塵も期待してなかったんですが。(笑)
きちんと抗議の声を受け止め、返信を送ってきてくれたことで、西村氏の人間性を改めて見直しましたし、今後はより一層の拉致問題への支援活動を期待したいと思っております。

一頃、子育てで「褒めて育てろ」と言うのが流行りましたが、そういう風潮が流行るとなると何が何でも褒めろ褒めろで、子供が悪い事をしてもキッチリ叱らない親が増えました。
おかしな事ですよね。

それと同じで、議員の行動を温かく見守ると言うのは、その人の有り様を何もかも肯定することではないと思うのです。
疑問や不満・問題点などを感じたら率直に進言し、是々非々で事に当たるのが、温かく見守るという事の真髄ではないのか?と。

ところが小泉さんを熱烈に支持する人の中には、批判と侮辱の区別が付かない人がいるようです。
小泉さんにより良い政治をして欲しいがための建設的な批判まで、押さえつけようとする向きもいるようで、どうも強い違和感を感じております。
日本人はまだまだ人が良すぎるのか、甘すぎるのか?
優しい事と甘い事は違うと思うんですが。
厳しくすることも優しさの一種だと私は思うのですけれどね。

logさん、先ほどTB送りました。
西村氏の問題発言で踊りを踊った人たちにも、この事実はきちんと押さえておいて欲しいものだと感じております。
Posted by ぴろん at 2005年09月29日 20:17
お疲れ様です。西村さんを支持される方は西村さんのそういう人柄や行動力に喝采されるのだし、西村さんの不用意な言葉に対して偏向マスコミが食らいつかないか心配なんでしょうね。西村さんこれからも応援してます。
Posted by 雷蔵 at 2005年09月29日 21:21
★雷蔵様

あの手の過激発言は、その単語一つだけをセンセーショナルに取り上げられて、良い様に悪用されてしまう可能性が大きい。
無論多くの心ある支援者は西村氏の真意をちゃんと理解していますし、朝日の騒ぎっぷりが異常だと言う事も理解してますがね。
しかし残念ながら日本国内には、被害者救出よりも国交正常化を目論む連中はたくさんいるのです。
彼らに足元をすくわれるような行為は痛い。
それと拉致問題に関心はあっても、深い理解をしているか?と言うと心もとない人が多いのも現実です。
その人たちがこのような過激な発言だけを聞かされて救出運動は何やら怪しげな物、と取られれば支援の輪は広がらない。
その意味で無用の混乱を招くだけの問題発言は慎んでもらうに越した事はない。
今回の諫言でその事が西村氏に通じたのならば、勇気を出してメールを送った甲斐があるというものです。
西村氏の今後の活躍を大いに期待したいと思っております。
Posted by ぴろん at 2005年09月30日 14:43
 「西村眞悟向上委員会」結成の呼びかけ‐1

 昨日のご投稿、本文、コメント欄と感激ひとしおのぴろん様の表情が、行間からあふれ出すようです。

 でも水を差すようで申し訳ないのですが、まだ初めの一歩、反省だけなら猿でもできるのですから、次にはその反省を実体化させる必要があります。

 今回問題をややこしくさせたのは、西村不真誤(眞悟)(注)が03年に銃撃事件を起こした傾国偽勇軍(建国義勇軍)とその母体刀剣友の会の村上某らとの腐れ縁を清算していないことに尽きます。騒動後各ホームページやブログを見ましたが、それに言及しているのが、西村を罵倒した例の朝日の社説と私だけというのには、いささかに不満があります。

・護金派の立場からの西村と偽勇軍への批判例by破信義(河信基)
http://www8.ocn.ne.jp/~hashingi/page027.html#K17

 西村の失言が問題になった後、彼が「TVタックル」というテレビ番組でも「万景峰は撃沈だ!」と口走っていたことが各ブログで指摘され、そちらの方は不問になっていることとの対比で、朝日の批判はためにするものではないかとの指摘があり、ぴろん様も西村擁護の立場から「鬼の首を取ったよう」と不快感を顕わにしています。

