2005年11月20日

埼玉集会へ行ってきました

埼玉は認定・非認定を含めて拉致被害者の多い所です。
そして全国の中でも知事や議会も特に熱心に活動してくださる地域として知られています。
登壇者の熱のこもったお話は、どなたも本当に真剣に拉致問題に取り組む熱意が感じられるものでした。
この熱意が政府官邸にあれば・・・
少しは拉致問題の解決の糸口がつかめるはずだと思うのです。
世論を盛り上げる為拉致を決して風化させない為、自分に出来る精一杯の支援をと改めて心に刻んだ集会でありました。

この集会も全文テキストにしてご紹介の予定ですが、一足先に音声ファイルをアップいたします。
ようやく音声ファイルが扱えるようになりましたので、早速本領を発揮して集会の模様をお届けいたします。
ご紹介しますのは、来賓として駆けつけてくださった上田埼玉県知事(全文)、真鍋貞樹特定失踪者問題調査会専務理事(一部)、横田拓也家族会事務局次長(一部)の3名。

真鍋氏の川口市・北区・足立区の3ヶ所を結んだ拉致のトライアングルのお話や、拓也さんの抗議メールも送り続けていれば組織の中の心ある人が必ず読んでくれる、と言う話などは胸に響きました。
どのファイルも3〜4分程度の短い物ですから、ぜひお聞き届けいただければと思います。

★上田清司埼玉県知事の挨拶

Img_1043.jpg



★真鍋特定失踪者調査会専務理事のお話(一部)

Img_1071.jpg



★横田拓也家族会事務局次長のお話(一部)

Img_1073.jpg




Img_1102.jpg

ご紹介の写真は集会のラスト、参加者全員で「故郷」を合唱した時のご家族の様子です。
歌いながら時折涙を拭く方もいらして、いつもの事ながら、この歌を拉致集会の後で歌うのはとても切ない。
一日も早く、喜びの思いと共にこの歌が歌える日が来る事を祈りたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★今後の予定について

今月は21日の立川、23日の友愛会館での集会に参加を検討中。
更に来月は古川了子さんの行政訴訟と、22日の国民大集会を予定しております。
これら全てに参加してそれを全部テキストにするとなると、おそらく年内一杯、下手をすると年明けまでテキスト尽くしのBlogになる可能性大。
まだご紹介したいご家族の音声ファイルもありますし、拉致問題に関る私のたわ言を書く暇がなくなるのも寂しいので、これらは今後の集会テキストの合間合間に差し挟む予定です。

それと暮れに向けて本業の方も忙しくなってくる季節ですので、テキスト化もいつものように手早く順調に、と言うわけにはおそらく行かないと思われます。
アップが間遠になる事も有るかと思いますが、気長にお付き合いいただけたらと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。


posted by ぴろん at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。