2005年10月16日

第12回藤沢集会(10)05.10.8 藤沢産業センターにて

『川添友幸 神奈川救う会会長 閉会の挨拶』

次回の案内と言うか予定なんですが、今日資料の中に入ってるんですが。
第13回と言うことで、来年の1月7日なんですが講演を予定しております。
講師が有本さんのご両親、それから7月に来ていただきました斉藤文代さん。
更に荒木和博先生、特定失踪者問題調査会の代表ですね。
高英起(コ・ヨンギ)さん、この方RENK東京の方で、北朝鮮からのすごい映像を持って来る在日の方で。
会の名前はそのままなんですが、よど号事件拉致事件を考える市民集会と言うことで。
来年辺りからどうもよど号の帰国が始るような動きが出て来ていまして。
3家族、石岡さんが参加されない状況なんですが・・・・(一部聞き取れず)一応有本さん・斉藤さんをお呼びして、パネルディスカッションみたいなことを私たちやりたいなと私たち企画しておりますんでですね。
ぜひ1月の7日、来年の話ですがちょっと先の話なんですみませんが、ぜひお集まり頂きたいと思います。

それとこの後、準備が整い次第、映画の「ソウル・トレイン」を上映会を始めたいと思います。
一応ここのスクリーンを中心にやろうと思ってますので、もしお時間があれば時間的には1時間ほどですので、御覧になっていただきたいと思います。
私もこの間国際会議でちょっと拝見したんですが、アメリカの下院議長さんが来られまして、映像の中であのような独裁者は倒されるべきだと演説されるシーンがありまして。
なぜ日本ではいえないのかなぁ?と。
ここが非常に印象に残ったシーンなんで、ぜひお時間のある方は御覧になっていただきたいと思います。
こういう会を私たち続けていくしかないと思っていますので、よろしくご協力の方、お願いします。
後いつも本当に情けないお願いなんですが、私たち一応手弁当でやっておりまして、ご協力いただける方がいるようでしたら後ろにカンパ箱もありますんでご協力お願いいたします。
準備が整い次第、上映会を始めたいと思いますので、よろしくお願いします。(拍手)


posted by ぴろん at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 集会テキスト(藤沢集会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。