 しかしながら、両者の発言の「悪質性」は根本的に違います。所詮はバラエティである「TVタックル」でのアドリブ発言を真に受ける人は、それこそ「ためにする」連中以外いません。

 対して、内外のメディアが参集する両院議員総会という公的な場で、実際に銃撃事件を起こしてしまったクサレ右翼との絶縁を公言していない西村が、「狙撃されても」ではなくて本人自身が主語になりうる「狙撃してもいい」なんて言ったりしてはシャレにならなくなってしまいます。

 一昨年に傾国偽勇軍(建国義勇軍)の事件が起きた時、私はRENKや守る会、難民基金、さらに私は慰安婦問題にも参加しているので、そちらでも知り合った在日たちの顔や姿が目に浮かびました。不安に怯える彼らの心情を思うと申し訳ない気持ちで一杯でした。

 その後犯人が捕まって西村との関係が暴かれ、その西村が「諸君!」で彼らとの関係断絶をしないと居直って、さらに対北朝鮮制裁の一環として再入国禁止法案を提出しようとしていることも知って、「彼奴のような言動を野放しにすれば、日本は、知り合った在日たちにも危害が加えられるような社会に戻って(我が祖国は、関東大震災という前科がありますので)しまう」との危機感を感じました。

 今回西村を批判した同僚議員たちも、社説を書いた朝日の記者にも当然西村のその「前科」が念頭にあるはずです。私とはメンツが違うはずですが、朝日の記者にも在日の知人たちがいるのは間違いなく、なおさらに怒りをかき立ててあのような激烈な批判になったと推定されます。

 右翼・保守派の皆様には、この心情はなかなか理解できないとは思います。ですが、中道から左の世界では「このままでは日本は、鬼の首ではなく、知人の首が不当に取られる社会になってしまう」とマジで心配し、西村の発言に腹を立てている人たちがいるということを理解してほしいのです。そのような人物をそのままにして、拉致議連や救う会の中核に据えて無批判に師事、心酔することの政治的危険性にも気がついてほしいのです。

 さらに確認しておくと、主権侵害に拉致という人的被害まで伴う戦争行為をしている豚金一味(北朝鮮)に対しては、我が日本には、蛮刑法(万景峰)号を止めるなどの、対抗手段を採る権利が留保されている(行使すべきかどうかは別にして)との暗黙のコンセンサスが成立していると見做すべきです。であるからこそ、葬聯も在日社会も身に覚えがあるからこそ、西村の万景峰云々の発言はさほどは問題視されないのです。

 対して、言論戦と投票で決着をつけるという民主主義のルールが確立された日本で、それも総理大臣相手に狙撃云々というのは、発言の場と併せてもやはり不適切の極み(浜口雄幸の悪夢を再現させる)でしょう。ぴろんさんではないけれど、立場とTPOを弁えて、受けを狙えるバラエティと公的な場との許容範囲の違いを上手く使い分けて発言してほしいですよ、さじ加減の難しさはわかるけど…。

 元ネタは消失しましたが、log板で転載されている朝日の当該社説を熟読すると、記者は社説を書けるという立場を利用して、本気で西村眞悟の政治生命を殺そうとしているのが伝わってきます。蛇の道は蛇というか、左翼の心情はサヨクというか、かつての私もそうだったので…。

「西村は日本の社会にとって、私の知人たちにとって有害な存在であり、排除されなければならない」との決意、殺意がありありと読み取れます。拉致問題に取り組む皆さんが、土井たか子や野中某らに抱いた感情を思い出してください。

・log板「小泉訪朝から3年、西村眞悟議員の失態」
http://adoruk626.seesaa.net/article/7015560.html


 西村には、そのような隙あらばいつでもという敵意や怒り、殺意や憎悪に取り囲まれているという自覚と緊張感を、もっと、もっと持ってほしい。拉致被害者を救う前に、自分が寝首をかかれてしまってはそれこそシャレになりません。自重、自戒してほしいと切に願います。
Posted by 原 良一 at 2005年09月30日 16:25
 「西村眞悟」向上委員会結成の呼びかけ‐2

  民主のハマコーでいいのか…

 騒動の発端となったlog板にトラックバックされているDr.マッコイさんの発言の中に、「このままでは西村は、ハマコーの二の舞になってしまう」という叱責がありました。

・[時事] 西村眞悟の問題発言
http://d.hatena.ne.jp/drmccoy/20050918/p1

 千葉市在住で、ハマコーの被害当事者(騒ぎを起こす度に、他都府県在住の、例えば勤務先の周囲からからかわれて肩身の狭い思いをしてきた)である私にとっては、これも笑えない冗談でした。

 民社党の委員長の息子として生まれ、京大を出て、弁護士資格も取って、と政治家としての資質を高める上ではるかに有利な環境に恵まれた西村が、ヤジ将軍や乱闘要員というハマコーと同じ役回りで満足されては困りますもん。

 でもって、日本の政界の四番打者を目指すなら、交友関係を含めて人間をもっと、もっと磨いてもらわなければなりません。委員長ポスト、政権が取れれば次官、副大臣と実務経験を積み重ねていくためにも、より慎重な言動が必要になるはずです。

 私が救う会の活動に参加するようになって、西村がこの運動に深く参加してきて「何の因果であんな奴と一緒にやらなきゃならん」との思いは今でもあります。

 でも金丸信らタカ派を含めた自民党の底なしの対北癒着への失望・決別感情と、北朝鮮人権法の提唱や人権を前面に打ち出しての国際連帯の模索など、より洗練された対北朝鮮政策を掲げる民主党への支持・共感が高まる中、今の私は二重の意味で、西村不真誤(眞悟)に「まともな、立派な政治家」に玉成してもらわなくてはならない必要に迫られています。

 それと左翼として認めたくはないけど、6月首相官邸前での座り込みにしてフル参加して、ご家族や支援者と一緒に汗を拭いている西村に対して人間的な共感が生じているのも確かなんですね。

 log板での議論で

>主権在民の原則から言っても、こちらが主人で、西村不真誤(眞悟)は
>使用人の下僕に過ぎないのだから遠慮は無用です。

と書いたら、藤原源平さんという人から「あんた何様?」と批判され、
続いて

>代議士だろうが一民間人であろうが、
>どちらが下僕で、どちらが使用人ということはないでしょ?ってことです。
>共に、拉致問題に怒りを抱き、その解決のために心を砕いている
>「同志」としての怒り、というのであれば、まだ理解は出来たんですけど

 というご批判をいただきました。

「貴方(原)も西村氏も対等・平等な同志ではないのか?」との批判に忸怩たる感情が生じていること自体、西村に対する感情が変わってきていることを自覚させられました。

 しかしながら左の立場で述べさせていただければ、被害者家族相手にどんなに献身的に振る舞っても、国内の少数民族に対して不当な暴力を振るった連中とゴロニャンを続けていては、世間や敵対陣営から貼られた「排外主義者」のレッテルは剥がせません。「身内にだけ優しい」のが、排外主義者の最大の特徴であり識別点なのですから…。

 立場の違う相手、政敵、異敵にどれだけフェアに、寛大に振舞えるかで、政治家としての器の大小が量られるのは、現今のポチ小泉猪の振る舞いからもご理解いただけると思います。

 アイドルグループに「制服向上委員会」というのがあります。
 それにならって「西村眞悟向上委員会」があってもいいと思います。翼の立場を離れても、彼がバランスの取れた政治家に大成することは、日本にとって有益なはずなので…。西村に対しては、その立場から発言を続けていきたいと思っていますので皆様のご理解をいただきたく存じます。

 長広舌失礼しました。m(__)m

 (注)西村不真誤(眞悟)の呼称について
 私は、昨年の傾国偽勇軍の騒動の際、拉致板で「建国義勇軍との関係清算が確認されない限り、私は抗議と批判の意味を込めて西村を西村不真誤(眞悟)と罵倒し続ける。敬称もつけない」と宣言しています。

 安易な妥協をすることは、左だけでなく多くの在日の同志が含まれる救う会以外での対北活動での道義的立場がなくなってしまいます。

 関係清算が確認され次第、罵倒表現の使用は止めますので、何卒ご理解ください。既に清算がなされているのなら、上記の私の主張の前提がすべて覆りますのでご連絡ください。
Posted by 原 良一 at 2005年09月30日 16:32
★原様

気合の入ったコメント、ありがとうございます。
政治だの外交だのと難しい話は分からない事だらけの素人ゆえ、まだ消化不良を起してますので、取りあえず感じた事をひとつふたつ、さら〜っと書きます。

>まだ初めの一歩、反省だけなら猿でもできるのですから、次にはその反省を実体化させる必要があります。

ここは全く同意。
一市民の抗議の声に誠意を見せてくれた行為その物は素直に評価したいと思いますが、それだけでハイお終い、とするつもりはありません。
そうでなくても彼はポロッと失言・うっかり暴言の類が多いのですから。
西村氏には政治家として一回りも二回りも成長してもらいたい・・・そのことに私も異存はありません。


朝日の社説は今考えてもやはり醜悪だったと思いますね。
一応朝日は公正公平?を売りにする日本国?の言論機関でしょう?
西村氏の脇の甘さ・過去の経歴を差し引いても、社説に取り上げてまで騒ぐことなのか?
サヨクの思考法は原様の解説のおかげでとても良く理解できましたが、それを理解した上であの社説を見たならば、尚の事許せるものではないと感じました。
西村批判を展開するために朝日の看板を利用してまで威圧するとは・・・これはペンの暴力と揶揄されても仕方の無い行為ではないでしょうか?
少なくともこんな姑息な手を使った時点で、朝日の側も西村氏を批判する資格がないと思う。
どっちもどっちの「同じ穴の狢」、「目くそ鼻くそを笑う」という低レベルの争いです。
あのような悪意のある社説を今後も良しとするつもりならば、朝日は自社の看板に「左翼・サヨク御用達」あるいは「中・朝・韓御用達」とでも書いておくべき。
もっともわざわざそんな真似をせずとも、朝日の報道姿勢に問題があるのはすでに周知のことではありますが。

>「身内にだけ優しい」のが、排外主義者の最大の特徴であり識別点なのですから…。

同意。
左派の方でも原さんのように現場で汗をかいて動いている方もいる。
そういう人たちとは手を取り合って、支援をしていきたいと思っております。
しかし・・・支援の輪を広げると言うのは本当に難しいですねぇ。
思想信条の違いを超えて・・・と頭では理解しているつもりですし、その方向での実践に臨んでいるつもりではあります。
自分で自分の視野を狭める愚か者にはなりたくはないし、つまらぬ排外主義には陥りたくありません。
それだけは肝に銘じているつもりですし、譲るつもりもないのですが。

救う会の活動が右傾化しているというのは以前から言われている事ですし、救出運動に偏りがあるのは宜しくない事ではあるのです。
ましてや暴力を容認するような言論や排外主義に陥ったような言論など、論外。
そこは救う会を始めとして、運動の主体を担う人たちも真摯に考える所だと思います。
敵に足元見透かされない為にも、支援の輪を狭めない為にも、です。

けれど実際に家族のために親身になっている人たちと言うのは総じて右寄りの人が多いのも事実なんです。
溺れる者はわらをも掴む・・・家族の人たちにしても、能書きばかりで頼りがいのない人たちよりも、現場で実際に汗かいて動いてくれる人にシンパシーを感じるのはやむを得ないことであろうと思います。
土井たか子など、未だに家族会に対し謝罪もお詫びも何も無い。
被害者救出のために何か行動を起こしたとも聞かない。
そこの所、いわゆる左の人たちはどのようにお考えなのか?

救う会の右傾化を非難する声を聞くたびに、その指摘ご尤も、と思うのと同時にですね。
救う会ばかりを揶揄していても事は始まらないだろう、と言う漠然とした疑問も感じています。
救う会の側にも問題があるのは承知の上、それを非難する声がある事も承知の上で尋ねたい事は、ではあなた達は拉致問題解決のために何をなすべきと考えているのか?と。
実際どんな行動を起こしているのか?と。
問題の根源である金正日とそれを支える北朝鮮の体制についてどう思っているのか?と。
それらの主張が見えてこないことに対する不満と言うか、もどかしさは感じております。
机上の空論ばかりを述べていても物事は動かない。
救う会をバッシングするだけで何もしないのでは、左翼・サヨクの人たちも救う会の右傾化を笑う資格は無いのでは?と感じます。

大事な事は被害者を救い出す事。
イデオロギーの問題はあくまで二の次であるべきだろうと思います。
それは右も左も同じではないでしょうか?
イデオロギーの呪縛に囚われて足を止めたままでいるのも、一種の思考停止ではありませんか?
それらを押さえた上で、左派の人たちにもぜひ被害者救出のために右派と一緒に一汗かいて欲しいと願っています。

>千葉市在住で、ハマコーの被害当事者(騒ぎを起こす度に、他都府県在住の、例えば勤務先の周囲からからかわれて肩身の狭い思いをしてきた)である私にとっては、これも笑えない冗談でした。

う〜〜ん、私も千葉県民ですから、ハマコーを持ち出されるとどうにも肩身は狭いですね。
ハマコーが何か問題を起すたびに千葉県民の良識を問われているみたいで・・・
あの人をテレビ等で見かけるたびに、何とかならないの?と正直思う・・・(涙)
Posted by ぴろん at 2005年10月01日 00:18
ぴろんさん
こんばんは。

西村氏がメールを下さったとのこと
それは良かったです。
娘と娘の友達に「何故西村さんはあんな事を
言ったのか?」と聞かれて困っていました。
「変なところと繋がっているの?」とも。
「門前の小僧達」は西村ファンですからね。
「西村さん真摯なメールくださったそうよ」と
言ったら何となく気が済んだ様です。
私もほっとしましたが。

だからといって一度口から出てしまった言葉が帳消しになる事はありません。
政治家にとって「言葉」は命なのではないでしょうか?
「ほんとにもうっ!」です。

遅くなりましたが「取手市」の集会参加してきました。
席も殆ど埋まっており
変な野次や頓珍漢な質問もなかったし
また荒木さんのお話も大変良かったです。
しかし横田滋さんはお疲れの様で
このお体であの炎天下娘を思う一心で
座り込みをなさったのかと思うと胸が痛くなりました。
お話している間に倒れやしないかとハラハラしてしまいました。
最後はおばちゃんコーラスの発表会。
横田さん達も立たせて一緒に歌わせて、、、
私と娘は途中で席を立ちましたが。


Posted by ケイラ at 2005年10月01日 19:34
★ケイラ様

そうでしたか、子供たちの間でも例の西村発言は話題になっていたのですね?
であれば尚の事、西村氏には己の発言の重さを自覚していただかなければ・・・
毒舌と暴言は全く違いますし、時と場合によって言葉は使い分けてもらわねば困ります。
国難山積のこんな時だからこそ、国家観・歴史観の信用できる、西村氏のような議員にはしっかり働いてもらいたいのですが。

logさんの所でこのエントリーが紹介されたのが効いたのか、今日のアクセス数は、半端じゃなく数字が伸びてます。
如何に西村発言への関心が大きかったかの現われだと思います。
そこで僭越と思いつつも、先ほど再び西村氏へメールを送らせて頂いたのですね。
アクセス数の多さは関心の高さ、西村氏を見つめる国民の思いをどうか感じ取って欲しい、と。
西村氏への諫言は、彼への期待の裏返しです。
国民の思いをどうか真摯に受け止めて欲しいと願っております。

>最後はおばちゃんコーラスの発表会。
横田さん達も立たせて一緒に歌わせて、、、

横田さんを始め、家族の方に今休めと言うのは、救出運動を諦めよ、と言うのに等しいのでしょうね。
私は18日の東京集会に参加しましたが、やはり家族の疲労の色は濃かったですし、焦りや苛立ちも強かったです。
お気の毒で言葉も無いです。

せめて、集会などではお体の負担だけでもなるべく少なくする方法は無い物でしょうかね。
コーラスなどは、横田さんたちは舞台袖で休んでもらうとか客席で聴いて貰うとか、配慮の方法は色々あるでしょうに。
元気な様でも横田夫妻も齢70前後と言う高齢なのですから。
Posted by ぴろん at 2005年10月01日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。